【アイマスSS】P「私立岡村女子高等学校765」【長編】

(もばます!TOPへ)

最新記事一覧

【アイマスSS】P「私立岡村女子高等学校765」【長編】

1 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 19:39:28.61
熱血教師の居る学校に765プロのアイドルが入学した様です。

4 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 19:42:20.76
リトライ。
微修正しながら最初から始めます。キャラ崩壊(学力の面で)注意。
テスト問題を常時募集してます。
こんな事になりそう~的な小ネタも良ければ。

では頑張っていきましょう。

6 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 19:43:45.45
春香(今日は久しぶりに、765プロ全員でのテレビのお仕事だなっ♪)

春香(生っすかが終わっちゃってからは、なかなかそういう機会も無かったから)

春香(すっごく楽しみ!この日の為に皿回しも一生懸命練習してきたし…今日は良い番組にするぞ!)

『765プロの隠し芸~アイドルパフォーマー!~スタジオ』

春香「あ、ここがスタジオかぁ。引き戸なんだ、珍しいね」

ガラララッ

春香「おはようございま――

岡村「遅いっ!!!!!」

8 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 19:45:31.65
春香「!?」

岡村「8時30分には着席しとくのが常識だろがい!春香ぁっ!お前今何時だ!?」

春香「えっ?あっはっ?ちょっ…何なんですかこれ!?岡村さん!?」

岡村「質問に質問で返してんじゃねえぞぉ!何時だって聞いてんだこのバカチンがぁっ!」

春香「は、8時40分ですけど…」

岡村「遅刻しとるやないかいっ!!!何か言う事ないんかぁ!?」

春香「えっだって9時入りって聞い………ゴメンナサイ」ペコリ

岡村「よし!先生、ちゃんと謝れない子は嫌いですからねー」

岡村「分かったら席に着け」

春香「せ、席?こ、これ学校の教室ですよね?じゃ、じゃあこの辺りに…」ガチャッ

岡村「そこじゃねえだろぉっ!」ビシュッ!

春香「きゃあっ!」サッ

矢部「先生wちょっとのっけから飛ばし過ぎですよwアイドルにチョーク投げたらあきまへんってw」

10 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 19:48:18.67
春香「や、矢部さん…お、おはようございます」

矢部「うん、おはよう。ごめんな、なんかいきなりこんなんでw」

岡村「教師が生徒に舐められたら終わりでしょうが!特にコイツ達は今調子乗ってるから、ここで締めておかないとなぁ」

春香「ちょ、調子になんか乗ってないですよぉっ!」

岡村「笑い取っとるやないかい!お前達みたいなバラエティーもいけますみたいなアイドルが先生いっちばん嫌い!」

岡村「フジテレビの土8の座は渡さへんからなぁ!」

矢部「ただの嫉妬やないですかw心配せんでも天海さんにはそんな気ありませんてw」

岡村「お前は生っすか見てへんからそんなん言えるんや!先生は毎週録画してたからもう危機感のアンテナバリ3やで!」

春香「あ、ありがとうございます!」

岡村「おぉ、お礼をちゃんと言えるのは大事な事ですよー。芸能界の基本ですからね」

春香「あ、あのーそれで隠し芸は…?」

岡村「隠し芸は無い!それは勝手に正月に復活するのを待ってて下さいねー」

春香「ええええぇっ!?そ、そんなぁ…」がっくし

11 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 19:51:12.60
岡村「春香、お前は委員長なんやから、そこの一番前の席や」

春香「あ、私委員長だったんですか。な、何がなんだか分かりませんけど」

春香「委員長としてしっかりクラスをまとめてみせます!」ピンッ

矢部「順応性高いなぁ天海さん」

岡村「ホンマ頼むで。先生もいいかげん歳やから若い子の感性にはついていかれへんとこあるし、ねぇ律子先生」

律子「ウチの連中は個性派揃いですからね。体力は温存していきましょう」

律子「律子先生だろうがっ!」

春香「ひぃっ!な、何ですかそのキャラ!?」

岡村「春香~何を言ってるんや。副担任の律子先生やないか」

岡村「ヤンキーしか居らん中学中退した後に、跳び級で東大に入って、マサチューセッツ工科大学に留学したと思ったら」

岡村「日本帰って体育教師になった異色の経歴を持つ、エリート教師やで!」

春香「異色過ぎるでしょ!何でよりによって体育の教師やってるんですかその人!」

矢部「先生今適当言うたでしょw律子先生笑ってもうてはるで」

律子「……ふふっww」

岡村「律子先生はめちゃイケの大ファンらしいですからねーそりゃあ先生も悪い気はしないですよぉ」

12 : >>11訂正版 : 2012/03/22(木) 19:53:02.68
岡村「春香、お前は委員長なんやから、そこの一番前の席や」

春香「あ、私委員長だったんですか。な、何がなんだか分かりませんけど」

春香「委員長としてしっかりクラスをまとめてみせます!」ピンッ

矢部「順応性高いなぁ天海さん」

岡村「ホンマ頼むで。先生もいいかげん歳やから若い子の感性にはついていかれへんとこあるし、ねぇ律子先生」

律子「ウチの連中は個性派揃いですからね。体力は温存していきましょう」

春香「り、律子さん!居たんですか!?教卓の陰に隠れて見えな…

律子「律子先生だろうがっ!」

春香「ひぃっ!な、何ですかそのキャラ!?」

岡村「春香~何を言ってるんや。副担任の律子先生やないか」

岡村「ヤンキーしか居らん中学中退した後に、跳び級で東大に入って、マサチューセッツ工科大学に留学したと思ったら」

岡村「日本帰って体育教師になった異色の経歴を持つ、エリート教師やで!」

春香「異色過ぎるでしょ!何でよりによって体育の教師やってるんですかその人!」

矢部「先生今適当言うたでしょw律子先生笑ってもうてはるで」

律子「……ふふっww」

14 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 19:54:53.95
岡村「律子先生はめちゃイケの大ファンらしいですからねーそりゃあ先生も悪い気はしないですよぉ」

矢部「いつもの佐野先生はどうしはったんですか?」

岡村「アイツはアメリカの留置所に拘留中ですー」

矢部「いやいやw確かに出張に行ってますけどもw」

岡村「向こうでも絶対にイジらないという条約の下、服役中となってるらしいですねぇ」

矢部「どんな位置に居るんですかwていうか何で捕まってはるのw?」

春香「な、なんだか凄い人の集まる学校なんですねここ…」

16 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 19:57:40.38
AM8時49分

真「今日の収録、楽しみだね雪歩っ!」

雪歩「真ちゃんは大太鼓だったっけ?うぅっ私の三味線うまく出来るかなぁ?」

ガララララッ

岡村「遅いっ!!!!何時だと思ってんだ!!」

雪歩「ひぃっ!!」ビクッ(真の背に隠れる)

真「うわぁっ!?な、なんですか!?」

岡村「ちーこーくでしょ!ちーこーく!!!」ビヨビヨビヨビヨ

真「なんなんですかその動き!て、ていうか岡村さんですよね?」

岡村「岡村さんですかじゃねえだろ、このハンサム野郎がぁっ!」バンッ!

春香「岡村さんw大きい音出さないであげて下さいよ。雪歩が怯えちゃってますからw」

雪歩「うぅっ……って!は、春香ちゃん!?」

春香「やっほー。真に雪歩」

18 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:01:05.40
真「何で普通に座ってるの!?これ何かのドッキリ?隠し芸は?」

岡村「隠し芸は無いっ!得たスキルはこれからの日常生活で勝手に活かして下さい!」

雪歩「えぇっ!そ、そんなぁ…一生懸命練習したのにぃ…」

岡村「それより真、お前なんか男よりカッコイイ女の子とか呼ばれて調子乗ってるらしいなぁもうモッテモテで」

真「べ、別に調子に乗ってはいないですけど…それにむしろその言われ方は不本意な面も…

岡村「調子乗んなよ!ウチの相方かて、若い時は爽やか笑顔のアイドル芸人と言われてたんやからな!」

矢部「www今それ関係無いでしょwやめてっ恥ずかしい」

岡村「今でも布施明さんと同じ美容室に通ってます。シクラメンのかほり」

真「wwwもうボク全然関係無いですよね?」

22 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:04:12.84
雪歩「…………」オドオド

岡村「雪歩ぉ…何をずっと真の背中にわっしゃー噛みついてるんや?小判鮫かお前は」

春香「先生、雪歩は男の人が怖いから仕方ないんですよ~」

矢部「いや~可愛いなぁ萩原さん。守ってあげたくなりますねぇ」

岡村「男が怖い?何を言うてるんですか、女の人の方がよっぽど怖いですよ!」

岡村「先生が若い時に初めてFUZOKUに行った時なんかねぇ…

矢部「アイドルの女の子の前でFUZOKUの話したらあかんでしょww」

23 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:08:09.77
春香「雪歩~でも岡村さんでも怖いの?こんなにちっちゃいのに」

岡村「誰のアレがちっちゃいねん!出したろか!?」

春香「な…っwwそ、そんな話してないですよ///」

矢部「たしかに先生、女性アイドルの皆さんとほぼ身長いっしょですよねw」

矢部「ちょっと高いとこに居るから分かりにくいですけど」

春香「ちょっと真、並んでみたら?」

岡村「いやいやw何でやねん!今先生の身長は関係無いでしょ?」

真「あ、じゃあやりましょうか?」トン(教壇へ)

矢部「あははwもうこの時点で明らかに菊地さんの方がだいぶ高いじゃないですかw」

春香「真は姿勢が良いですからね。それで実際よりも更に差がある様に見えるんじゃないですか?」

岡村「なんで先生が負けとる前提で喋っとんねん!やったるで!」セエクラベ

真「ちょっww先生、ボクの足踏まないで下さいよw…ってうわあ!お、お尻を擦りつけないで下さいっ!」

矢部「wwwお前、何をしとんねん!」スパーン

岡村「いや、真やったら別にええんかなと…」

真「よくないですよ!ボクだって年頃の女の子なんですからね!」ぷんすか

24 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:11:07.89
AM8時57分

千早「皆と現場で会うのは久し振りですね、あずささん」

あずさ「そうね~私、昨日はワクワクしてあまり眠れなかったわ~」

千早「っと、ここですね。あら?引き戸なんですね、珍しい…」

ガララララッ

岡村「お待ちしておりました」ペコリ

千早「?あ、あれ?ス、スミマセン部屋を間違えました!」

矢部「いやいや、おうてるんですよーw」

25 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:14:34.92
春香「いやいやいやw私達の時と態度違い過ぎませんか?」

真「そうですよー!贔屓だー!」

岡村「黙らっしゃい!お前達みたいな三流のガキんちょアイドルが対等に扱ってもらえると思うなよ!」

春香「ガキんちょって…事務所の中では年上の方な3人なんですけど…w」

千早「???は、春香に雪歩に真?じゃ、じゃあここで合ってるの?」

あずさ「あらあら~岡村さんに矢部さん、初めまして、三浦あずさと申します~」

矢部「えぇ、こちらこそはじめまして」

岡村「はじめまして。岡村隆史41歳、恋人募集中です」ギュッ

矢部「だから先生手ぇ触ったらあかんてw!」

あずさ「あらあら~私も運命の人をずっと探しているんですよ~」ニコッ

岡村「僕もです!そういうロマンって大事ですよね。どうです?今から行きつけの喫茶店に…」

矢部「はよ進めろやw」スパーン!

27 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:17:41.05
千早「あ、あの、今日は隠し芸は…?」

矢部「www皆さんそれ言いますねw」

岡村「スミマセン~隠し芸は無いんです。でも何やったら、どっかで披露するチャンスを作るので」

春香「そうなんですかっ!?」

岡村「てめえ達の時間はねえよっ!」

真「wwwだから何なんですかその露骨な扱いの差は!」

春香「そうですよ!あずささんはともかく千早ちゃんは私と同い年ですよ?」

岡村「如月さんは歌手だろうがっ!春香みたいな芸人くずれと一緒にすなよ!」

春香「芸人くずれ!?アイドルくずれですら無くてですか!?」

矢部「先生、如月さんの大ファンですもんねwCD全部持ってるし」

千早「そ、そうなんですか?ありがとうございます。とても嬉しいです」ペコリ

28 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:21:15.11
岡村「いえいえ、スミマセンねぇこんなバラエティーなんかに呼んでしまって」

岡村「何か問題がある様でしたら、帰って貰っても良いんですけど…」

千早「いえ、これってめちゃイケですよね?」

矢部「おぉ!知ってくれてはるんですかw」

千早「私、お笑いが大好きなので。何が出来るか分かりませんが、精一杯やらせて頂きます」

あずさ「私もです~今日は宜しくお願いします」

岡村「ありがとうございます、ありがとうございます。ささ、席はこちらで…」

春香「うーなんか釈然としないなぁ」

32 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:25:08.95
AM9時05分

響「いよいよ今日だな、貴音!自分の華麗なタップダンスを披露するのが楽しみさー!」

貴音「フフフ、わたくしもゆで卵50個早食いも準備は万端です。3分を切る自信がありますよ」

響「…クジで決めた事だけど、それ貴音以外が引いてたらどうなってたんだろうな…」

響「おっ!ここみたいだぞ」

貴音「はて、いつものすたじおの場所とは違うのですね」

ガララララッ

岡村「遅いぞコラアッ!!響こらぁコノヤロウッ!!オラオラオラアーーーーンッ!!!」ギロギロ

響「うわあああっ!?な、何なんだ!?何がどうなってるんだ!?」

岡村「アアアアアアーン!?何遅れて来てんだ響風情がぁっ!?コラァッ!!」

響「なんで扉を開けただけで怒鳴られなきゃいけないんだ!?ていうか近い!近いぞ!」

貴音「面妖な…これは一体どういう事なのでしょう」

岡村「貴音、遅刻やぞ。さっさと席に着け。お前はどうしてやろうかぁ響コラアアアーーーッ!」

響「なんで自分だけっ!?うわああっ髪の毛ぐしゃぐしゃにするなーっ!」

35 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:29:37.69
春香「あはははwww何やってんですか岡村さんw」

響「ホントだぞっ!時間通りに来たのになんでこんな目に合わないといけないんだ!」ぷんすか

岡村「時間通りって遅れて来とるやろがいっ!!」ビシュッ!

響「うわあっ!?」サッ

春香「へぶっ!!」 バコォッ!

