【アイマスSS】P「ん?誰のアドレスだ、これ・・・?」

(もばます!TOPへ)

最新記事一覧

【アイマスSS】P「ん?誰のアドレスだ、これ・・・?」

1 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 16:55:22.04
P「誰だろ・・・」

P「初期設定みたいな文字の羅列のメルアド・・・」

P「・・・」

P「まあ開いてみるか」



差出人×××
本文

プロデューサー
アイタイアイタイアイタイアイタイアイタイ
アイタイアイタイアイタイアイタイアイタイ
アイタイアイタイアイタイアイタイアイタイ
アイタイアイタイアイタイアイタイアイタイ
アイタイアイタイアイタイアイタイアイタイ


P「」

6 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:01:45.86
P「え、何これこわっ」

P「プロデューサー・・・ってことは俺が知ってる人か・・・?」

P「しかし・・・」

P「カタカナなのが余計こわいな」

P「・・・なんて返事しよう」

P「とりあえず」


送信先×××
本文

ごめん、誰だ?


P「・・・送信」

アニマス プロデューサ ネタ
7 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:04:28.40
ピリリリ ピリリリ


P「早っ」

P「・・・」ピッ


差出人×××
本文

ヒドイ



P「・・・いやいや」

P「・・・」ポチポチ

P「・・・送信」ピッ


送信先×××
本文

そんなこと言われても

9 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:07:01.53
ピリリリ ピリリリ


P「はえーよ」

P「・・・」ピッ


差出人×××
本文

ナンデソンナコトイウノ



P「こえーよ」

10 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:09:48.08
P「・・・」

P「なんかこわいし、無視しよ」

P「ふぅ・・・」

P「それにしても誰が」

ピリリリ ピリリリ

P「!」

11 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:13:11.67
P「・・・何だ?」ピッ


差出人×××
ナンデヘンジクレナイノ
ワタシトアナタノナカナノニ


P「な・・・」ピリリリ ピリリリ

P「!?」ピッ


差出人×××
本文

ヘンジヲシテ
オネガイ


P「なんなんだ」ピリリリ ピリリリ


差出人×××
本文

ネエコタエテヨ
オネガイオネガイオネガイオネガイオネガイ
オネガイオネガイオネガイオネガイオネガイ
オネガイオネガイオネガイオネガイオネガイ

14 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:16:03.31
P「普通じゃないぞこいつ・・・」

ピリリリ ピリリリ

P「!」

ピリリリ ピリリリ

P「や、やめろ」

ピリリリ ピリリリ

P「やめろおおおおおおおおおおおお」


プルルル プルルル

P「」ビクッ

P「で、電話・・・」

15 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:18:56.38
P「・・・」

P「誰からだ・・・」

P「! これは・・・」

P「・・・」

ピッ

P「・・・もしもし?」

???『あっ、やっと出た。もしもーし』

P「・・・どうしたんだ」



P「亜美」

亜美『んっふっふ~』

16 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:21:18.40
亜美『ねえ、兄ちゃん暇だった?』