響「何するさー!今の自分じゃなかったら顔面直撃だったぞ!」ぷんすか

貴音「響、貴方が避けたので春香に直撃してしまいましたよ」

37 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:33:06.78
矢部「先生wいいかげん理由を説明してあげて下さいよ。天海さん、大丈夫ですか?」

春香「おおおぅ……な、なんとか大丈夫です」ナミダメ

千早「ふふふっwww…つ、つくづく顔面への不意の攻撃に縁があるわね…くくくっww」

岡村「えー先生聞きました。貴方達が所属している765プロのPさんに」

響「Pに?」

岡村「貴方達がどのようなアイドルなのか。イジってもOKなのかあかんのか」

岡村「そりゃもう丁寧に一人一人聞いていきました」

真「そうだったんだ…Pも教えてくれればいいのになぁ」

千早「期末テストのオープニングはドッキリが基本だから駄目なのよ」

岡村「その結果ー響には何をしてもいいという風に言っておられたのでーその様にした次第であります」

響「プロデューサーぁ!?」

38 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:37:17.81
岡村「あと先生は生っすか毎週見てましてからね。その時からこいつは共演したら」

岡村「イジってイジってイジリ倒してやろう!と思ってました」(あの手)

矢部「www先生、その手はアカンてw」

響「ジョーダンじゃないぞ!自分だって年頃の女の子だ!プロデューサーに文句言ってやる!」

岡村「この番組が終わる頃には完全なバラエティー専門のカキタレにしたるから覚悟しとけよっ!」

響「!?い、嫌だぞ!春香じゃあるまいし!」

春香「響ぃ!?」

雪歩(カキタレってどういう意味なんだろう…)

岡村「紗理奈と同じ扱いにしたるからな…。あのボケもまた音楽活動したがって…」

矢部「www別に紗理奈さんもカキタレちゃいますからねw?」

貴音「もし、隠し芸の方はどうなっているのでしょうか…?」

岡村「隠し芸は無いっ!何回言わせんねんコレ。もう隠し芸はNGワードやからなー」

貴音「そんなっ……」がーん

春香「どうでもいいですけど、貴音さんってまったく教室が似合わないですね」

雪歩「そこだけ幻想的な感じになってるよね…」

40 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:41:27.99
AM9時14分

やよい「うっうー!今日の収録楽しみだねっ伊織ちゃん」

伊織「朝からテンション高いわねぇやよい。ちゃんと隠し芸の練習はしてきたの?」

やよい「うん!弟たちにも練習に付き合ってトックンしたよ。緊張するけど、披露するのが楽しみだな」

亜美「あ→伊織んにやよいっちじゃん!」

真美「おはよ→二人共!」

伊織「あら、おはよう。二人は今日の準備は大丈夫?」

亜美「バッチリだよ→」

真美「亜美と真美の双子マジック!目玉が飛び出しちゃうよ→」

やよい「あっここみたいだよ」

ガララララッ

41 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:44:21.63
岡村「遅ーいっ!!!何時だと思ってんだぁっ!」

やよい「ひぅっ!」ビクッ

伊織「な、何!?」

亜美「あ→!岡村さんだ→!!」

真美「何コレ何コレ!?もしかしてめちゃイケ!?」

矢部「いやぁお若い方が沢山ですねぇ」

亜美「やべっちも居るよ真美!」

真美「凄い凄い!ねぇねぇどうしたのコレ!」

岡村「お、おぉ、元気が良いのは結構ですね」

春香「ちょっと押されてるじゃないですかw」

伊織「な、なんなの?春香達が居るって事は部屋が違ったって訳じゃないだろうけど…」

やよい「こ、これもしかして、めちゃイケですかぁ…?」

亜美「さっきからそう言ってるじゃんやよいっち!」

42 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:47:32.14
真美「いおりんはめちゃイケ知らないの?」

伊織「な、名前位は知ってるけど…今日は隠し芸じゃなかったの?」

真「やっぱり言ったww」

春香「それはNGワードだよ伊織ー♪」

岡村「隠し芸は無いっ!!ホント貴方達はみんな口を揃えて隠し芸隠し芸って…」

伊織「そんなあ!一生懸命頑張ったのに無駄骨!?」

岡村「頑張った事は無駄になりません。その経験を今後の人生にどう生かすかは貴方次第です」

伊織「良い台詞言ってんじゃないわよ!」ぷんぷん

亜美「んっふっふ~ん。伊織んはたしかマリオカート64のマリオサーキット1分30秒切りだったっけw」

真美「たしかにそのスキルは今後どう活かしたらいいのか分からないww」

矢部「幸せ家族計画のお題みたいな事やってたんやねw」

岡村「ハイハイもう座る座る。先生は若いからってそんな事で手心は加えませんからねー」

44 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:50:21.55
岡村「ハイ、これで大体揃いましたねー」

席順

真    響  春香
雪歩  伊織 やよい
千早  貴音 亜美
あずさ ?   真美

矢部「あと一つ席が空いてますね」

春香「まだ来てないのは……あぁ」

岡村「えー今さっき君達のPから聞いたんですが、後一人は寝坊して遅刻する様です」

伊織「何やってんのよアイツは…」

岡村「誰一人時間内に登校して来ないとはどうなっとるんだこのバカチン共がぁっ!!」バンッ!

真「いやいや来ましたって!ボク達に入り時間ちょっとずつズらして教えてたんでしょう?」

45 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:52:20.56
岡村「そんな裏話はどーでもいいんです。765プロのアイドルの皆さん、君達がなんでこうして集められたのか分かりますか~?」

響「分かる訳無いぞ。何なんだ?この茶番」

岡村「私語は慎め響コラァッ!!」バンッ!(出席簿でバーン)

響「あいたっ!!岡村さんが聞いたんだろっ!?」

伊織(響が真ん中の一番前ってのに違和感あったけど、この為だったのね)

岡村「岡村さんではありません」

岡村「そうえば自己紹介がまだでしたね」

岡村「私が~~このクラスの~~担任の~~~」

カカカカカカッ!(きったない字)

岡村「岡村隆史ですっ!」

響「合ってるじゃないかっ!」

亜美「うわーwうわーwワクワクするねっ真美」

真美「テレビで見てたのが目の前でやってるよーw」

48 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 20:56:40.64
岡村「そして~副担任を務めるのは、秋月律子さんです」

律子「秋月律子です。今日は宜しくお願いします」

真「いやww宜しくって言うか…w」

亜美「なんで律っちゃんが居るのww」

真美「教室の隅っこで座ってるのに気付いた時、めちゃくちゃウけたんだけどww」

岡村「律子先生は凄くデキる先生ですから、君達が何か至らない事をしたらビシビシツッコミを入れて貰いますよ~」

律子「体罰は愛が教育方針です」キラッ

真「うわ~地味に怖いなそれ…」

矢部「そして僕が影の司会進行を務める、矢部博之です。宜しくお願いします」

岡村「何か困った事があったら彼に言ってくださいね~分かりやすく教えてくれますから」

49 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:00:15.48
岡村「そして皆さんは~私立岡村女子高等学校765の生徒です!」

やよい「しりつおかむらじょしこうとうがっこうなむこ…ですか?」

岡村「ふり仮名つきで言ってくれてありがとうございます」

伊織「…全然言ってる意味が分からないんだけど」

岡村「世間ではやたらめったら名前の後に数字を付けるのが流行っています」

岡村「君達のライバルのAKBしかり、XBOXしかり、イチローの守備範囲しかり」

岡村「そこで今回は、かつて存在した岡女が~岡女765として生まれ変わろうやないかい!という事になり」

岡村「君達12人が、その生徒だという事ですね。今は1人居ませんけd

ガララララッ

美希「遅れてゴメンなさいなのっ!………ってアレ?」

岡村「遅いぞコラアアアッ!!!!!」

春香「これは正しいねw」

51 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:04:20.80
岡村「何やもう天狗か?歌番組は駄目でもバラエティーの遅刻はオッケーかぁ?」

美希「???これ、どういう状況なの?なんで教室?」

岡村「先生の話をちゃんと聞けやヤンキーこらぁ!」

美希「あ、岡村さんに矢部さんだ!おはようなの」

矢部「おはよう。マイペースやねw」

岡村「…先生も多くの生徒を受け持って来ましたが、あなたみたいなタイプは初めてです」

岡村「ただ先生は熱血教師ですからね。世間には不良は放っておく先生も多いと聞きますが」

岡村「私は逃げません!魂でぶつかっていきますよ!」

美希「…隠し芸は?」

皆「隠し芸は無いっ!!!」

美希「!?な、何で皆で一勢に言うの!?」

春香「あはは、ちょっと言ってみたかったんだよねw」

52 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:07:08.86
岡村「ちゃんと先生の話を聞けって言ってるやろ!まったくこれだからヤンキーは…」

美希「むー別に美希は不良じゃないの。ちょっと遅刻とサボリが多いだけで」

春香「それを世間では不良って言うよw」

伊織「まぁどちらかと言えばゆとり教育の権化って感じだけどね」

岡村「髪を真っ金金にしといて何を言うとんねん!」

岡村「生っすか見てる時も思ってました。先生はこういうセンスだけでやっていってる世の中舐めてる人がいっちばん嫌いです!」

岡村「今日は先生が美希の事を、グルグル眼鏡の優等生に更生させてやるから覚悟しとけよ!」

律子「協力します岡村先生。美希、この遅刻の件は後で罰を与えるからね」キラン

美希「っ!律子…さん何で居るの?」

律子「律子先生だろうがっ!!」

美希「えええっ!?さん付けして怒られたのは初めてなの…」

54 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:10:16.18
岡村「さぁこれで全員が揃った訳ですが」

席順

真    響  春香
雪歩  伊織 やよい
千早  貴音 亜美
あずさ 美希 真美

岡村「今、アイドル業界は戦国時代と言われています」

岡村「次から次へと新しいアイドルが産まれて、限られた席の奪い合いが絶えず行われています」

岡村「君達も覚えがありますよね?876プロのルーキートリオに」

岡村「こだまプロの新幹少女、東豪寺プロの魔王エンジェル、DNAプロの佐野美心と群雄割拠です」

矢部「先生めちゃくちゃアイドルに詳しいじゃないですかww」

岡村「知り合いの課長に教えて貰いました。先生そういう手間は惜しみませんからね」

岡村「そういう状況で生き残っていく為には何が必要か…分かるか真っ!」

真「えっ!?そ、そうですね、やっぱり体力でしょうか!」

岡村「そうです知性です!」

真「」

55 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:13:44.83
岡村「アホでは芸能界は渡っていけませんからね~頭の良さこそが生死を分けるキーとなるんです」

岡村「そういう訳で今日は……」

カカカカカッ!(きったない字)

岡村「期末テストをしますっ!!!!!」

春香「テ、テストですか?」

岡村「そうですテストです~」

真「テ、テストって学校のテストって事ですか?ペーパーテスト?」

岡村「ハイ皆さんがテストと聞いて一番馴染みのあるものが、今回行う期末テストです」

57 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:18:46.78
エーマジデー ソンナノムリダヨー イミガワカンナイノ ざわざわざわざわ

響「そ、そんなのアイドルの自分達には必要無いぞ!」

美希「そーだよー。学校のお勉強なんてつまんないよ」

岡村「黙らっしゃい!」 バンッ!

岡村「『学校の勉強なんて世間に出て使わない』アホが口を揃えて言う台詞ですが」

岡村「貴方達は日本に住んでいるんです。そして日本では中学迄は教育を受けさせる義務というものがあります」

岡村「いわゆる義務教育という奴ですね。これは先人が作ってくれた大切な決まりです」

岡村「つまり僕達は中学で教えられる事位は、日本人として知ってなきゃ駄目なんです!」

岡村「特に貴方達は岡女765の生徒。学生の本分は……勉強でしょうがっ!!!」(唾を飛ばして)

春香「wwwな、なるほどw」

岡村「それに今回行われるテストは、問題レベルは中学一年生相当のものになってますから」

岡村「現役の中学生ないし高校生の皆さんは解けて当たり前なんです!」

59 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:22:56.78
やよい「あ、中学一年生レベルなんですか。安心しました、こうとうがっこうって言ってたので」

やよい「高校生の問題をやらなきゃいけないのかと…いえ、中学校のでも十分出来るか怪しいですけど…」

伊織「亜美真美が中一だからね。それに合わせたって事かしら」

千早「中学一年レベルと言っても、中学受験では結構難しい事をやってる所もあるから」

千早「そう油断出来るものではないかもしれないわね」

亜美「お、おどかさないでよ千早お姉ちゃん→」

岡村「基本的に、アイドルなんて学校もロクに行って無いアホの集まりっていうイメージがありますからね」

岡村「今回はそれを払拭出来るチャンスと言えます」

春香「なるほど。たしかにこれは私の聡明な所を世間に分かって貰うチャンスですね!」

岡村「おぉ流石委員長は言うべきコメントがよく分かってますねぇ」

岡村「そういう小慣れた所も芸人としてはムカツキますが」

矢部「先生ジェラシー感じてるだけじゃないですかw」

岡村「ただ、今回の期末テストを受けて貰う目的は、あなた達の学力をチェックするだけじゃないんです」

60 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:26:27.80
岡村「貴方達の夢、目標はなんですか?ハイ、春香ぁ!」

春香「ハイ、それは勿論トップアイドルになる事です!」

岡村「ハイそうですねー他の皆も同じですか?」

皆「…………」コクコク

岡村「トップアイドルというのは、限られたほんの一部しかなる事の許されない一流のアイドル」

岡村「皆さんも今頑張って、その道を駆けあがってると思いますが、まだまだそこには遠いですね」

岡村「そして、そのトップアイドルの頂点に立つアイドルの事を『アイドルマスター』と呼びますよね?」

岡村「もうドームだろうがなんだろうがいつでも一人で超満員にしてしまう様なアイドルの事です」

岡村「それがアイドルとしての皆さんの最終目標という訳ですね」

春香(まぁアイドルマスターという言葉の解釈には諸説ありますけどね)

61 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:28:47.51
美希「たしかにそうだけど、それが何なの?」

岡村「分かりませんか?アイドルマスターの道は辛く険しく、なかなか辿りつけるものじゃない」

岡村「しかし別のマスターなら、今からの数時間でなる事が出来ます」

亜美「別のマスタ→?」

岡村「そう、今から決めるのは数多く居るアイドルの中で頂点に立つ……」


岡村「『バカマスター』を決めたいと思いますっ!!!!」


皆「バ、バカマスター!?」

岡村「そうっ!!!今から行われる期末テストでビリだった人がぁ」

岡村「アイドルの中のバカ!いや、バカの中のバカ!バカの頂点となる」

岡村「バカマスターの称号を得る事になりますっ!!!!!」

62 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:32:57.05
雪歩「そ、それを決めてどうするんですかぁ?」

岡村「別にこれは、罰ゲームがあるとか、逆に賞品があるとか、そういう事は一切ありません」

岡村「ただ、バカが決まるだけっ!!」

ざわざわざわざわ どよどよどよどよ

響「ぜ、絶対嫌だぞそんなのっ!」

岡村「そう思うのであれば、テストを頑張って下さい」

岡村「言われるぞ言われるぞ~?」

岡村「街歩いてたら、あの人顔は可愛くてダンスも歌も上手いけどバカだよねーって」

岡村「『○○だけどバカ』っていうフレーズにはかなりの事を帳消ししてマイナスに持って行く力がありますからね~」

伊織「そんな事言われたら死にたくなるわね…」

岡村「数多いるおバカタレントとは一線を画する扱いをされるぞ~?」

岡村「何と言ってもそれの頂点やからね!多くのバカを従える程バカなのがバカマスターですっ!」

64 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:36:05.22
岡村「皆さん右上を見て下さい。似顔絵の額縁がありますね?」

千早「wwwテ、テレビで見たのと同じ…w」

岡村「今や伝説級のバカ。濱口という名字なだけで苛められる原因を作ったとも言われる」

岡村「濱口優氏を筆頭に、数多くのバカ達の似顔絵が飾ってありますね?」

岡村「皆さんの内の誰かがバカマスターに選ばれれば」

岡村「また一つ新しい似顔絵があそこに並ぶ事になり、並んだ人は濱口さんと同じ扱いを受ける事になります」

雪歩「そ、そんなの絶対嫌ですぅ!」

伊織「そうなったらその時点でアイドルとしては終わりでしょ…」

岡村「彼もこのテストをするまであんなんでは無かったですからね」

岡村「今日人生が変わってしまうかもしれませんよ~?」

65 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:40:11.73
岡村「そうですよね嫌ですよね。バカマスターになんかなった日には」

岡村「仮にアイドルマスターになっても、バカマスターと呼ばれるでしょうからね」

真「想像しただけで恐ろしい…努力が全部『でもバカ』に押しつぶされるなんて」

岡村「でも大丈夫です、勝てば良いんです。テストでビリにさえならなければ避けられるんです!」

岡村「では皆さん立ちあがって貰っていいですか?」

皆「……………」スクッ

岡村「復唱して下さいね?私はバカマスターにはなりたくない!」

皆「私はバカマスターにはなりたくない!」

岡村「私がなりたいのはアイドルマスターだ!」

皆「私がなりたいのはアイドルマスターだ!」

岡村「バカマスよりもアイマス!」

皆「バカマスよりもアイマス!」

岡村「おせちもいいけどカレーもねっ!」

皆「おせちもいいけどカレーもねっ!」

矢部「いやそれ全然関係無いじゃないですかww皆さんも言わなくて良いですよww」

69 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:48:01.01
岡村「良いですね良いですねーテンション上がってきましたよ~」

岡村「ハイちょっと前を見てください。今月のクラス目標、皆で決めましたねー」

今月のクラス目標三箇条
『1.始めよう2.やれば出来るきっと3.絶対私NO.1』

春香「私達の歌じゃないですかw」

岡村「皆さんまた復唱してくださいね?」

岡村「始めよう!やれば出来るきっと!絶対私ナンバーワァン!ハイッ!」

皆「始めよう!やれば出来るきっと!絶対私ナンバーワァン!」

矢部「微妙に語呂が悪く無いですかw?」

70 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:54:01.68
岡村「雪歩ぉ!恥ずかしがらずに!もっと大きな声でハイッ!」

雪歩「は、はいぃぃ///」

雪歩「は、始めよう!やれば出来るきっと!絶対私ナンバーワンっ!」

岡村「はーじめよーう!やれば出来る~きっと~ぜった~い、わたしナンバワーン!」(振り付けアリで)

亜美「振り付けカンペキwww」

真美「流石岡村さんww」

72 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 21:57:49.49
岡村「オラオラオラァッお前達もハイッ!」

皆「はーじめよーう!やれば出来る~きっと~ぜった~い、わたしナンバワーン!!」(振付アリで)

矢部「wwすげえwライブ見てるみたいww」

岡村「よっしゃあ!この勢いで自習時間へとしゃれこむぞぉハイッ!ぜった~い?」

皆「私ナンバワーン!!!!!」

矢部「なんか心一つになってるwwよっぽどバカマスが嫌なんやなぁ…」

74 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 22:01:35.92
~自習時間~

岡村「さぁ皆さん制服に着替えましたね。よく似合ってますよー女子高生みたいですねー」

春香「いや、女子高生ですからw」

亜美「亜美達に至っては女子中学生だもんね→そりゃ似合わないとまずいよw」

美希「フフフ、美希の中学は私服登校だから、制服にはちょっと憧れてたのw」

美希「美希のだけスカートがやたら長いのが気になるけど…」

矢部「二昔前の不良の格好やねw」

千早「私の学校はブレザーだから、セーラー服は新鮮ね。ちょっと恥ずかしいけど…」

78 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 22:05:56.14
あずさ「あらあら、一番恥ずかしいのは私よ?まさかまた制服を着る日が来るとは思わなかったわー」

岡村「いえいえ、まだまだ全然お似合いですよ、あずささん」

岡村「絶対僕お店に居たら指名します!」

矢部「先生お店とか言うたらアカンでしょww」

真「あの、先生質問があるんですけど…」

岡村「なんや真ー今は自習中やぞ。勉強に集中しなさい」

真「何でボクだけジャージなんですか!?」

82 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 22:10:08.62
伊織「ぷふっww良いじゃないwよく似合ってるしw」

美希「赤色なのはどうかなって思うけどね」

岡村「えーこれは先生の配慮です。真にセーラー服はキツいという判断の下に選んだ事なので」

岡村「むしろ感謝して欲しい位ですね。岡女765はジャージ着用で授業オーケーです」

真「なんでですかっ!ボクの学校はセーラーだから普段から着てますよ!」

岡村「仕方ないでしょうがイメージとか違和感とか色々あるんですから」

岡村「あーじゃあこうしましょう。真が各教科でトップ3に入ったら、一部分ずつ渡してあげますよ」

真「一部分ずつってどういう事ですか?」

89 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 22:14:43.82
岡村「国語ならスカート、数学ならリボン、社会なら校章、理科なら襟、英語なら上着を差し上げます」

真「そんな中途半端な…国語だけとかだったら、ボクどんな格好でテレビ写んなきゃいけないんですか…」

伊織「そんな無駄な心配しなくても、どうせ一つも取れやしないわよ」

真「なにぃっ!」

岡村「ハイハイ皆さんもっと集中して下さい。自習時間は一時間しか無いんですからねー」

岡村「ここでの勉強した事が出るかも分かりませんよー?」

響「先生、テスト範囲とかは教えて貰えないのか?」

岡村「範囲とかはありませんよー。そんな限られた範囲を丸暗記したって何の意味も無いですからね」

91 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 22:19:17.34
岡村「君達には勉強する事で、頭の使い方というものを知って貰いたいんです」

真「うーテストは基本一夜漬けだけで乗り切って来たからなぁ…」ポリポリ

伊織「アンタらしいわねぇ」

岡村「…………んん?」

美希「~~~~♪」シャカシャカ

岡村「オイ星井~お前は何を聞いとるんだ?」スタスタ

美希「?今はミスチルなの、その前がELTで~」

岡村「誰も星井のi-podの中身は聞いて無い!今は自習中でしょうが、外しなさい」ぐぐぐっ

94 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 22:24:10.40
美希「何するのー!ミキは音楽聞いて無いと勉強出来ないのー」ぐぐぐっ

岡村「そんなん知りません。没収です没収。反省文書いたら返してあげるから」ぐぐぐっ

美希「そんなのめんどくさいの!離してよー………もうっ!」バチンッ

岡村「!…………」ヨロヨロ

岡村「…今回の件は不問とします」スタスタ

矢部「負けたww先生そこは引いたらあかんでしょww」

あずさ「美希ちゃん、先生に暴力をふるっちゃ駄目よ?」めっ

美希「う~でも~……ゴメンナサイなの」

98 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 22:31:03.94
岡村「この時間を使って持ち物検査をします~」

岡村「皆さんのカバンの中チェックしていきますからねー」

春香「え~w女の子の鞄の中を覗くなんてセクハラですよーw」

岡村「るさいっ!ホント春香は言わなアカン台詞を逃さへんなぁ…」

矢部「ええ事じゃ無いですかw」

岡村「じゃあまずは響から見ていきましょうか」

響「ん?自分か?別に良いけどまだ鞄に触ってもないぞ」

岡村「そんな訳無いでしょうが。なんかお菓子でも隠してへんやろうなぁ…ん?」

バッ さとうきび3本

101 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 22:40:56.89
響「!?な、なんだコレ?なんでさとうきびが!?」

岡村「ひーびーき。こんなん学校に持ってきたらあかんやろ?甘いモンが欲しかったんか?」

響「いやいや自分こんなの知らないぞ!?最初から入ってたんだ!」

岡村「こんなもん授業中齧ってたら目立つやろー沖縄では皆そうなんか?」

響「そんな訳無いだろ!普通に飴とかガムとかさー!」

矢部「先生w仕込みが雑過ぎませんかw?出身沖縄やからってさとうきびってw」

岡村「まぁでもこれはお菓子とは言いにくいからなぁ、響、一口だけ齧ってええぞ」

響「え?いや別に要らないけど…まぁそう言うなら」ガリッ

響「!?ぐわああああっ…!め、めちゃくちゃ苦いさー!!」

岡村「そんな訳無いやろ。ん…これ中にゴーヤが詰まってるな。新種か?」

響「そんな新種がある訳無いだろ!いいかげんにしろ!」

岡村「そんな苦いかぁ?…ガリッうわっにっがぁ!」

響「な、何で3本あるのに自分が齧ったのを齧るんだ…!///」

107 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 22:49:16.63
岡村「ハイ次は真ー。鞄の中見せてもらうで」

真「どうぞ。というか僕も中見て無いんですけど…教科書類は机に入ってたし」

ぐちゃぐちゃ(真の鞄の中がぐっちゃぐちゃ)

岡村「うわ~お前なんやコレ、きったないなぁ」

真「wwwいやいや、僕こんなじゃないですよ!?」

岡村「なんや分からん体操服に野球のボールにぱっさぱさのビーフジャーキーに…」

真「いやそりゃビーフジャーキーはぱっさぱさでしょうけどww」

岡村「筆記用具も雑やなぁ、物さしとか傷だらけやし」

岡村「お前あれやろ?休み時間の時、ペンで自分のさしを飛ばして、相手のさしの上に乗せて」

岡村「相手が三回弾いても逃げれんかったら負けとかいう、訳分からんゲームやってたクチやろ?」

真「やってませんよそんな事wそれどの世代に通用するんですかww」

108 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 22:56:43.91
岡村「如月さんは牛乳が入ってるだけか。まぁこれは問題無いですね、お昼もありますし」

??「ぶふぉっwww」

岡村「今吹き出したん誰やー?先生後ろ向いてて分からへんかったけど」

千早「……………」

岡村「それじゃあ次に行きましょう、次は亜美やな」

亜美「よろしく→w岡ちゃん先生」

岡村「はいよろしく~あーやっぱり。あかんやろ?亜美3dsなんて持ってきたら」

亜美「あははwバレちゃったwごめんね→岡ちゃん先生」

岡村「次は真美やな。まさか真美までゲーム機持ってきてへんよな?」

バサッ チラシで出来たノート

真美「!?」

114 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 23:03:44.88
岡村「ハイ、皆ちゅーもーく!こっちを見て下さい」

貴音「はて…?その紙の束は何でしょうか?」

岡村「これが真美のノートです。良いですかーこういう風に工夫すれば」

岡村「なんでも活用出来るんですからね。このもったいない精神が大事ですよ」

真美「いやいやいや!岡ちゃん先生!なんで真美のだけこんななの!?」

岡村「えー知っての通り、真美の家は貧乏です」

真美「亜美は!?亜美だって同じ家だよ!」

岡村「それはなかなか難しい家庭の問題もあるでしょうから、先生口出ししませんけど」

真美「ないよそんなの!パパもママも亜美も真美仲良しで…ねぇ、亜美!」

亜美「………真美、座ろ?」

真美「何その悲しい顔っ!岡ちゃん先生よく探してよ!」ゴソゴソ

真美「…!ほら、真美だってゲーム機あった。これで真美だけ愛されて無いみたいな疑惑は…

ゴンッ ゲームギア

117 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 23:10:01.07
亜美「wwwゲームギアwww」

岡村「これではっきりしましたねー亜美が3dsで、真美がゲームギア」

岡村「でも先生はそんな事で差別しませんからね。強く生きろよ、真美!」バンッ!

真美「いやいやいやっそんな青春な感じで肩を叩かれてもっ!」

あずさ「そもそもゲームギアの方が圧倒的に電池消耗量激しいから、お金持ちの玩具なんですけどねw」

千早「詳しいですね、あずささん」

あずさ「っ!こ、小鳥さんに聞いたのよ~」

小鳥「ちなみに単3電池6本使って3時間しか持たないという奇跡のマシンピヨ」

121 : >>118 Pと一緒にスタッフのトコに居るという今決めた設定 : 2012/03/22(木) 23:17:27.30
やよい「うぅ~全然分かんないです…絶対私がバカマスだよ~」

伊織「落ちつきなさいやよい。問題的には、まさに今やっているやよいや亜美真美が有利なハズなんだから」

春香「そうなんだよね~結構中学の時にやってた事なんて忘れちゃって」コツン

伊織「今カメラがこっち向いてるの確認してやったわね…」

やよい「うぅ~それを言われたら負けた時に言い訳出来ないよ」しゅん

岡村「え~ちなみに、今やよいが座っている席」

やよい「え?は、はい」

岡村「そこはいつも濱口さんが座っている席です。…いえ、だからどうという事も無いですけど」

やよい「な、なんでそんな事言うんですか~」ナミダメ

125 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 23:22:24.34
ナレ「それではここで今回の期末テストについて説明していこう~」

ナレ「テストは英・国・数・理・社の五教科で行われ。全て100点が満点で計500点が満点となり、テスト時間は全て50分。」

ナレ「問題は中学生レベルで、岡村先生も事前にテストを受けて平均85点をマーク」

ナレ「この総合点数が一番低かった人が栄えあるバカマスターに選ばれるという訳だ~!」

ナレ「さぁ続いては岡村女子高等学校765の生徒達を紹介して行こう~」

1.天海春香(17)得意教科 国語 苦手教科 数学
皆をまとめる岡女765の委員長。P曰く、バラエティーに対する適正は芸人以上とも言われる。
このバラドルの笑いのセンスは岡村先生にジェラシーを与える程。ただその知性はテストにも活かされるのか~?
委員長ですから勿論トップを狙いますと意気込みは満点。

129 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 23:27:34.23
2.如月千早(16)得意教科 音楽 苦手教科 国語
デビューした瞬間に音楽業界に激震が走ったとも言われる若き歌姫。
バラエティーに出た事は殆ど無いらしいが、実はお笑い好きの模様。
五教科のテストだって言ってるのに、得意教科が音楽だと答えるあたりは意外と天然なのか~?

3.菊地真(17) 得意教科 社会 苦手教科 数学
言わずと知れたイケメンアイドル真王子。
その男まさりな言動は、一言で言えば岡女765唯一の男子。
どうにかしてトップ3に入ってセーラー服をその手に掴めるか~?

4.萩原雪歩(17)得意教科 国語 苦手教科 理科
儚気な雰囲気が天使の様だと言われ、ただ今人気急上昇中の彼女。
入って来ていた時からずっと緊張しているが、バカマスを逃れて雪ぴょんスマイルは見えるのか?
得意教科は国語で詩にはちょっと自信があるとか。

133 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 23:33:20.54
5.水瀬伊織(15)得意教科 英語 苦手教科 無し
竜宮小町のリーダーとして二人を引っ張る頑張り屋。
その可愛らしい外見とは裏腹に、言う事はズバズバ言うツッコミ気質を持つ。P曰く765プロで一番の常識人。
「私がぶっちぎりトップに決まってるでしょっ」と自信満々だが結果はどうなる~?

6.高槻やよい(14)得意教科 算数 苦手教科 英語
その天真爛漫な笑顔が太陽の様だと言われ、大人にも子供にも好かれる元気っ子。
しかし勉強は苦手の様で、バカマスで無ければ何でも良いと自信なさげ。
家では五人兄弟のお姉ちゃんだが、姉の威厳は保てるのか~?

7.三浦あずさ(21)得意教科 数学 苦手教科 社会
岡女765最年長の彼女は岡村先生のお気に入り。
苦手教科は社会で、特に地理は昔から全く頭に入っていかないとか。
ぽーっとしているからテストの実力は未知数というのはPからの話だが、もしかしてもしかして~?

137 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 23:40:58.14
8.双海亜美(13)9.双海真美(13)得意教科 無し 苦手教科 数学
めちゃイケに出れてラッキー☆と、一番番組に出れて喜んでいる、御存知亜美真美ちゃん。
岡女において双子といえば、言わずとあのツートップを思い出すが
この二人も勉強は大嫌いで「勉強がやだからアイドルになったんだよ→」との事。これはバカマス筆頭候補か~?