P「あ、ああ」

亜美『じゃあ亜美とお話しようよ!』

P「構わないけど・・・」

亜美『ん?兄ちゃん元気なくない?』

P「!」

亜美『大丈夫?』

P「い、いや別に!問題ないぞ!」

亜美『ふ→ん』

17 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:24:56.31
P「な、なあ亜美」

亜美『なに?』

P「お前、アドレス変えたりしてないよな」

亜美『へ?どしたの?』

P「い、いやなんとなく」

亜美『変えてないけど・・・なんか変だよ兄ちゃん』

P「そ、そうか?俺は普通だけど」

亜美『・・・事件の臭い』

P「」ビクッ

亜美『なにかやましいことが』

P「じゃ、じゃあそろそろ寝るから!お休み亜美!」

亜美『あっ、ちょ』


ガチャ



18 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:27:10.65
P「はぁ・・・危なかった」

ピリリリ ピリリリ

P「」ビクッ

P「まだメールが来てたのか・・・」

P「・・・」ピッ

P「!?」




新着メール 283件




23 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:29:14.77
P「あの短い間に・・・」

P「」ゾクッ

P「内容は・・・」


差出人×××
本文

ハヤクハヤクハヤクハヤクハヤクハヤクハヤク
ハヤクハヤクハヤクハヤクハヤクハヤクハヤク
ハヤクハヤクハヤクハヤクハヤクハヤクハヤク


P「oh...」

25 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:32:20.35
P「・・・こええ」

P「誰なんだよ・・・」

P「!」

P「そういえばなんで亜美はこのタイミングで電話・・・?」

P「や、でもアドレス変えてないって・・・」

P「・・・! そうか!」

P「真美がいるじゃないか・・・!」

P「あいつらが2人でイタズラしてたのか!」

27 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:33:38.11
ピリリリ ピリリリ


P「!」


差出人×××
本文


ワタシハドウスレバイイノ


P「・・・ふっ」

29 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:35:54.40
P「亜美と真美め・・・バレたとも知らず」

P「・・・」ポチポチ

P「よし、送信」


送信先×××
本文

君の好きにすればいいじゃないか

36 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:45:49.27
P(結局あのあとメールは来なくなった)

P(時間も遅かったし、寝てしまったんだろう)

P(しかし・・・)

P(この俺をビビらせた罪は重いぞ真美!亜美!)クワッ




春香「プロデューサーさん、目つきがこわいね」ヒソヒソ

雪歩「かっこいいですぅ・・・」

貴音「・・・」

37 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:48:59.18
ガチャ

千早「おはようございます、プロデューサー」

P「おはよう千早。早いな」

千早「ええ・・・ちょっと相談したいことが」

P「俺にか?」

千早「はい」

38 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:52:48.79
P「へぇ・・・両親にプレゼントか」ヒソヒソ

千早「はい」ヒソヒソ

P「でも、いきなりどうしたんだ?」ヒソヒソ

千早「私も、大人にならなきゃいけないと思って・・・」

P「!」

千早「いずれは避けられないことなので・・・頑張ろうかと・・・」

P「千早・・・」ジーン

P(千早もつらい家庭事情なのに、乗り越えようとしてるんだな)

P(成長したなぁ・・・)

千早「?」

39 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 17:55:19.79
P「よし、協力するぞ千早!」

千早「あ、ありがとうございます」

P「俺がすごくいいプレゼントを選んでやるからな!」

千早「プロデューサー・・・」ジーン

やよい「・・・おはようございます」

P「」ビクッ

千早「」ビクッ

44 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:02:36.75
P「お、おはようやよい」

千早「お、おはよう高槻さん」

やよい「楽しそうですね・・・混ぜてくださいー」

P「や、この話は」

やよい「あ、すみません・・・」

P「す、すまんやよい」

千早「高槻さん、顔色が悪いけど大丈夫?」

やよい「はい・・・うっうー・・・」

千早「明らかに元気じゃないですね」ヒソヒソ

P「・・・だな」ヒソヒソ

48 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:07:57.00
やよい「・・・じゃあちょっと早いけど行ってきます」

千早「高槻さん、私時間あるから一緒に」

やよい「いえ・・・いいです。ご迷惑かけられませんし」ニコッ

千早「高槻さん・・・」シュン

やよい「行ってきます・・・」


ガチャ バタン


P「・・・」

千早「・・・」

51 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:10:45.94
千早「高槻さん、大丈夫かしら・・・」

P「うーん・・・」

ガチャ


亜美「おっはよ→」

真美「おは→」

P「!」

P(きたか)

P「千早、悪いけどやっぱりやよいと一緒に行ってもらえるか?」

千早「は、はい」

52 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:13:13.27
P「亜美。真美。ちょっと」

亜美「ん?」

真美「ほえ?」

P「・・・昨日のことだけど」

亜美「!」

P「なんであんなことを?」

真美「?」

53 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:16:10.76
亜美「電話かけたこと?駄目だった?」

P「いや、それじゃなくてメールのほう」

真美「メール?」

亜美「兄ちゃん、なに言ってるかわかんないよ」

P「とぼけても無駄だ。お前たちがアドレスを変えて俺に大量にメールを送ったことはバレバレだ」

亜美「は?」

真美「・・・兄ちゃん」

P「なんだ」

55 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:19:07.44
真美「亜美も真美も、アドレスは変えてないよ。メールしてごらんよ」

P「・・・じゃあやってみるか」

P「真美に送信」

ピリリリ

P「!」

真美「ほら」

P「た、たしかに。じゃあ亜美は・・・送信」

ピリリリ ピリリリ

亜美「ね?」

P「あれれー?」

57 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:21:53.45
真美「ほら!真美たちは無実だYO!」

亜美「謝罪!謝罪!」

P「す、すまん」

真美「ケーキ!ケーキ!」

亜美「プリンも!」

P「わ、わかったわかった」

P(じゃあ送り主は一体・・・)


キャアァァァァァァァァ



P「!?」

59 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:24:43.17
P「階段の方からだ」

真美「千早お姉ちゃんの声だった・・・」

P「!?」

P「・・・千早!」ダッ


ダッダッダッ ガチャ


千早「う、うう・・・」

P「大丈夫か千早!?」

千早「は、はいなんとか・・・」

60 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:29:41.11
千早「ちょっと階段を下りるときにつまづいちゃって・・・」

亜美「千早お姉ちゃん、足・・・」

P「! すごい腫れてるじゃないか・・・」

千早「こ、これくらい」

P「駄目だ。病院に連れていく。亜美!律子と小鳥さんに連絡を!」

亜美「らじゃー!」

62 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:33:16.23
Pの車 病院の帰り


P「いやー、でも骨折してなくてよかったよ・・・」

千早「すみません・・・」

P「いいよいいよ」

千早「うう・・・」

P「でも2、3日は療養してもらうぞ。アイドルは足が命だからな」

千早「・・・わかりました」

64 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:35:46.80
千早のアパート


P「じゃあちゃんと湿布を貼るんだぞ?捻挫も甘く見ると大変だからな」

千早「はい」

P「じゃあな」

ガチャ バタン

P「・・・ふぅ」

P「全治1週間か」

P「事務所に帰ろ」

65 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:41:36.57
P「でも、なんで転んだ・・・?」テクテク

P「春香ならまだしも、千早ぐらいしっかりした子が」テクテク

P「うーん・・・」テクテク


ピリリリ ピリリリ


P「!」

P「メール・・・」ピッ

P「!?」


差出人×××
件名:チュウコク
本文

ワタシイガイノオンナノコト
ナカヨクシナイデ



67 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:45:01.57
P「まさか・・・」

P「千早もこいつに・・・」

P「・・・許せん」

P「・・・」ポチポチ


送信先×××
本文

なんでそんなことをするんだ


ピリリリ

P「!」

P「・・・・・・・馬鹿にしやがって」


差出人×××
本文

アナタガスキダカラダヨ



72 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:49:33.21
次の日


P(結局あのあと返信はしなかった)

P(相手からも返信なし)

P(・・・)

P(・・・考えたくはないけど)

P(犯人がこの765プロの中にいるんだよなぁ・・・)

P(うーん)

伊織「・・・ねぇプロデューサー」

P「伊織?どうした?」

73 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:52:00.03
伊織「今朝、うちにこんな手紙が・・・」スッ

P「手紙・・・?」

P「!」



ミナセ伊織

プロデューサーから離レロ
サモナクバ後悔スルコトニナルゾ




76 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:55:23.21
P「・・・なめやがって」

伊織「ねえ、私どうすればいいの・・・?」ポロポロ

P「!」

伊織「こわい・・・」ポロポロ

P「・・・」

P「伊織」

伊織「?」グスグス

P「俺が絶対なんとかしてやるから」

伊織「!」

P「だから心配しなくていいから」

伊織「うん・・・!」グスッ

P(千早だけじゃなく伊織にまで)

P(絶対犯人を見つけてやる)

82 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 18:59:18.14
次の日


P(結局昨日は動きなし)

P(そして一応全員にメールをしてみたが)

P(りつことり社長含め誰もアドレスを変えていなかった)

P「畜生・・・」ダンッ




???「・・・」

83 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:02:14.48
次の日


ガチャ

千早「おはようございます」

P「千早!足はどうだ?」

千早「はい、ダンスは無理ですけど。歩くまでなら」

P「そうか。気をつけろよ」

千早「はい」



響「何を話してるんだろ」

貴音「・・・」

あずさ「・・・」

84 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:04:51.53
P「じゃあ俺は今日美希についていくから」