10.星井美希(15)得意教科 理科 苦手教科 社会
遅れてやって来た、岡村先生とは犬猿の仲の天才アイドル。
同世代の女性達にカリスマとして崇められている彼女だが、バカマスになんてなった日には
そのカリスマ性も全て消え去ってしまうぞ~あと居眠りはしないようにね。

11.四条貴音(18)得意教科 国語 苦手教科 英語
全てが謎に包まれた銀の王女。ついにその学力が暴かれる日が来たけど、そこんとこどうなの?
古典には絶対の自信を持つと言うが、対称的に英語は全く出来ないとか。
このテストには英語が駄目な人がビリになるというジンクスがあるが、そのジンクスから逃れ切れるのか~?

141 : 響が一人紹介になったのは他意は無いです : 2012/03/22(木) 23:45:16.68
12.我那覇響(16)得意教科 国語 苦手教科 数学
動物が大好きな沖縄出身のダンサーアイドル。
その何事にも一生懸命な姿勢と、素直な反応が嗜虐心をそそると評判。
冒頭から先生のいじり対象としてロックオンされているが、バカマスになると日本中からいじられちゃうぞ~?

147 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 23:51:54.79
キーンコーンカーンコーン

岡村「ハイ!もう自習時間終わりー!テストの時間がやってきましたよ~」

やよい「うぅ~もう絶対駄目です~バカだって言われちゃいますぅ~」

伊織「大丈夫よやよい、この教室には大概の奴が何名か居るから」

真・響「誰の事だっ!!!」

矢部「wwwその反応って事は自分で分かってるや無いですかw」

岡村「ハイもう教科書しまってしまって。後悔してももう遅いですよ~」

岡村「思っときましょう。こんな事なら普段からもっと勉強してれば良かったって」

151 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/22(木) 23:59:03.31
岡村「でも我々の様なおっさんと違って、貴方達はまだ全然間に合いますからね」

岡村「願わくばこのテストがそのきっかけになってほしいものです」

岡村「テスト問題配っていきますので~皆さん時間まで裏返しにしてて下さいね」

岡村「じゃあ配りますよ~」ベロベロベロベロッ(指舐め)

春香「やだもう先生―w」

美希「汚いのー!」

矢部「先生お気に入りの儀式やからねw」

154 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 00:02:59.25
岡村「それじゃあ順番に配っていきますよ~」

岡村「ハイ、真」バサッ

真(右端)「ハイッ!」

岡村「ハイ、春香」バサッ

春香(左端)「はい!」

響(真ん中)「…………」

156 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 00:06:05.04
響「先生、自分の列を飛ばしてるぞ?」

岡村「あぁ、すまんすまん。はい、伊織」

伊織「もうっ気を付けてよね」

響「おおおおーい!自分のは!?」

矢部「先生wwだから我那覇さんのいじり方が雑過ぎますってw」

岡村「響にはこんなもんでいいだろー」ビシュッ!

響「へぶっ!」ビターン

響「テストを顔面にぶつけちゃいけないんだぞ!それでも先生かっ!」

岡村「私語は慎めえっ!!テスト始まるって言ってるだろうがあっ!」

響「えええぇっ!?」

160 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 00:12:26.45
岡村「最初に言っておきますよ。真面目に書いてくださいね」

岡村「面白くしようとか、ボケようとか、おいしくしてもらうとかそんなの一切要りません。分かってるな春香ぁ!」

春香「な、何で私に言うんですかw」

岡村「あくまで真剣に、テストを受けて下さい。その結果ここから~」

岡村「バカが決まります!!!」

ウワー イヤダーゼッタイイヤー ヤバイッテホントヤバイヨー

やよい「うぅ~もうそれ言わないで下さいよ~」しゅん

岡村「じゃあ行きますよ~チャイムが鳴ったら開始ですからね」

皆「………………」

岡村「良いですねぇw良い緊張感です。バカマスになりたくないって思いがひしひし伝わってきますよ」

162 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 00:16:12.93
春香「別にバカマスなんて眼中に無いですけどね。私が目指すのはトップですから!」

岡村「おぉ良いですね。たしかにその位の気持ちを持っとかないとあきませんよ」

岡村「一個でも上の順位に行ける様に、貪欲に点を取りに来て下さい」

岡村「特に委員長は紗理奈のアホ以外は皆好成績を出してますからね」

岡村「春香には期待してますよ~」

春香「ハイッ!任せて下さい!」

矢部「ホンマ天海さんは返事がええねw」

キーンコーンカーンコーン

岡村「さぁ鳴りました!第一教科国語始めっ!」

169 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 00:27:55.52
~テスト中~

ナレ「さぁテスト中のアイドルの様子を見て行こう~」

国語
国語は定番の漢字から、文章読解まで幅広いジャンルの出題。
雪歩、貴音が快調に飛ばす一方で、やよいと亜美真美は初っ端から苦悶の表情。
意外とスラスラ解答する響が印象的

数学
数学は文章題や図形問題が多めの比較的難易度の高い問題が多く並ぶ。
千早がもの凄いスピードで解答する反面、委員長は計算に手こずっている様子。

社会
今回は歴史と地理がほぼ半々の出題。写真を見て解かせる問題や、定番の論述もアリ
ここまで順調な様子だったあずさの鉛筆がぴたりと止まり、その隣の美希は…寝てねえか?

175 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 00:33:27.68
理科
毎回様々なTシャツが産まれる理科は、今回も生物の絵を書かせる問題が出題。
新傾向としては天体に関する問題があるがこれがどう響くのか?
さっきの沈黙が嘘の様にスラスラと解答する美希。亜美真美の顔にも生気が見えた。

英語
毎回トリを飾る英語は、ほぼ例年通りの出題。英作文の出来が勝負を分けるかもしれない。
涙目になっているやよいと、額に焦を滲ませる真など苦戦者が相当な数居る一方で
伊織は解答時間を15分残しての解答終了、自信が伺える。

182 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 00:39:14.93
~テスト中~

岡村「さぁ泣いても笑っても後5分ですよー!5分で決まってしまいますよー」

春香「マジですか?お願いします後5分ください!」

岡村「そんなのは聞きません。ハイ頑張って頑張ってー!真美もペース遅いぞ、大丈夫か?」

真美「鉛筆がこんなのだから書きにくいんだよ→!」

※残り4cmの鉛筆2本をセロハンテープで留めたもの。

岡村「良いじゃないですかーそれならちびたら反対側で書けばいいんですよ?」

真美「うぅ~」カリカリ

岡村「やよい泣かない泣かない。ほら頑張ってーまだ5分あるから」

やよい「……うぅ……ぐすっ…」カリ…カリ

186 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 00:44:55.23
岡村「何か書こう何か書こう。書かなきゃ0点やけど書いとけばおまけがあるかも分からんよー?」

岡村「その1点2点が勝負を分けるかも分からないからね。馬鹿に出来ないよー」

千早「………うん」(小声)

岡村「お、如月さん出来ました?」

千早「あ、えぇ。一応」

岡村「ヤバイよヤバイよ~委員長負けちゃうんじゃないの~?」

春香「くっが、頑張ってますって!」

岡村「決まるよー!?決まってしまうよバカマスターがぁっ!!」

矢部「先生ちょっと五月蠅いですってw」

191 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 00:51:13.03
キーンコーンカーンコーン

岡村「終了ーーー!!!解答やめてー!!!」

春香「…………」カリカリカリ

岡村「いや春香止めろって言ってるでしょw減点にするよ?」スパーン!

矢部「先生普通にアイドルの頭はたいたらアカンてw今更やけどww」

春香「ぐぅっ…くそぉ後3分あれば…」ぐでー

岡村「そのペース配分も技術のウチですからね。さぁ後ろから集めてー」

回収中

岡村「さてさて~」トントン

岡村「この解答の中に、答えが眠っています。それは問題のだけでは無くて~」

岡村「誰がバカマスターかって答えがねぇっ!!!」ニヤニヤ

真「も~そういうのいいですってw勘弁して下さいよー」ぐでー

伊織「体力バカのアンタがなんでそんなに消耗してんのよ…」

193 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 00:56:19.30
岡村「さてはてバカなのは体力だけなんですかねぇw」

真「ちょっなんですかそれっ!」

岡村「いやいや知りませんけど?」

岡村「それでは先生はこれから、律子先生と一緒に別室で君達のこの解答の採点をするので」

岡村「しばし待っていて下さいね~じゃあ行きましょうか、律子先生」

律子「ハイッ!楽しみですねw」

岡村「それじゃーねー!」ダダダダッ! ガラララッ ダダダダダッ!!

皆「………………………」

240 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 01:51:57.83
ナレ「岡村先生が採点に勤しむも、岡女765の解答はぶっとんだ物ばかり」

ナレ「これはバカマスどころか765プロ自体がアホの集まる事務所なのではないかー?」

ナレ「と思われそうな程の珍回答の連続に、岡村先生のイライラは頂点に達していたー!」

キーンコーンカーンコーン

ダダダダダッ! 

岡村「オラアアアアアアッ!」バンッ!

ボフッ(黒板消しが降って来た音)

岡村「……………」(白い)

皆「www…………ぷふっwww」

244 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 01:57:29.63
岡村「誰ですかー?こんなイタズラをしたのは?」ぐりぐり

響「にゃんでだれくぁって聞きにゅあがら、もうっ!」ぱっ

響「自分のほっぺたをグリグリするんだ!」ぷんぷん

岡村「こんなつまんない事を考える人は限られてますからね」

岡村「誰が提案したか正直に言って下さい。今言えば怒りませんから」

皆「………………」

岡村「そうですかー。それならペナルティです。連帯責任で全員の得点を10点マイナスし…

やよい「!?は、春香さんです!」

春香「やよいぃ!?」

248 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 02:02:52.84
岡村「ハイオーケーです。やよいは正直で良い子ですねー」ビスビスビスビス(指し棒で春香の額を小突く)

春香「あたっあたたたっ!そ、それ地味に痛いですって!」

やよい「うぅ、ゴメンなさい春香さん。でも私これ以上点数を減らされる訳には…」しゅん

真「全員減るんだったら関係無いんだけどねw」

伊織「良いのよやよい。やよいが言わなきゃ私がチクってたわ」

岡村「正直先生も目星は付けてましたからね。一番ニッコニコしてましたから」ビスビスビスビス

春香「あたたたたっ!も、もう許してください~」

253 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 02:09:48.89
岡村「まったく!こんな事ばかりしてるから君達は駄目なんですっ!」

響「だ、駄目ってどういう事だ?」

岡村「本来~ここで先生はバンッと君達の順位を発表して~」

岡村「それで終わりにして帰ろうと思ってました。しーかーしぃ!」ギロッ

春香「www何ですかその顔w」

岡村「君達の~もうにっちもさっちもいかない答え!え…?コイツ何を書いとんねん!?みたいな答えが」

岡村「…続出しました。もうそりゃもう続出しましたよ。先生残念です」

岡村「な~の~で~君達のその答えを~~~」

岡村「イジって~」(あの手)

岡村「イジって~」(あの手)


岡村「イジリ倒しますっ!!!!!!!!」ビクビクビクビクッ(あの手)


255 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 02:15:57.52
真「も~勘弁して下さいよ~~~」

響「そうだぞー!順位だけ言って終わりにすれば良いじゃないか」

雪歩「わ、私もその方が良いかと…」

岡村「んんんん~黙れいぃぃぃぃぃ!」

矢部「なんで歌舞伎調なんですかw」

岡村「先生もそりゃそっちの方が良かったですよ」

岡村「皆が平均80を越えている事を望んでいました。だがしかし!それをしてくれなかったのは貴方達です!」

ざわざわざわ どよどよどよ

岡村「だから国語から順番に、どんどんイジっていきま~す」ニヤニヤ

響「めちゃくちゃ楽しそうじゃないかー!!」

256 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 02:24:01.31
岡村「まぁその前に皆の手応えを聞いてみましょうか」

岡村「テストを受けてみて~自信のあった人!」

春香「ハイッ!」ピーン! 伊織「………」スッ 貴音「はい」ピンッ

岡村「どうしたどうしたー?3人だけかー?」

岡村「こういうのはとりあえず言うといた方が良いんやで?どっちに転んでも面白くなりますからねー」

岡村「笑いに大事なのは振り幅ですよ振り幅!」

真「………じゃあ、ボクも」スッ

岡村「真は違うだろ~」

真「なんでですかっ!上げろって言ったじゃないですか!」

岡村「本当に自信あるんか?真」

真「…まぁ、無いともいえないかな、と」

岡村「良いですよ良いですよ~プラス思考って大事です。皆さんも見習って下さいね」

259 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 02:31:58.00
岡村「まぁ今私は、この中で誰がバカマスに選ばれてるかを知っている訳ですが」テクテク

岡村「それと同時に、各教科で誰がキていたかも知ってる訳です」テクテク

岡村「な、春香ぁ~ぷふふっww」

春香「な、なんですかその笑いは!」

岡村「やよい~」ポンポン

やよい「や、優しく肩を叩かないで下さい!余計に怖いですっ!」

岡村「亜美と真美もなかなかでしたよ~w」

真美「あ、あははははそ→かな」

岡村「星井ももうそんな舐めた態度取ってられんかもわからんぞ~泣いて謝っても結果は変わらんからなぁ」

美希「別に舐めた態度なんて取ってないの」つーん

261 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 02:37:58.56
岡村「貴音は自信あるって言ってたなぁ、大丈夫か?」

貴音「はい。全力は尽くしました。後は天命を待つのみです、先生殿」

岡村「そーかそーかww伊織も自信あるって言ってたな?」

伊織「トーゼンよ。総合点でなら負ける気がしないわ」

岡村「そうですかー自信があるのは良い事です。大事な事ですよぉ」テクテク

岡村「…………」カッカッカッカ(指し棒で連打)

響「な、なんで自分の机を連打するんだ!」

岡村「さぁ~何ででしょうねぇw」テクテク

265 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 02:45:49.43
岡村「真も一生懸命やってたもんなぁ、手応えはあるやろ?」

真「…まぁ、全力は尽くしましたね」

岡村「んっふっふw雪歩もなぁ~wまぁなぁ~w」

雪歩「な、なんなんですかぁ……」おどおど

岡村「如月さんはホントは自信あるんじゃないんですかぁw?」

千早「どうなんでしょう…その、バカマスターって事は無いと思いますけど」

矢部「今如月さんがその単語を言った瞬間に、5人位の背中がビクッてしましたねw」

岡村「そしてあずささん。あずささんはもう余裕かましても良いんじゃないですか?」

あずさ「うふふ、どうなんでしょう。分からない問題もありましたから…」

岡村「そうですかそうですかw皆さんありがとうございますねー」

268 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 02:52:43.79
岡村女子高等学校765の期末テストをいじっていこうのコーナー

ナレ「さぁそれでは皆さんお待ちかね!」

ナレ「のっけから腹割れそうな、岡女765の答えをどんどんイジっていこう~♪」

国語 平均(71.8)

386 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 17:39:10.90
矢部「え~イジりが始まる前に、皆さんにお願いがあります」

皆「………?」

矢部「泣かないで下さいw」

どよどよどよ ざわざわざわ

真「泣く事になるんですか!?」

やよい「うう~~もう嫌です~帰りましょうよ~」ナミダメ

響「うぅ…自分も何か本気で怖くなってきたぞ…」

390 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 17:44:56.56
岡村「皆さん時計の横の肖像画を見てくださいね」

岡村「彼がこの学校の理事長のハマグチェ理事長です」

千早「ふふっww」

岡村「彼もですね、今となっては何があってもバカ笑いの出来る生粋のアホとなりましたが」

岡村「当時は私服のセンスも良いし、それなりに可愛い顔をしてるのでアイドル芸人の扱いでした」

岡村「ただあの日を境に、彼は今の境遇となったのです」

皆「……………」

岡村「そんな彼は、最初のテストの順位発表が終わった時、ちょっと泣いてました。芸人さんですよ?」

岡村「その事を肝に銘じて、心を強く持って下さいね~」

矢部「体調確認は随所で行っていきますのでねw」

岡村「一回深呼吸しときましょう。ハイみんなでスーハースーハー」

皆「スーハースーハー」

392 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 17:50:55.92
岡村「じゃあまず聞いていきますよ?国語自信ある人っ!」

春香「ハイッ!」ピーン!