千早「はい」


ガチャ バタン


やよい「・・・」

雪歩「・・・やよいちゃん?」

やよい「は、はい!」

雪歩「大丈夫?顔色悪いけど」

やよい「い、いえ全然」

雪歩「そっか」

85 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:09:21.80
同日夜 事務所


コソコソ

春香「・・・みんな帰ったかな」

春香「ふふ・・・」

春香「・・・」

春香「プロデューサーさん、最近なにかプロデュース業務以外で悩んでるみたいだし」

春香「何か力になりたいと思ってお菓子作ってきちゃった」

88 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:13:40.20
春香「喜んでくれるかなぁ」

春香「・・・///」

春香「は、早く帰ってこないかなぁ・・・」

???「それは駄目」


ガシッ


春香「!?」

春香「んー!んー!」バタバタ

???「・・・」ググッ

春香「ん・・・ぐぅ」Zzz…

???「・・・眠った」

???「あとは布をかけて、ソファに寝かせておけばあの人は気づかない・・・」

???「ふふ・・・」


ガチャ バタン

90 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:16:41.29
ガチャ


P「ただいまー・・・って誰もいないか」

P「ん?」クンクン

P「甘い匂い・・・」

P「ソファの方から?」テクテク

P「・・・ん」テクテク

P「布が盛り上がってる・・・?」

P「!!」

P「ま、まさか」

91 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:19:20.16
ガバッ


P「!!!」

P「春香!!!大丈夫か春香!!!」

春香「ん・・・むにゃ」

P「! よかった・・・」

春香「・・・あれ?寝ちゃった・・・・・・ぷぷぷぷぷぷプロデューサーさん!?///」

P「何があったんだ?」

春香「はわわわわわ」

P「落ち着け」

94 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:21:58.40
次の日


P(あのあと春香から事情を聞かされた)

P(もう3人目の被害者か・・・)

P「・・・くそっ」

真「ぷ、プロデューサー」モジモジ

P「ん?」

96 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:25:03.53
真「あ、あの・・・お弁当を作ったんです!食べてください!///」

P「あ、ああ。ありがとう」

真「///」

パカッ

P「うまそうだな・・・いただきます」

真「どうぞ」

P「・・・」パクッ

P「!?」



P「かっ辛い!痛っ!!水!水!」バタバタ

真「え、え?」オロオロ

97 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:29:52.48
雪歩「み、水ですぅ」

P「ありがど・・・ゴホッ」ゴクゴク

真「い、一体なにが」

P「・・・真。味付け間違えたか?」

真「は、はい?」

P「おかずがものすごく辛かったんだ」

真「え」

響「くんくん・・・これはタバスコの匂いだな」

雪歩「真ちゃん・・・」

真「ち、違うよ!僕ちゃんと味見したよ!」

101 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:34:12.64
P「・・・いや、これは真のせいじゃない」

真「ぷ、プロデューサー!」

P「おそらく誰かが真の弁当に辛いものを・・・」

響「!」

雪歩「!」

真「!」

P「予想だけどな・・・ん?」

やよい「プロデューサー。買い出しに行ってきます」

P「何かなくなってたのか?」

やよい「はい。この前買ったばかりのタバスコがなぜかなくなってて・・・」

P・真・響・雪歩「「「「!!!!」」」」

102 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:38:00.94
P「・・・ドンピシャか」

響「プロデューサー・・・」

P「・・・安心しろ。お前らには迷惑をかけないから、俺に全部任せてくれ」

真「でも」

P「頼む」

真「・・・わかりました」

P「ありがとう」



???「・・・」ギリッ

105 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:40:29.52
次の日


P「・・・とは言ったものの」

P「手がかりがないんだよなぁ・・・」

P「うーん・・・」

ピリリリ ピリリリ

P「!」


差出人×××
本文

スコシハ ハンセイシタ?


P「・・・こいつ」

106 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:43:38.21
P「無視だ無視」

P「こいつのせいで4人もひどい目・・・」

P「・・・ん?」

P「・・・そうか」

P「なんで気づかなかったんだ・・・!」

P「・・・直接対決だ。イタズラ用じゃなくて本アドに送ってやる」ポチポチ

P「送信!」

108 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:46:08.91
同時刻 とある家


ピリリリ ピリリリ


???「?」

???「・・・」ピッ

???「!」


差出人プロデューサー
本文

明日の19:00に事務所に来てくれ
大事な話がある


???「これって・・・!」

109 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 19:47:41.46
飯と風呂

148 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 20:36:36.53
次の日 19:00


ガチャ


???「・・・」

???「いない・・・」

???「!」

???「あの人の・・・スーツ・・・」

???「ち、ちょっとだけ・・・」

???「・・・」クンクン

P「・・・きたか」

???「!?」バッ

151 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 20:43:50.20
P「・・・おかしいと思ったんだ」

???「・・・」

P「今日まで4つ事件が起こった」

P「俺も被害に遭った」

P「でも」

P「あの事件だけは、被害者が誰もいなかったんだ。それはなぜか」

???「・・・」

P「答えは簡単」

P「犯人は、自分で自分を傷つけるのをためらったからだ」

P「そうだろ?」




P「伊織」

伊織「・・・」

161 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 20:50:40.13
P「ツメが甘かったな」

伊織「・・・」

P「どうしてこんなことを」

伊織「うるさい!!!」

P「!」

伊織「プロデューサーの気をひきたかったのよ!!」ポロポロ

P「伊織・・・」

伊織「だから・・・手紙を使って・・・」ポロポロ

P「伊織」グッ

ギュッ

伊織「!?///」

162 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 20:54:43.56
P「伊織」

伊織「は、離して!」

P「伊織!!!」

伊織「」ビクッ

P「こんなことをしなくても、俺はいつもお前を心配してる」

伊織「!」ポロポロ

P「だからこんなバカなことしなくていい」

伊織「うぅ・・・ごめんなさい・・・」ポロポロ

P「他のアイドルを傷つけるなんて」

伊織「う・・・ん?ちょっと待ってよ」

P「?」

伊織「さっきから気になってたんだけど、他のアイドルって何の話?」

P「え?」

171 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 20:58:40.10
P「千早を突き落としたり春香を眠らせたり」

伊織「ちょちょちょっと!そんなことしないわよいくらなんでも」

P「え、さっき自分がって」

伊織「私がやったのは脅迫文を自作自演しただけよ?」

P「えっ」

伊織「事件はいつなの?スケジュールと照らし合わせればわかるはずよ」

P「お、おう」

179 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:03:47.30
次の日


P(結局伊織のスケジュールを確認したが)

P(見事に事件の時間は竜宮のスケジュールと被っていた)

P(つまり・・・)

P(伊織の事件以外は、別の人物の犯行・・・)

P(うーん)

貴音「あなた様。難しい顔をしていますよ」

律子「たまにはゆっくりしてください」

P「あ、ああ・・・」

春香「・・・」

181 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:07:25.20
雪歩「はい、お茶です」コト

P「あ、ありがとう」

千早「お菓子もありますよ」

P「いただくよ」

雪歩「・・・プロデューサー」

P「ん?」

雪歩「・・・ちょっと屋上に来て下さい」

P「あ、ああ」


ガチャ バタン


真美「・・・」

182 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:12:44.30
屋上


雪歩「プロデューサー」

P「どうした」

雪歩「・・・あまり無理しないでください」

P「!」

雪歩「千早ちゃんと春香ちゃんと真ちゃんを傷つけた犯人を探すのもいいですけど・・・」

P「・・・」

雪歩「自分のことも、大事にしてください」

P「・・・ああ」

ピリリリ ピリリリ

P「!」

185 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:14:14.87
差出人×××
本文

マダコリナイノ


P「・・・っ」

雪歩「プロデューサー?」

P「すまん雪歩。もうちょっとだけ頑張る」

雪歩「・・・はい」

ガチャ バタン


雪歩「・・・」

189 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:21:15.87
P(・・・くそ)

P(アイドルにまで心配かけて・・・俺は)

P(畜生)

P(次の被害者が出る前に・・・ん?)