伊織「…………」スッ

貴音「はい」ピーン

響「はいだぞっ!」ピーン

あずさ「ハイッ」スッ

岡村「おぉ上がり出して来ましたね。良い傾向ですね、おっ雪歩も上がったか!」

雪歩「は、はいぃ…あ、あんまり自信は無いですけど」おずおず

亜美「それどっちなの?雪ぴょんw」

岡村「良いです良いです。先生雪歩のそういう控えめで頑張り屋なとこはすごく評価してますからねー」

396 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 17:56:27.56
真「ちょっと待ってください」

岡村「何や、真?」

真「何やじゃないですよ!ボクのセーラー服の件はどうなったんです?トップ3に入ったら一部品ずつくれるって!」

岡村「あーあー、ありましたねそんな約束」

真「ありましたね!?忘れてたんですか!?」

岡村「いやいや覚えてますよ。でもあれは各教科の答えをイジる前にその都度渡して行くものですからね」

真「えーじゃあ全部揃う時には殆ど番組終わってるじゃないですか…」

伊織「だからその心配程無益な事も無いっていってるじゃない。下から3番ならコンプ有り得るけど」

真「伊織…言っても僕は高三だからね?中学生の問題なんて…」やれやれのポーズ

398 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 18:01:12.05
岡村「えーまず国語のトップ3には真は入ってません」

真「え~~!参ったなぁスカートを逃したかぁ…」

岡村「90点以上!2人居ます」

響「…………」ドキドキ

岡村「響ではありませんよー響は64点です。意外と出来てましたねー」

響「なんでそれを今全部言っちゃうんだ!?しかも64!?たった!?」

岡村「たったという事も無いでしょう。てっきり響は全部40代とか取っちゃう系の子だと思ってたんでね」

岡村「そういう意味では裏切られました」

響「自分をどういう目で見てたんだ!」ぷんすか

やよい(響さんが64点………)

399 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 18:07:07.97
岡村「一人は雪歩!90点!」

雪歩「ほ、本当ですかぁ!?よ、良かったぁ…」はふぅー

真「凄いじゃないか雪歩!」

春香(となるともう一人は私か)ニヤリ

伊織(て事はもう一人はこの伊織ちゃんね)ニタリ

岡村「もう一人は…貴音!98点!」

春・伊「ええっ!?」

貴音「一問落してしまいましたか…精進が足りませぬね」

403 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 18:13:07.90
響「た、貴音ってそんなにお利口さんだったのか…?」

美希「んーまぁ国語でならワリとイメージ通りって感じじゃない?」

春香「お、岡村さん!私は?私はどうなんですか?」

岡村「春香はトップ3にも入ってませんでしたー。オイオイ委員長大丈夫か?」

岡村「光浦やったらこんな事有り得へんぞ?」

春香「う、うぅ…つ、次頑張ります!次!」

矢部「いやもうテストは終わってるんやけどねw」

408 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 18:24:23.33
岡村「では最初から見て行きますよー。まずは漢字からですね」

『大和撫子 この漢字の読みを書け』

岡村「はいこの問題。皆さんは何て書いたんでしょうか。じゃあ貴音の答えー」

貴音の答え『やまとなでしこ』

岡村「ハイ正解ですねー皆さん拍手してあげて下さい」

パチパチパチパチ オヒメチンスゴーイ ヤルナー

岡村「お淑やかで奥ゆかしい、日本の女性の事を指す言葉ですね」

岡村「最近この様な女性が減って、星井みたいなのが増えてるのは先生とても遺憾に思います」

美希「なんでなのー!今は女の人もどんどん前に出て行かなきゃいけない時代なの!」

岡村「そんな中ーそんな和の心をすっかり忘れてる奴が居ました」

岡村「………春香ぁ!」

414 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 18:31:16.74
春香「!?わ、私ですか!?」

矢部「おぉトップバッターは委員長ですかw」

真「春香ーwそれはヤバいでしょー」ニヤニヤ

岡村「春香の答え。何て書いたんでしょうかぁ」

春香の答え『やまとこ』

アハハハハハッw

岡村「短く無いですかー?これ漢字四文字も使ってるのに読みも四文字~?」

岡村「一文字に付き一個しか音ありませんか?」

春香「ス、スミマセン撫が読めなくて…///」

岡村「やまとこならただの日本人ですからね。私も貴方も皆もやまとこ!」

矢部「www何か語呂は良いですねw」

岡村「今日は皆忙しいから、今日の練習はやまとこ!」

春香「wwwそれは止めとこでしょ」

415 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 18:37:35.32
岡村「そもそもですね。これは春香の歌から取ってるんですよ?」

春香「へ?……あーっ!そっかあ!乙女よ大志を抱けの!!」

岡村「そうですー。いかに春香がテキトーに歌を歌ってるかが分かりましたね」

岡村「そんなだからヘタクソなんですよ」

春香「ちょwwどういう事ですかヘタクソって!」

岡村「えー先生。今回のテストの為に知り合いの課長に頼んで」

岡村「貴方達の曲は全てi-podに入れて貰って、聞いておきました」

貴音「なんと熱心な先生なのでしょう…ありがとうございます」

岡村「そこで最初に入ってた曲が春香のこの曲だったんですが、先生びっくりしました。何やコイツ!?と」

春香「なんでですか!一生懸命歌ってましたよ!」

416 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 18:43:49.21
岡村「いやー酷かったですよ。何か俺の感性がおかしいんかなと思って」

岡村「知り合いの課長に聞いたら、苦笑いしてたのでそうでは無いんでしょうね」

春香「ちょっとホント止めて下さいよ!イメージに関りますから!」

千早「まぁ…昔のは特に、ね」

美希「春香には悪いけど、同意なの」

春香「二人共っ!?」

岡村「そんな訳で最近はこれが来たら、飛ばして次に行ってますね。i-podふざけんな!と」

矢部「i-podは悪くないですよw」

岡村「春香、今度歌ヘタ王に出えへん?結構良いトコまでいけると思うねんけど」

春香「出ませんよ!あれにアイドルが出たら色々終わりでしょう!」

421 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 18:49:09.99
岡村「一方、春香とは違って、ちゃんと自分の曲に愛を持っている人も居らっしゃいました」

岡村「…伊織!」

伊織「!?は、私っ!?」

亜美「お→これは意外な展開w」

真美「まさか伊織んが珍回答をだすなんてね→」

伊織「そ、そんな訳無いわよ!ちゃんとやまとなでしこって書いたわ!」

岡村「ハイハイ伊織は何て書いたんでしょう~か」

伊織の答え『やまとなでこ』

426 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 18:53:10.32
岡村「『し』抜いちゃった!」

伊織「あ………///」

アハハハハッw ドンマイイオリーン ヤッチャッタネー

岡村「ハイハイ皆さん。先生は伊織の気持ちを分かってますよ」

岡村「伊織は先日恋愛サーキュレーションのカバーをやりましたからね」

岡村「その時に間違えたらアカンって覚えたのが、ここで出たんでしょう」

伊織「うぐぐ…ふ、不覚だわ」

岡村「まぁ先生は本家の方が良いと思いましたけどねー」

伊織「ちょっとぉ!」

431 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 18:58:59.72
矢部「いや~意外な二人が間違えてたねw」

岡村「まぁ言っても結構な人がこの問題は間違えていたんですけどね」

岡村「こうやってこの言葉が死語になっていくのが先生悲しいです」

岡村「例えば~真ぉ!」

真「うわっやっぱり…」

岡村「やっぱりって何やねん。真の答え~」

真の答え『だいわあせこ』

434 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 19:03:21.80
岡村「誰やコイツ!大和ハウスのイメージキャラクターかぁ?」

真「wwwし、知りませんけどw」

岡村「知らんやないやろ何やこのダッサイ女。焦ってんのか?常に焦ってんのか?」

伊織「この間違いと私のミスが同じ0点っていうのは納得いかないわね」

真「どっちも間違いは間違いだろっ!」

岡村「たしかにそうですー。点数の上ではどっちも同じです。だからよく見直せって先生言いましたよねー?」

岡村「まぁテレビ的な印象は分かりませんけどね」

真「そっちの方が大事ですよ!」

439 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 19:10:56.54
岡村「ハイ続いては書き取りの問題」

『イショウに着替える カナ部分を漢字にせよ』

岡村「ハイこの問題。アイドルの皆さんなら間違える訳がありませんよね」

岡村「とても身近な単語ですから。これ間違えてたら次から私服で舞台に立って欲しい所ですがー」

岡村「はい、ひびきぃ!」

響「!じ、自分か?」

岡村「響の答え、見てみましょう。こちら!」

響の答え『衣賞』

443 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 19:17:37.30
岡村「何の賞を貰ったんやお前は~!ベストジーニストかぁっ?」

アハハハハハッw ヒビキーンソレハマズイッテ→ ドレッサーケイカモシレナイノ

響「うぐっ…///」

岡村「ちなみに答えは勿論『衣装』です。響はライブの度に勝手に賞を貰った気になって喜んでました~」

響「そ、そんな事思ってないぞ!」

真「響~それは無いって~w」

岡村「おぉ真元気良いなぁそれじゃあ真っ!」

真「えっ!?」

真の答え『威勝』

岡村「誰に勝ったんやお前は~なんか気合いでガンってやったんか?」

真「うぅ……///」

伊織「よくそれでトップ3がどうとか言えたもんよね」

447 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 19:26:11.31
岡村「どんどんいきますよ~次の問題!」

『次の四文字熟語の空欄部分に漢数字を入れて下さい。□日□善」

岡村「はい四文字熟語の問題ですね」

やよい「うぅ…よんもじじゅくごっていうのが何か分らなかったです…」

岡村「www四文字熟語は四文字熟語ですよ~見たままですw」

岡村「えぇ~それでは雪歩の答え!見てみましょう」

雪歩の答え『一日一善』

岡村「ハイ正解です~一日に一つだけいいので良い事をしましょうという心構えですね」

岡村「だがしかし~それだけでは収まらない人が居ました…やよい!」

やよい「ひぅっ!わ、私ですかぁ…」

岡村「やよいのデビュー作…こちらっ!」

やよいの答え『一日十善』

453 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 19:30:21.31
やよい「あぅ、多かったです…」

アハハハハハッ オシイヨヤヨイー カワイイワタカツキサンッ

岡村「良いですよ良いですよw先生こういう答えは大好きです」

岡村「やよいの優しい気持ちが凄くよく出ていますね。我々もこう思って生きていきたいものです」

岡村「その一方で~全く善行を行うつもりの無い人も居ました~」

岡村「…真美!」

真美「えぇっ真美っ!?」

伊織「満を持してって感じね」

岡村「真美の答え。何て書いたんでしょうか~?」

真美の答え『千日一善』

456 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 19:36:47.12
真美「あはははは…w」

スクナスギダヨマミー サンネンニイッカイシカシテナイジャンw ワルイヤツダナアー

岡村「皆さんそう言ってあげない。確かに少ないとは思いますし、逆にその一回何すんねん!?」

岡村「とは思いますが。皆さん知っての通り、真美の家は家庭が複雑です」

真美「ちょっとぉ!だから複雑じゃないって!仲良いよ!」

岡村「愛人の子である真美はーお母さんも死んでしまって、それはそれは辛い思いを家の中でしてるんでしょう」

真美「してないよ!甘やかされてるよ!」

矢部「それホンマやったらどうするんですかww」

岡村「そんな家庭環境の中でー真美の心が荒んでしまったとしてもーそれを先生は責める事は出来ません」

真美「荒んでない!健全だからっ!」

岡村「そうかぁ、強い子やなぁ真美は」なでなで

真美「慈愛顔で頭を撫でないでよ岡ちゃん先生っ!」

461 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 19:45:46.67
岡村「さぁそんな中、ちょっと問題の前提をひっくり返した方もいらっしゃいました」

岡村「……星井っ!」

美希「ん、美希なの?何て書いたかなぁ…」

岡村「もう先生びっくりしました。見てみましょう、こちら!」

美希の答え『中日戦善』

ブフッw アハハハハハハッ ミキナニカイテンノー

岡村「漢数字やって書いてるやろぉー!なんで昨日のドラゴンズの試合結果聞かなアカンねん」

矢部「しかもそれやと善戦やしねw」

美希「んー数字っていうのは気付かなかったな。ヨジジュクゴなんて」

美希「ミキの人生には全然必要無いの。この時まだ寝ぼけてたし」

岡村「星井はテスト中に寝過ぎですー。先生何度小突いたことか」

466 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 20:00:01.71
岡村「続いても四字熟語の問題。漢数字を当て嵌める訳ですね」

岡村「次は□石□鳥。これはサービス問題ですね。8割の方が正解してました」

岡村「正解は勿論~ハイ、やよいの答え!」

やよい「えぇっ!わ、私合ってますよぉ」

やよいの答え『一石二鳥』

岡村「ハイ正解です~やよい、指されたら間違ってる訳ではないんですよ~」

岡村「まぁ次に指す奴は間違ってましたけどね~ハイ亜美ぃ!」

亜美「うげっ」

亜美の答え『十石五鳥』

岡村「ボチボチ外してますよ~半分は当たってません」

亜美「あはは、で、でも五割って結構じゃない?」

岡村「野球の打率じゃ無いんですから。ていうかこれ二石一鳥って事ですからね」

岡村「約分をしろよ約分をー。不正解にされるぞー?」

亜美「なんで国語の時間に約分の事で怒られるんだよ→!」

468 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 20:07:16.72
岡村「亜美は十石五鳥でした。一方の真美ー」

真美の答え『五石十鳥』

岡村「ハイ逆を行きましたー!良いですよーそうやってポジティブに思っとかな」

岡村「真美は生きていくのしんどいですからねー」

真美「だから今生きるの辛くないからっ楽しいからっ!てか岡ちゃん先生!これペケになってるけど」

真美「正解だよね?これこそ約分したら一石二鳥じゃん!」

岡村「んーそうですねぇ…それじゃあ律子先生、△で1点あげて下さい」

律子「ハイ」カキカキ

亜美「え→ズルーい→!」ブーブー

岡村「亜美は普段からええもん食ってるからこんな時くらいは良いやろ?」

真美「真美も食ってるから!同じ物を!」

471 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 20:12:38.14
岡村「そして間違えていたもう一人は…真ぉ!」

真「ま、またボクですか!?」

伊織「ほぼ皆勤賞じゃない…もう真がバカって事で良いんじゃないの?」

真の答え『一石五鳥』

亜美「wwwまぁまこちんならその位の事出来るかもw」

岡村「いっ~せきにちょう~じゃっ?」

岡・春「ものたりないっ♪!!ハイッ!!」

矢部「www先生それ言いたかっただけでしょww」

475 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 20:20:34.69
岡村「さぁキてますキてます。岡女765の皆さんもかなりキてますよ~」