P(そういえば)

P(最初の事件・・・)

P「・・・!」

P「それにあのときも」

P「・・・よし」ポチポチ

P「今度はあのアドレスに」ピッ

190 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:23:37.37
送信先×××
本文

本日19:00
事務所で待つ


P「よし」

ピリリリ ピリリリ

P「!」


差出人×××
本文

ワカリマシタ


P「・・・返信が早くて助かるよ」

191 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:26:42.88
19:00 事務所ビル階段


???「はぁ、はぁ」タッタッタッ

???「遅れちゃった・・・」タッタッタッ

ガチャ

???「はぁ、はぁ」

P「ようこそ」

???「!」

P「やよい」

やよい「・・・」

196 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:31:45.82
やよい「・・・どうしたんです?何か用ですか?」

P「・・・千早が転んだ日」

やよい「!」

P「やよいは千早のすぐ前に事務所を出ていた」

P「なのに」

P「あの悲鳴が聞こえなかったはずがないんだ」

やよい「!!!」

199 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:35:54.13
やよい「そ、それは」

P「それに」

やよい「・・・」

P「タバスコだ」

やよい「!」

P「タバスコなんてあんまり使わないから、あまり気に留めない」

P「なのにやよいはすぐ気づいた。いや」

やよい「・・・」

P「タバスコの話をしてしまった」

やよい「・・・」

204 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:37:31.08
P「そしてここに来たことが何よりの証拠」

P「犯人は・・・やよい、君だ」

やよい「・・・何の話ですか?」ニコッ

210 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:44:50.62
P「とぼけるな」

やよい「」ビクッ

P「お前が・・・」

やよい「」ブルブル

P「・・・」

やよい「ち、違うんです」

やよい「あの日・・・私は確かに階段のところにいました」

やよい「で、でも私!」

P「言い訳するな!」

やよい「」ビクッ

やよい「う、う・・・」ジワッ

やよい「うわぁぁぁぁぁん!!ごめんなさいぃぃぃぃ!!!」ダッダッダッ

P「お、おい!逃げるな」

ガチャ バタン

211 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:45:50.80
P「しまった・・・」ダッ

プルルル プルルル


P「電話?こんなときに・・・もしもし?」

???『もしもし?』

216 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:49:00.06
P「・・・こんなときになんだ」

???『いや、お礼を言おうと思って』

P「は?お礼?何の話だよ」





P「母さん」

P母『こっちが聞きたいよ』

222 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:53:01.14
P母『この前だけどさ』

P「うん」

P母『えらいかわいい子が、うちに挨拶に来たんだよ』

P「・・・・・・は?」

P母『お前と結婚を前提に付き合ってる、って』

P「な、何だって」

P母『テレビで見たことある子だから、こっちも喜んでもてなしたよ』

P「765のやつなのか?」

P母『? 当たり前でしょうがあんたの彼女なんだから』

227 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 21:55:42.62
P母『あんたもやるわねぇ』

P「待て待て」

P母『・・・何よさっきから』

P「い、いや」

P「!」

P「そ、そうだ。その子の名前は?」

P母『え?・・・うーん、物忘れが』

229 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 22:02:07.60
P母『あ』

P「! 思い出した?」

P母『いや、名前じゃなくて見た目なんだけど』

P「うんうん」

P母『髪が長くて』

P「うん」

コツッ… コツッ…

P母『黒色の』

P「! まさか」

コツッ… コツッ…

P母『あ、そうそう!思い出した!』

ガチャ

P「!?」

P母『如月千早ちゃん!』

千早「ふふ・・・」ニコォ…

240 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 22:06:36.23
P母『もしもーし?』

P「・・・あとでかけ直す」ピッ

千早「ふふ・・・遅れちゃった」

やよい「ぐぅ・・・」Zzz…

P「やよい・・・悪いことしたな」

千早「駄目ですよプロデューサー。高槻さんを泣かせたら」

P「・・・」

244 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 22:13:29.00
千早「・・・私が病院に行った日。すごく心配だった」

P「!」

千早「会えない2・3日の間に浮気しちゃうんじゃないか、って」

千早「だから忠告のメールも送ったのに・・・」

P「ちょ、ちょっと待て。じゃあ怪我したのは」

千早「はい。完全に私の注意不足です」

P「・・・!」

千早「まあ、悪い虫は取り除きましたけど」

P「!!」

千早「でも春香と真が人の旦那様に手を出すのが悪いんだけどね」

P「・・・」

246 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 22:17:17.68
P「・・・なんてこと」

千早「でもプロデューサーが言ったんですよ」

P「・・・?」



千早「『君の好きにすればいいじゃないか』って」





253 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 22:23:11.22
P「な・・・」

千早「あのとき、すごくうれしかった」

千早「プロデューサーが受け入れてくれて」

千早「結婚してくれるんだって」

P「ちょ」

千早「だから次の日に、お義父さんとお義母さんへの手土産のことを相談したのに・・・」

千早「プロデューサーは構ってくれないし・・・」

千早「だから、私だけで挨拶に言ったんですよ?」

P「お、おい」

千早「ねえすごいでしょう?ねえ褒めて!」

P「千早!」

千早「褒めて褒めて褒めて褒めて褒めて褒めて
   褒めて褒めて褒めて褒めて褒めて褒めて
   褒めて褒めて褒めて褒めて褒めて褒めて」

P(なんでこんなこと・・・)

259 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 22:31:14.20
P「ま、待て結婚なんて」

千早「・・・」

P「」ビクッ

千早「・・・何を言っているんですか?」

P「え」

262 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 22:33:29.21
千早「プロデューサーの故郷では、今その話題で持ち切りですよ」

P「!!」

千早「ふふ・・・」ニコォ…
P「そ、そんな」

千早「あ、あとテレビをつけてみてください」

P「テ、テレビ・・・?」ピッ



TV『速報です!765プロの如月千早さんが電撃結婚です!お相手は・・・』

P「あ、あ・・・」

千早「ふふふ・・・」

265 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 22:36:25.58
千早「今日メールが来たときに、これは結婚指輪をくれるんだと確信しましたよ」

P「う、あ・・・」

千早「これからは、みんな公認ですね」

P「なんてことを・・・」

千早「ふふふ・・・これからもよろしくお願いしますね」



千早「旦那様・・・」ニコォ…





272 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 22:40:24.83
数日後



小鳥「・・・はぁ。また結婚の件の電話でした」

律子「まったく・・・」

小鳥「急でしたからねぇ」

律子「それに社長は『悪い虫がつくより全然いい』とか言ってますし」

小鳥「ふふっ」

律子「それより・・・」チラッ

小鳥「?」

273 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 22:43:51.63
真美「うっ、うっ」ポロポロ

貴音「・・・」ボー

春香「」グデー

伊織「・・・」グスッ

雪歩「・・・はぁ」ボー

真「うおおおおー!!煩悩退散ー!!!」イチッニッサンッ

響「静かに腹筋してよ、真」



律子「うーん・・・」

276 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 22:48:17.96
小鳥「・・・みんなショックですよね」

律子「私もよ。もちろん小鳥さんも」

小鳥「あ、バレてました?」

律子「はい」

美希「でも」

律子「美希」

美希「千早さんなら、諦められるの」

小鳥「美希ちゃん」

律子「・・・泣くぐらいなら、してもいいのよ」

美希「・・・そうするの、うっ・・・うぇぇ」ポロポロ




281 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/31(土) 22:54:01.17
千早「・・・ああ、最初のメールのとき名乗ってませんでしたか」

千早「てっきり言ってたと・・・」

千早「プロデューサー用に・・・いえ旦那様用に携帯を買ったんですけどアドレスの設定がわからなくて」

千早「本当は私たちがラブラブのアドレスがよかったんですけどね」

千早「変換もできないし・・・」

千早「でももう必要ないですよね。だって」



千早「これからは、ずっと一緒ですからね」



HAPPY END

Comments: 0

コメント入力欄
パスワード(任意)

いつもユニークなコメントありがとうございます。
当ブログは嫁のステマ大歓迎です。
※大人の事情により、全年齢対象ブログを目指すべくアダルトワードは書けない設定にさせて頂きました。どうしても叫びたい単語がある場合、伏字や当て字にしていただければ書き込めます。
付けたタグの関連記事一覧
Loading

Home > アイマスSS > 【アイマスSS】P「ん?誰のアドレスだ、これ・・・?」