岡村「ハイ、次の問題。小説の問題ですね」

『1908年にフランスの作家モーリス・メーテルリンクの作品。
 主人子の二人の兄妹チルチルとミチルが探しに行った鳥は、どんな鳥だったか答えよ』

岡村「さぁこれは有名な作品ですね。モーリス・メーテルリンクという名前は知らなくても」

岡村「チルチルとミチルという二人の名前は知っているでしょう。シルシルミシルじゃありませんよ~?」

岡村「じゃあまずは、やよいの答え!」

やよいの答え『青い鳥』

岡村「ハイ正解。よくできました~やよい」

やよい「あ、ありがとうございますっ」

岡村「一方~この問題でデビューをする方が居ます。その方は~」

岡村「……如月さんっ!」

千早「!…………くっ」

483 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 20:27:32.96
春香「え~w千早ちゃんがぁ?w何て書いたの?何て書いたの?」わくわく

矢部「天海さん楽しそうですねぇw」

岡村「如月さんの答えは…こちらっ!」

千早の答え『蒼い鳥』

アハハハハハハッ ヤッパリwww ショウジキヨソウシテタネw

岡村「読みは合ってるんですけどねー残念ながらこれはバツとさせて頂きますw」

千早「…………///」

岡村「蒼い鳥は如月さんの代表曲ですからねー結構他にもこの名曲に引っ張られて」

岡村「『蒼い鳥』と書いた人が居ました。星井に、あずささん、あ、雪歩もそうですね」

美希「むしろ765プロ的にはこっちが正解で良いと思うけどなー」

岡村「その中でつられなかったやよいは偉いぞ~」

やよい(ホントは漢字が分からなかったから、簡単な方書いただけなんだけど…)

488 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 20:33:59.66
岡村「この間違いは言ってみれば、正しい間違い方でした」

岡村「しかし何名かは~もう全然カスってもいない、訳の分からない鳥を書いてましたね」

岡村「もういちいちツッコまないんでバンバン出していきますよ~?」

亜美の答え『カッコイ→鳥』

真美の答え『クジャク』

響の答え『フェニックス』

真の答え『鳳凰』

岡村「アカンよアカンよ~そんなデカいもんを子供に追いかけさせたら」

岡村「そんなモン絶対身近な場所には居ませんからね?」

春香「本のテーマが崩壊しちゃいますよねw」

495 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 20:41:53.51
岡村「続いては、文法の問題です」

『「アイドル・可愛い・踊る・華やかだ」この中から動詞を選べ』

岡村「この4つの中に~1つだけ動詞が入っているので、それがどれか当てるという事ですね」

岡村「ちなみにこの中には、主語、動詞、形容詞、形容動詞が入ってます」

岡村「どれがどれか言えるか~?ハイ、あずささん!」

あずさ「ハイ~主語がアイドル、形容詞が可愛い、形容動詞が華やかだ」

あずさ「そして踊る、が動詞です」

岡村「ハイ正解です~文法の基本中の基本ですね」

岡村「まぁ最悪知らなくても、25%で当たる問題ですが」

岡村「そんな確率なんてどっかに放った人が居ます~それはー……亜美!」

496 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 20:47:16.92
亜美「うぇ~また亜美?」

岡村「うぇ~はこっちの台詞です。ホントもう勘弁して下さいね」

亜美の答え『どうしよう?』

岡村「聞くなぁっ!!!!!」

春香「wwwど、どうしようwww」

岡村「そんなの先生の方が聞きたいです~!亜美の事をどうすれば良いのか」

亜美「だ、だって問題の意味が全然分かんなくて→…」

岡村「分からんでも選べって書いてたんだから選べよ!真でもそれ位してたぞ!」

真「ちょっどういう意味ですか!ボクでもって!」

響「そのままの意味だろ…」

499 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 20:59:42.51
岡村「ハイ次は詩の問題ですね」

『1987年に出版された俵万智の詩集の一節
 「~~~」と君が言ったから七月六日は~~~記念日。この二つの空欄を埋めなさい」

岡村「日本で一番有名な詩かもしれない、俵万智さんのホニャララ記念日」

岡村「他のは一切知らなくても、これだけは何となく聞いた事のあるって人も多いんじゃないでしょうか」

岡村「さぁ空欄には何が入るのか、雪歩の答え!」

雪歩の答え『「この味が良いね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日』

岡村「ハイ大正解~皆拍手~」

パチパチパチパチパチ

500 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 21:04:36.40
雪歩「あ、ありがとうございますぅ」

岡村「雪歩は詩が大好きやもんなーポエマー雪歩やもんなー」

雪歩「ポ、ポエマーって程じゃないですけど…///」

岡村「さぁこの問題では、色んな記念日を皆さん作ってくれました」

岡村「ハイまずはやよいからー」

やよいの答え『「あのスーパー特売日だよ」と君が言ったから七月六日はもやし記念日』

504 : >>495訂正。主語→名詞(凡ミス) : 2012/03/23(金) 21:15:15.00
伊織「やよいらしいわね」

岡村「そんなお得情報聞いた位で記念日を作らないでください~毎週水曜が記念日になりますよ?」

やよい「あ、ウチでは木曜日です!」

岡村「そんな事は聞いてませんよーwしかももやし限定って悲し過ぎるでしょうw」

やよい「そんな事無いですよー栄養満点で美味しいんですからっ」

矢部「やばい、泣けるわw昔思い出して…そうよな、もやし美味しいよな」

岡村「次行きますよー。次は響の答えを見てみましょう」

響の答え『「今日は休みだ」と君が言ったから七月六日は国民の記念日』

507 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 21:20:47.56
岡村「勝手に新しい祝日を作らないで下さいー」

岡村「なんや?学校行ってみたら誰も居らんで、宿直の先生かなんかに言われたんか?」

響「ぐっ…///」

岡村「そうじゃなかったらコイツ勝手に今日はサボるって言ってるだけですからね」

岡村「まんまと騙されて一緒に休まないで下さい。ちゃんと学校に行って下さいねー」

岡村「さぁさぁ色んな記念日出来てますが、先生がいっちばんムカついた答えがあります」

岡村「…星井だオラァッ!」

美希「もーなんなの?美希だってこれはちゃんと書いたはずだよ?」

510 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 21:31:24.19
岡村「ちゃんと書いたぁ?ようそんなん言えたもんやなぁ…ハイ、こちら!」

美希の答え『「美希が好きだ」とハニーが言ったから七月六日は二人の記念日』

岡村「なーにーを書いとるんだお前は!」

美希「?何を怒ってるか分かんないの。良い詩だと思うなっ」

岡村「俵万智さんの詩なんです~!何で俵万智さんがお前の名前使うねん!あぁこのロマンチックバカが!」

矢部「先生怒り過ぎですよww」

岡村「それにお前なんで君のトコまで勝手に変更したんや?誰やねんハニーって!」

美希「あ~もしかして岡村センセー、ハニーに嫉妬してるんでしょ?」

美希「でもザンネン。既に美希の心はハニーのものなの。ハニーって言うのは美希のプ… トンッ バタッ

岡村「うぉっどうした星井!急に倒れて…」

律子「あぁ、そのバカはそういう病気なんです。次行きましょう岡村先生」

真(…音も無く、首筋にチョークの一撃…また腕を上げてるな)

527 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 21:51:07.70
岡村「次の問題に行きますよ~次は、古典の問題」

『竹取物語の書き出し。今は昔、()の翁といふ者ありけり ()内に入る言葉を書け』

岡村「ハイハイ、竹取物語ですね。日本に現存する物の中で一番古い物語です」

岡村「皆さんも、かぐや姫という名前でなら馴染みがあるのではないでしょうか」

やよい「あ、かぐや姫のお話だったんですか…」

岡村「翁というのはおじいさんの事ですね」

岡村「訳すると、今となっては昔の話ですが、ホニャララのおじいさんという人が居ました。という事になります」

岡村「それじゃあ貴音の答え、見てみましょうこちら!」

貴音の答え『竹取』

岡村「ハイそうですね。言ってしまえばそのままです。竹取のおじいさんと呼ばれてた訳ですね」

貴音「ちなみにその後は、野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに 使ひ けり。名をば、さぬきの造となむいひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。 怪しがりて~

矢部「四条さん、もうその辺で勘弁して下さいw」

535 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 21:59:00.17
岡村「さて皆さんはどんなジジイだと思ったのか、一人ずつ見て行きたいと思います」

春香「ジジイってww」

岡村「テンポよくツッコミ入れていきますよ~」

真の答え『疾風』

岡村「どこの二つ名や!ちょっとカッコええけど、コイツただのジジイやからなっ!」

亜美の答え『横浜』

岡村「ジジイがどこ在住かは知らん!横浜のジジイって横浜結構人多いですからね!どんなカリスマ性や!」

真美の答え『スズメ』

岡村「スズメ!?鳥!?鳥では竹は取られへんし、かぐや姫も育てられへんぞ!」

美希の答え『今週』

岡村「今は昔って言うとんねん!今週のジジイって何や!なんかビッグニュースになる事をやらかしたんか!」

543 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 22:09:44.62
岡村「ゼーハーゼーハー」ぜぇぜぇ

矢部「先生息切れてますやんかw飛ばし過ぎですよw」

岡村「はぁはぁ…飛ばさざるを得ないんです、先生は本来ツッコミちゃいますからね?」

岡村「あんまり無理をさせないように。それでは次の問題」

『「すねをかじる」という慣用句を使って、短文を作りなさい』

岡村「はい恒例の短文問題ですねー」

岡村「すねをかじるの意味は、親からお金などの援助(えんじょ)やたすけを受けること」

岡村「そんな大人になってはいけませんよーじゃあ伊織の答え!」

伊織の答え『私は親のすねをかじらずに、自分の力で生きて行く』

岡村「素晴らしい!正解です、伊織の決意表明の様なものを感じますね」

伊織「別にそんなんじゃないけどね…」

546 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 22:16:57.08
岡村「一方~文字通りの意味で齧ってしまった方、おられます。…響ぃ!」

響「っ!ま、また自分かっ?」

真美「響ん何気に結構登場多いよねーw」

春香「ていうかこの時点で既に、結構誰がヤバいか分かって来てる気がするんだけどw」

響の答え『ハム蔵が親のすねをかじっている。痛そうだ』

岡村「のんきに見てないで止めて下さいー!ハム蔵っていうのはハムスターですよね?」

岡村「ネズミの齧る力ってのは馬鹿に出来ませんからねー多分親は悲鳴あげてますよw」

岡村「そして次は真の答え。真は何て書いたんでしょうか?」

真の答え『そうだっ!親のすねを齧れば良いんだ!』

554 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 22:27:01.58
千早「くふっwww」

岡村「そりゃあ如月さんもツボに入りますよ。何をその手があったか!みたいに言うとんねん!」

春香「相当駄目な人の台詞ですよねwww」

真「いやだからあの、弱点の無い敵に対して、どう攻めれば良い的な事かと…」

岡村「そうやとしたら親を狙うなよ親を!卑怯やなお前はー!」

真「ボ、ボクはそんな手は使いませんよ!正々堂々と打ち倒しますっ!」

岡村「何の話しとんねん!慣用句をちゃんと使えって言ってるの!」

岡村「もう次行きます次!真美の答え!」

真美の答え『親のすねをかじると幸運が訪れるでしょう』

岡村「インチキ占い師かお前はっ!」

春香「少なくとも直後に親に蹴たぐられますよねww」

岡村「はっ!待てよ、その情報を亜美に教えて、亜美を自分のとこまで蹴落とそうと…」

真美「してないっ!立場は同じっ!」

558 : >>555 そうです。 : 2012/03/23(金) 22:42:54.80
岡村「ハイこれで国語ラストですよ!最後位ビシッと決めて下さいね」

『外来語「ボーダーレス」という単語を使って短文を作りなさい』

岡村「ハイ、ボーダーレスとは、簡単に言えば境界が無い事を言いますね」

岡村「グローバル化や、従来の秩序が崩壊する時に言います」

岡村「この単語に対して、自分のモヤモヤをぶつけた方がいらっしゃいます」

岡村「…春香ぁ!」

春香「えっ?私なんて書いたっけなぁ…?」

春香の答え『765プロはボーダーレスな事務所だ』

岡村「ハイこれ正解です」

岡村「これから察するに~春香は今の事務所のフランクな関係に、ちょっと思うとこがあるみたいですね」

岡村「具体的には、後輩はちゃんと私に敬語使えや!と」

春香「ちょっwwそんな事無いですよ!アットホームな良い関係性だと思ってますって」

560 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 22:51:38.25
伊織「申し訳ございません、天海先輩。貴方様に対して失礼な言動を吐いてしまいまして」

亜美「ゴメンなさい、天海さん。以後気を付けます」

真美「ゴメンなさい、その握った拳の力を抜いては頂けないでしょうか」

春香「ちょっとぉw!」

岡村「さぁそんな事務所の闇が明らかになった所で、星井の答え!」

美希の答え『このTシャツは無地だからボーダーレスだよ』

岡村「だれがファッションの話をせえって言ったんや!このオシャレ番長が!」

矢部「オシャレ番長って別に貶し言葉じゃ無いですよww」

岡村「だよっていうのが腹立つわーんなもん見た分かるがな!」

美希「あーコレそういう事じゃ無かったんだ」

岡村「それ言うたら大体の服はボーダーレスでしょうが!」

岡村「星井と同じ事書いた人結構居ましたけど、柄の話じゃ無いですからね」

562 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 22:56:46.75
岡村「そんな風に皆が服の柄の話やと思っていた一方でー」

岡村「全く別の方向からダダダーッ!って来た人がいました」

岡村「………やよいっ!」

やよい「…は、はいぃ」

岡村「やよいの考えたボーダーレス、どんなものなんでしょうか?こちら!」

やよいの答え『いよいよ第28回全日本ボーダーレースが始まります』

569 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/23(金) 23:03:33.57
岡村「レスですよー誰もレースの話をしてくれとは言ってませんよー」

岡村「しかも何ですか?これ、何を競ってるんですか?」

岡村「俺の方が縞の数が多いー!とか俺の方が一本が太いー!とかですかw?」

矢部「結構歴史は古いんやねw」

亜美「うわ→チョ→楽しそうww」

真美「多分ベスト4あたりで虎柄の人とかと当たるねww」

やよい「あ、あはは…」

岡村「あははじゃないです。ちゃんと反省して下さいねー」

やよい「は、はい!」

598 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 00:06:40.40
岡村女子高等学校765の期末テストをいじっていこうのコーナー

ナレ「国語で思っていた以上にどんどん爆笑の答えを産んだ生徒達~」

ナレ「この勢いをキープしたまま、岡女765の答えをどんどんイジっていこう~♪」

数学 平均(69.8)

603 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 00:10:57.72
岡村「数学!自信あるって言う人!」

春香「ハイッ!」ピンッ!

千早「………は、はい」スッ

伊織「…………」スッ

貴音「はい」ピンッ

あずさ「はい~」ピンッ

岡村「良いですね良いですね。おっ如月さんも上がりましたか!数学は出来た?」

千早「はい、簡単な問題も多かったので…」

真・響・亜美真美「………………」

607 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 00:16:02.93
岡村「それでは数学のトップ3!言っていきたいと思います」

岡村「3位は伊織!86点!」

伊織「86?ケアレスミスでもあったのかしら…」フマンガオ

響「数学で60あればじゅーぶんだろ?贅沢な奴だなぁ」

真「ホントだよね」

伊織「アンタ達…」

岡村「2位はあずささん!92点!」

あずさ「うふふ、良かったです」

春香「意外…といえば意外ですね。あずささんが数学が得意なんて」

あずさ「計算はあまり早くは無いんだけどね~」

615 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 00:20:57.13
岡村「そして数学のトップは……如月千早!」

千早「はいっよ、良かったです。嬉しいです」

岡村「そのコメント下手な所も良いですよ~千早は98点!よく頑張りました」

響「ふわ~98点とか小学生の時でも取った事ないぞ」

真「流石は優等生って感じだね」

雪歩「ま、真ちゃん。大丈夫?その様子だと数学も調子が出て無いみたいだけど…」

真「ま、まぁ数学が一番苦手だからね」あはは

伊織「あのザマだった国語が一番苦手じゃないって事に戦慄が走るわ」

620 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 00:27:54.10
岡村「ハイまずは第1問!これは超サービス問題です」

『1+2×2=』

岡村「こんなモン先生いちいち答え聞きませんよ?」

岡村「これは先に掛け算をやって、後から1を足して、答えは5です」

岡村「これは掛け算を習った瞬間に習う事ですからね?これ外したら二度と掛け算出来るって言ったらいけませんよ?」

岡村「ホントは先生はこんなもん出すの止めようって言ったんです!皆正解するに決まってますから」

岡村「でもカガリDが試しに、って言うから出してみた結果~~~」

岡村「真おおおおおおおぉっ!!!!!」

625 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 00:32:15.82
真「!?な、なんですか…?」

雪歩「真ちゃん…まさか」すすっ…

真「ま、待ってよ!いくらボクでもそれは無いよ!距離を取らないで!」

春香「いやいや雪歩w流石にそれは無いよ。真を信じてあげなってw」

雪歩「う、うん。ごめんね?真ちゃん…」

岡村「見てみましょう…真の答え!」

真の答え『6』

630 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 00:38:09.40
     シーン

皆「…………………」

岡村「そりゃこんな空気になるやろなぁ。もう先生も笑われへんわ」

真「ち、違うんです!ちょ、ちょっと焦ってただけで!ほ、ほんとは出来るんです!ケアレスですよケアレスッ」ヒッシ

春香「なんで一問目で既に焦ってんのw」

岡村「真は~もう今後一切自分の事を掛け算が出来ると言わないで下さい」

真「だから違うんですって!」

伊織「…アンタなんで高校に入れたのよ、それ以前に中学に上がれたのよ…」

雪歩「…真ちゃんはホラ、スポーツ推薦だから…」

真「フォローになってないよ雪歩!」

春香「いや別に雪歩もフォローしてるつもりは無いと思うよw?」

633 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 00:43:07.02
岡村「えーこの問題、間違えたのは真一人だけでした」

真「えぇっ!?」

亜美「いやえぇっ!?じゃないよwそれ何に対しての驚きなの?まこちんww」

岡村「こんなの全員正解すると思ったんで、皆に点数あげようと思って」

岡村「先生凄く配点高くしちゃいました」

真「えええっ!?」

やよい「や、やったぁ!」

伊織「やよい、あのアホ以外は全員合ってるからあんまり意味無いわよ」

伊織「まぁあのアホがバカマスなのは確定的だから、そういう意味では喜んでいいかもしれないけど」

真「ま、まだ二教科目だろっ!」

636 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 00:49:54.87
岡村「それでは次にいきますよ。これもサービス問題ですね」

『九九の2の段を全て書け』

岡村「えー数学、というか算数全ての基盤になる、九九の問題ですね」

岡村「これも普通に落ち着いて解けば、何の問題も無く全員解けるハズです」

岡村「ある意味一問目よりも簡単な問題かもしれません」

岡村「え~それでは真の答え」

真「!?」

真の答え『2×1=2,2×2=4,2×3=6,2×4=8,2×5=10,2×6=12,2×7=14,2×8=16,2×9=18』

639 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 00:55:08.83
伊織「………おかしいわ」

やよい「?私の見た感じだと、どこも間違ってないけど…」

伊織「そう『どこも間違っていない』……その事自体がおかしいのよ」

伊織「あの真が、正しく2の段を言い切れるハズが無いっっっ!」ドン!

やよい「あぁっ!」はっ

真「あるよっ!!!!!」

岡村「ハイそう言う訳で、真見事正解おめでとうございます」

岡村「テレビの前の人も、粗さがししないで下さいね~合ってますよ~w」

真「まったく、いくらなんでも2の段を間違える訳無いじゃないか。7の段ならともかく」ぷんぷん

雪歩「―――っ!?」

653 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 01:01:26.60
岡村「だが残念ながらこの問題を間違えた方、居られます」

岡村「春香!」

春香「……………え?」

春香の答え『2×1=2,2×2=4,2×3=6,2×4=8,2×5=10,2×6=12,2×8=16,2×9=18』

岡村「7の位はどこにいきましたー?」

春香「ああっ!ケアレス!ケアレスですこれはっ!」

岡村「ケアレスって言葉を便利に使わない」

岡村「春香、今やから言うけど、お前数学70点いってないからな?」

春香「!?ま、マジですか?」

岡村「しっかりして下さいよ委員長ー頼みまっせー」

661 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 01:09:02.28
岡村「そしてもう一人…亜美!」

亜美「うぇっ!?う、うそでしょ?」

亜美の答え『にいちがに、ににんがはち、にさんがろく、にしがはち、にごじゅう、にろくじゅうに、にひちじゅうひち、にはちじゅうろく、にくじゅうはち』

岡村「アカンでしょこれは」

伊織「うわぁ亜美も結構な事やってるわねぇ…竜宮小町抜けて貰おうかしら」

亜美「なんでだよぉ!」

岡村「ひらがななのがそもそもアカンけど、ににんがはちって…」

岡村「そのちょっと後に、にしがはちってあったのにおかしいと思わんかったんか?」

亜美「うぅ……」しゅん

岡村「音で覚えてるからそうなんねん。ちゃんと頭でも確認しとかな」

岡村「亜美はまだ13歳なんやからやり直せる、な?」

亜美「うん……」

真「な、なんか含みを感じるんですけど…」

671 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 01:19:39.15
岡村「次は、立体の公式の問題やったな」

『この図形(三角錐)の体積を求める公式の空欄を埋めなさい
 公式・底面積×□×□』

岡村「え~皆さん良いですね?この図形の名前は、三角錘と言います」

岡村「かつて濱口さんが、これを書けという問題に対して」

岡村「なんかよう分からん水滴みたいなモンを書いたのは伝説ですが」

千早「ふふふっww」

岡村「今回は公式です。見てみましょう、如月さんの答え」

千早の答え『底面積×高さ×1/3』

岡村「ハイ、正解ですね。よく出来ました」

675 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 01:25:29.58
岡村「底面積に高さを掛けた後、3分の1を掛けるのを忘れてはいけませんよ?」

岡村「えーそれでは見て行きましょう、響の答え」

響「じ、自分ちゃんと書いたと思う…ぞ」

響の答え『底面積×高さ×1』

岡村「1を掛けても何も変わらないでしょー?」

アハハハハッw イ、イチハナイデショイチハ ソノハッソウハナカッタ

響「だ、だってスペースが余ったから、結果が変わらない様に…」

岡村「余ってません。響が勝手に余らしたんですー」

岡村「世界中で使われている公式にこんな無駄な余白があると思いますかー?もっとよく考えよー」

679 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 01:34:14.91
岡村「えースペースが余ってしまった響とは対称的に」

岡村「スペースが足りなかった方が居られます~」

春香「スペースが足りない?」

岡村「やよいっ!!」

やよい「は、はい…」

やよいの答え『底面積×中身の面積×高さ×1/3』

岡村「中身の面積って何や~?」

やよい「あ、あのその三角の、中に入ってる部分の、その…」

岡村「ふふふっwwあ、一回この中から取り出してみてって事?」

岡村「で、一回床に敷いて、メジャー持って来て、どんなもんか縦と横を測ってってバカ!!!」

やよい「うぅ~何か変だなとは思ってたんです~」しゅん

680 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 01:40:19.51
矢部「発想は自由でええよねw」

岡村「そんなモン何が入ってるかなんて分からないでしょー?」

岡村「物によってはいくらでも凝縮させる事が出来るんだから」

岡村「さてさて、もう一人いきますね~」

岡村「三角錘の体積の出し方を一切理解してないのは……真!」

真「ボ、ボクですか?」

真美「キタキタ→」

亜美「ちょっと楽しみだよねw」

岡村「真の答え。見てみましょう…こちら!」

真の答え『底面積×3×1/3』

688 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 01:46:56.68
岡村「何がしたかったんやー?お前は?」

真「えっいや、だから、あの…」

伊織「考え方は響のにちょっと近いわね」

真「あのー3を掛けるっていうのと、1/3を掛けるっていうのがどっちもボクの記憶の隅にあって…」

真「で、どっちかなーって迷った結果」

岡村「両方入れたと。バカ!!!!」

真「スミマセン…」

岡村「こんなもん底面積さんもびっくりすんで。急に自分が三人になったと思ったら」

岡村「次の瞬間には増えた二人殺されて、結局自分だけが残ったんやから」

春香「くふふっwwwそ、想像すると…ww」

岡村「ハイ真、謝って。底面積さんに弄んでスミマセンって」

真「な、なんですかそれ!意味分かんないですよ!」

岡村「ええから、早く」

真「………底面積さん、弄んでスミマセン」ペコリ

春香「あはははははははっwww」

695 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 01:55:37.15
岡村「さぁ完全に数学は真のコーナーになってきてますが」

真「うぅ……」

岡村「次の問題は、確率の問題」

『じゃんけんを3回して、3連敗する確率は何パーセント?(決着が付くまでを1回とする)』

岡村「これも確率の基本中の基本みたいなものですからね」

岡村「出来れば皆正解して欲しい所でした」

岡村「まずは、あずささんの答え」

あずさの答え『1/2の三乗は1/8 よって12.5%』

岡村「はい正解です。三乗というあたりが知性を感じて良いですね」

あずさ「うふふ、一応最年長ですから」

697 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 02:03:13.64
岡村「じゃんけんの勝ち負けは1/2で、それを三回するんだから1/2×1/2×1/2という訳です」

岡村「後はその結果の1/8をパーセントに直すだけ」

岡村「こんな簡単な問題を間違えたのは~~~真美!」

真美の答え『99%』

岡村「どんなゲームや!三連敗する確率が99%てw」

春香「ちょっとクソゲー過ぎるでしょww絶対やらないww」

貴音「百度勝負して、一度しか三連敗を逃れ得ぬとは、無情なものですね…」

真美「ちょ、ちょっと聞いてよ!これは真美なりの計算があるんだって!」

岡村「聞くだけ聞いてみましょう」

702 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 02:13:11.42
真美「まず、じゃんけんの結果は、勝ち、負け、あいこの3パターンでしょ」

真美「て事は負けの確率は33%じゃん?」

岡村「……まぁ良いでしょう、続けて」

真美「で、負けのパターンは、グーで負ける場合、チョキで負ける場合、パーで負ける場合の3種類」

真美「これの確率は、33%から振り分けて、それぞれ11%になるよね」

千早「…………?う、うん。まぁ…」

真美「で、その勝負を3回するんだから、11%×3で33%」

真美「グーの33%とチョキの33%とパーの33%。これを全部足して」

真美「99%になるって訳だよ!」どやっ

真(…なるほど)

真美「Do-dai?真美のこの完璧な思考の流れっ!」

岡村「一言で言わせてもらいますね。うるせえっ!!!」

705 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 02:20:34.34
真美「えええっ!?」

千早「???えっ?えっ?そ、そうなるのかしら??」

あずさ「千早ちゃん、落ち着いて。ならないわ。絶対に」

伊織「まぁ…アホはアホなりに一応論理みたいなものがあるって分かったのは、ある意味収穫ね」

岡村「まぁでも気持ちは分かりますよ」

岡村「皆さんご存知の様に、真美の家庭は複雑です」

真美「またそれっ!?」

岡村「亜美はおっきなハンバーグなのに、真美はハム1枚。そんな事は日常茶飯事です」

岡村「ある時真美は思いました。そうか、これは義母がじゃんけんでメニューを決めているからだと」

岡村「これは一種の遊びみたいなもので、義母のコイントスが裏を向く時がくれば」

岡村「自分がハンバーグで、亜美がハムの日もきっと来るんだと」

岡村「3連敗が99回続くとしても、じゃんけんというものはそういうものだから仕方無いんだと」

岡村「そう、思っているからなんです…」

真美「長いっ!そしてそんな事実は無いっ!やよいっち、これ嘘だから泣かないで!」

709 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 02:28:00.97
岡村「えーそして真は0%だと書いてましたが、これはどういう事ですか?」

真「え?50%なんだから、二回やればどっちかは勝つに決まってるじゃないですか」きょとん

真「実際僕、じゃんけんで連敗した事なんか一度も無いですし」

矢部「菊地さんはシンプルなバカやねw」

岡村「矢部さんに言われたら末期ですよー自覚して下さいねー」

矢部「なんでなんすかww」

春香「真がじゃんけん強いのはゴンのアレ使えるからでしょーズルいなー」

717 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 02:39:38.37
岡村「ハイ次は「はじき」を使った問題ですね」

『2000メートル離れた距離に居るAさんとBさん。AさんとBさんはお互いが居る方向に向かって
 Aさんが分速120メートルBさんが分速80メートルで歩きだしました。二人が出会うのは何秒後でしょう?』

岡村「はいこの問題。何の事はありません、ただ出会うまでの時間を聞いてるだけです」

岡村「捻りも何もきかしてませんよ~伊織の答え!」

伊織の答え『2000÷(120+80)=10 10×60=600秒後』

岡村「正解!完璧な答えですね。全く無駄が無いですよ」

岡村「最後に秒に直すのを忘れてた春香は見習って下さいよ~」

春香「ぐむ……」ぽりぽり

722 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 02:54:52.44
岡村「こんな簡単な式で出せる問題に、えらくえら~く遠回りで答えに辿りついた人が居ます」

岡村「…どこ向いてるんや?お前やぞ、響!」

響の答え『120÷60=2 80÷60=8/6(これが秒速)
     2000m=2km 二人の距離が2000メートルと仮定した場合…
     1000÷120=100/12  1000÷80=12.5(1000メートルの二人の到着タイム)
     この二人が100m走をした場合 100/12÷10=10/12 12.5÷10=1.25
     この中でどの情報を重視するか…
     100/12+12.5=100/12+125/10=1000/120+1500/120
裏面へ続く

岡村「長いっ!!!!!」

千早「な、何をすればこんなに式が…?」

岡村「真の影に隠れてるけど、響も大概やからな!」

響「な、何を言ってるんだ!こんなに計算してるのに!」

725 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 03:03:59.04
岡村「もうお前アホなくせに、色々頭良さげな事すんなよーめんどくさいなぁ」

岡村「何なん?2000メートルと仮定した場合って?勝手に仮定にすんなよ!そこは問題で確定しとんねん!」

響「う。うぅ……」

岡村「も~色々無駄に秒速出してみたり、1000メートルまでにどん位か測ってみたり」

伊織「ど、どの情報を重視するかってwww」

岡村「そうそれ!何や重視って!こんなもん勝手にお前が色々やって出した数字やからな?」

岡村「解く上でこの数値は一切使わへんで!」

響「じ、自分がバカじゃない事を証明しようと思って…」

岡村「証明されました。響もアホです。こんだけやって答えは分数の入った訳分からんのになってたし…」

岡村「もっと真を見習って下さい。真の答えドン!」

真の答え『10分後くらい』

岡村「シンプルッ!式一切必要無し!男らしい!でもペケ!」

真「えぇっ!?合ってるじゃないですかっ!」

737 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 03:36:47.94
岡村女子高等学校765の期末テストをいじっていこうのコーナー

ナレ「数学でも珍回答の勢いは留まる事なく、むしろますます増すばかりっ」

ナレ「それじゃあ社会をイジっちゃう?イジらない?」

ナレ「ん~それじゃあイジっちゃおう~!」

社会 平均(66.5)

738 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 03:42:26.30
岡村「社会!自信ある人!」

春香「ハ…

真「はいっ!」ピーン!

岡村「おぉ、真元気ええやないかw」

伊織「よくあの醜態を晒しておいて、その態度で居れるわね…」スッ

真「だからこそだよ!ここでカバーしないとマジでヤバいからねっ」

雪歩「そうえば真ちゃんは社会が得意教科だったっけ?」

真「うんっ!絶対70点は取ってるよ!」

雪歩「………へ、へーそうなんだ!凄いねっ」

春香「そうえばトップ3でゲット出来る部品って、社会は校章だったっけ?」

真美「得意教科が校章ってww」

741 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 03:49:39.70
岡村「さぁじゃあ行きますよ社会!80点以上の人ー!」

岡村「3人居ますね。一人目は…如月千早!」

千早「ありがとうございます」ペコリ

岡村「そして2人目!水瀬伊織!」

伊織「当然ね」サラッ

やよい「うわ~千早さんも伊織ちゃんも凄いですっ」

岡村「そして残る一枠…トップ3に入るのは……」

真「来い来い来い来い………」ネンジル

雪歩「き、きっと大丈夫だよまことc

岡村「萩原雪歩っ!!」

雪歩「え、えぇっ!?」

743 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 03:54:14.91
岡村「はい真ざーんねーん。校章ゲットならずー」

真「くっそおおお」がっくし

伊織「校章だけあっても仕方ないでしょうに…」

雪歩「ご、ごめんね?真ちゃん」

岡村「実は社会では雪歩がトップでした。おめでとうございます」

雪歩「あ、そ、そうなんですか?ありがとうございます」

岡村「ちなみに~4位が真でした。惜しかったですね~」

真「ああああっ!もうそう言う事言わないで下さいよ。ホントに悔しいからっ!」

747 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 04:02:28.17
岡村「えーじゃあまずはこの問題から」

『札幌農学校初代教頭のクラーク博士が言った有名な台詞。
 ○○よ、大志を抱け。空欄に入る単語を書け』

岡村「ハイ、この問題。答えは勿論、如月さんの答え!」

千早の答え『少年』

岡村「ハイ、正解です。正解は少年よ、大志を抱け」

岡村「さて、何故この問題があったのか?分かりますね、春香」

春香「…………」

岡村「ハイ、春香の答えー!」

春香の答え『少年』

753 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 04:07:26.54
岡村「ハイ、正解正解」チッ

春香「な、なんで舌打ちするんですか!」

岡村「先生、春香はもっと出来る子だと思ってました」

春香「正解してるじゃないですかー!」

岡村「ハイ正解ですね。しかし正解という事は、お笑い的には0点という事ですよ?」

春香「テストでしょう!?」

岡村「ちなみに、国語の時は如月さんの『蒼い鳥』と書いた人は大勢居ましたが」

岡村「今回『乙女』と書いた人は一人も居ませんでした。参考までに」

春香「それ別にわざわざ言わなくても良いですよねっ!?」

矢部「ていうか先生この曲好き過ぎるでしょうw何回出てくるんですかw」

756 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 04:16:38.57
岡村「この問題は大体の人は合っていましたが~星井!」

美希「ん?なに?」

岡村「星井の答え。見てみましょうこちら!」

美希の答え『大志の嫁』

岡村「これはどういう事か説明してもらえますかー?」

美希「んーあぁ、大志って人の名前じゃなかったんだ」

美希「いや、大志を抱けってあったから、抱くのは奥さんかなーって」

岡村「おかしいでしょ!なんでクラーク博士のしょーもない下ネタが名言として後世に伝わってるんですか!」

岡村「おう、お前大志の嫁やろ?なに?最近大志とセ●クスレスやって?」

岡村「ガハハ、そういう時は自分からいったったらええねん!大志の嫁、大志を抱け!」

岡村「とはならないでしょう!?」

矢部「先生そんな小芝居挟まんでよろしいww」

岡村「ホンマ星井はそんな事しか考えて無いんやから」

美希「むーミキをエ●チな娘みたいに言わないでよー」

春香「っていうか美希、そう思って私の曲聞いてたの…?」

760 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 04:27:14.70
岡村「えー次は、各県がどの地方に所属してるかという問題ですね」

『島根県 三重県 群馬県 大分県 青森県 各県の所属する地方を答えよ』

岡村「この5つの県がどの地方に所属しているかですね」

岡村「これは全員出来るかと思ってたんですが、意外と全問正解の人は少なかったですね」

岡村「えーじゃあ雪歩の答え!」

雪歩の答え『(左から)中国地方 中部地方 関東地方 九州地方 東北地方』

岡村「ハイ、これが正解です。島根の位置を勘違いしている人が多かったですが」

岡村「島根は中国地方ですからねー覚えて帰って下さいよ」

岡村「…えーここに来て、イジリデビューをする方が居られます。その方はー」

岡村「あずささんっ!」

あずさ「あ、あらあら~///」

764 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 04:37:02.71
岡村「あずささんにとっては、この国はどの様に見えてるんでしょうか?」

あずさの答え『(左から)中国 九州地方 東南アジア 沖縄 北海道』

岡村「んんんっグローバル!」

あずさ「うふふ…お恥ずかしいです///」

岡村「島根県だけ一見合ってる様ですけど、これは中国地方という事ですか?」

あずさ「い、いえ~島根県って、日本にあるんでしたっけ?」

伊織「そりゃあるでしょ。いつから中国に日本の植民地が出来たのよ」

矢部「いや~意外ですねぇw地理が苦手とは言ってましたけど、ここまでとはw」

あずさ「覚えてもすぐに頭の中でバラバラになっちゃうんですよ~w」

766 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 04:45:09.93
岡村「でもですね~この答え、可愛く無いですか?」

あずさ「え?」

律子「たしかに、可愛いですね。これ位自由な発想をしてる方が、放っておけないって思いますよね」

岡村「そうですね~素敵だと思います。先生、ホントは正解にしてあげたいんですけど」

岡村「残念ながら、これはバツという事にさせて頂きます。ごめんなさい~」

あずさ「い、いえいえ当然だと思います」

美希「むーそりゃそうなの。これが正解なら何が間違いなのって感じだと思うなっ」

岡村「あぁ?何やこら星井こらぁ」

岡村「今正解不正解の話をしてるんじゃないでしょう?可愛いか可愛く無いかの話をしてるんです」

美希「テストの答えに可愛いも可愛くもないって思うな。それに全然可愛くないの。この認識は人としてヤバいの」

770 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 04:56:11.06
岡村「あずささんに対してそんな事を言うのはこの口ですか~?」グニグニ(頬を引っ張る)

美希「何ひゅるのー!ファニー以外にミフィの顔を触るのはゆるひゃないの!」ボカボカ

岡村「取り消しなさいー今の発言を」グニグニ

美希「その手を離ヘって言ってるのー!!」バッ!

岡村「今先生の手に手をあげたなコラァッ!」

美希「じょーとーなの!ボッコボコにしてやるの!」

オラァーーー! タアアーーー! ゴラアアアア! アマイノーーー! ドカスコバキポカッ

あずさ「み、美希ちゃん落ち着いて。先生に手をあげちゃ駄目よ~」ミキヲハガイジメニ

美希「フーッ!フーッ!」コウフン

岡村「フン。あずささんに感謝するんやな、星井」ボロッ

矢部「先生半泣きやないですかww」

774 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 05:08:49.67
岡村「えー気を取り直して、次の問題いきます」

矢部「先生メガネのフレーム曲がってるけどええんですかw?」

岡村「えー次は歴史の問題ですね」

『()の内の言葉を使って本能寺の変について簡潔に説明しなさい。
 (織田信長、明智光秀、裏切り)』

岡村「はい定番の論述問題ですね」

岡村「戦国時代の大事件。本能寺の変についてですが~真!」

真「ハイッ!」

岡村「真の答え、見てみましょうね。こちら!」

真の答え『明智光秀は自分の仕えている織田信長を裏切り、本能寺にて殺害した。この一連の事件の事を本能寺の変という』

岡村「ハイ正解。別に上手い文章ではありませんが、簡潔に答えれてますよ~」

真「やーりぃ!ありがとうございます」

779 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 05:17:46.11
岡村「真でもちゃんと答えた問題で間違えてたら恥ずかしいぞ~ハイ亜美!」

亜美「うぇ~亜美?」

岡村「亜美の答え、何て書いたんでしょうか~?」

亜美の答え『明智光秀は本能寺を裏切り、織田信長と手を組んで本能寺を買収した』

真「ふふふっw信長と組んじゃったよww」

岡村「なんやなんや~ちょっと前に流行ったМ&Aかぁ?」

岡村「本能寺は焼けてもうてるから買収しても何の価値もないですよー?」

亜美「だってそんな事知らないんだもーん!」

岡村「まぁでも亜美はまだ良いです。自分で考えた意志が見えましたから」

岡村「人間性に問題があるのはー響ぃ!」

響「だ、誰の人間性に問題があるんだ!」

781 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 05:26:29.26
岡村「響の答え!見てみましょうこちら!」

響の答え『本能寺の変には明智光秀と織田信長。そして裏切り。この3つのキーワードが大きく関係している』

岡村「それを答えろって言うとんねん!!」

春香「ふふふっwwたしかにこれは酷いww」

千早「何一つ説明してないわねww」

岡村「何や3つのキーワードが大きく関係してるて!そりゃそうでしょうが関係してなかったらそれキーワードちゃうし!」

響「で、でも間違っては無いだろ?」

岡村「お前はホントアホの癖にこうやって頭良さげに見せようとして…」

岡村「次やったら廊下でバケツ咥えたまま逆立ちしてもらうからな」

響「現代にあるまじき体罰だぞそれっ!?」

914 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 19:08:33.26
岡村「え~このように、明智光秀が誰を裏切ったのか、そこの所が分かって無い方が」

岡村「何名かいらっしゃいました。しかしちゃんと、織田信長を裏切ったんだと分かってる方も居ましたよ」

岡村「…やよい!」

伊織「あら、凄いじゃない、やよい」

やよい「えへへ、そ、そうかな…?」

岡村「やよいの答え。見てみましょうこちら!」

やよいの答え『織田信長を裏切り軍を抜けた明智光秀は、本能寺にて織田信長と再会する事となった』

真「ふふっwスポーツ漫画でありそうな展開だね」

920 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 19:15:20.80
岡村「何ですかこれはー?移籍騒動ですか?」

岡村「こんな貧乏で力の弱い事務所出て行ってやるのー!って言って出て行ったかつての同僚を」

岡村「何かのオーディションで、地道に力を付けた主人公側とぶつかる展開ですかー?」

岡村「そんなん絶対主人公側にぼっこぼこにやられますからねー戻らせて下さいって言っても許したらあきませんよー?」

美希「なんでその役が美希なの!美希はそんな義理の薄い女じゃないの!」ぷんすか

岡村「誰も星井とは言って無いだろぉ!」

岡村「良いですか、先生はこのクラスの皆の事を大事に思ってます。転校なんて誰にもして欲しく無い。勿論響も含めてです」

響「なんでわざわざ自分を分けて言ったんだ!?」

922 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 19:20:10.11
岡村「ハイ、次はサービス問題です」

『日本で一番高い山は?』

岡村「ハイこれは常識ですね。答えは勿論ーーーハイ真ぉ!」

雪歩「!」すっ

真の答え『富士山』

岡村「はい正解ですー雪歩も真を信用してあげて下さいねー」

真「ちょっと雪歩ぉ!」

雪歩「ご、ごめんなさい真ちゃん…」

923 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 19:26:12.79
あずさ「あぁっ……」アタマカカエ

亜美「あれあれ→あずさお姉ちゃん?」

真美「もしかしてもしかして→?」

岡村「えーあずささんの答え!見てみましょう、こちら!」

あずさの答え『アコンカグア山』

ざわざわ…… ざわ…… どよどよ

岡村「ハイ、ざわざわしない。ざわざわしないで下さいー」

亜美「いやー岡ちゃん先生さすがにこれは…w」

美希「これは流石に可愛いとか言わないよね?」

929 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 19:35:33.43
美希「外人さんでも言うの。スシーテンプラーフジヤマーって」

千早「ふふっww」

岡村「えー皆さん見て下さいね、このアコンカグア山。社会1位の雪歩、知ってるか?」

雪歩「い、いえ知らないです」

岡村「先生調べました。この山は~標高6,962メートルの南アメリカ大陸で一番高い山です」

岡村「アルゼンチンのアンデス山脈にそびえる山で1897年、イギリスのフィッツ・ゲラルド隊が初登頂に成功しました」

岡村「こんな山普通知ってます?」

律子「いえ、知らないですね」

岡村「そうですよねーこの山の事を知ってるって先生凄いと思います。凄い知識です」

美希「いやいや、問題は日本の山なの!こんなの不正解どころの話じゃないって思うな!」

岡村「今正解不正解の話をしてるんじゃないだろう!あずささんの頭が良いって話をしてるんだろうが!」

美希「日本で一番高い山間違えてるのに頭が良いって何なの!?」

矢部「ww先生結論への持って行き方が雑過ぎませんw?」

940 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 19:47:11.23
岡村「えー次の問題。各国の首都を答えなさいという問題ですね」

『中国 フランス イタリア オーストラリア の首都を答えよ』

岡村「これも全問正解してた人少なかったです。オーストラリアをシドニーって書いてる人多かったですね春香とか」

春香「う…」

岡村「ホント春香はこっちが一応掘っておいた位の気持ちの落とし穴にズボズボ嵌まるなぁ」

岡村「もっと注意力を持たないといけませんよー?」

岡村「えーそれではあずささんの答え!」

あずさの答え『(左から)北京・パリ・ローマ・キャンベラ』

岡村「ハイ正解です。流石あずささん」

あずさ「うふふっありがとうございます」

春香「こういう風な出題だと出来るんだね、あずささん」

伊織「北京の位置を指せとかだったら、北極とか指しそうな気はするけどね」

947 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 20:01:55.59
岡村「えー実はこの問題、一部で珍回答が続出しました」

岡村「その一部とは~春香の後ろの3人!」

真美「あちゃ→」 亜美「しまった→」 やよい「うぅっ」

岡村「年少組の答え、三人同時に見て行きましょうこちら!」

真美の答え『チョイニャ・プラダ・カルボナーラ・クァンガルー』

亜美の答え『黄竜・ルマンド・ペペロンチーノ・ウェストエリア』

やよいの答え『上国・パン・ナポリタン・ガスト』

950 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 20:09:07.70
岡村「ハイ全員全問不正解っ!」

春香「ぷふっwwwウェストエリアは好きだなww」

岡村「お前達みんなお腹空いてるんかー?揃いも揃ってスパゲッティの名前書いてー」

岡村「やよいも中国の首都が上国とか安易な発想しない」

岡村「そんで最後にファミレス行くなよ!そりゃパンもナポリタンもあるかもしれんけど…」

やよい「うぅっ…外国の事は全然分かんなかったです…」

響「あはははっw皆馬鹿だなぁ」

岡村「響も普通に全部間違えてましたからねーイジる程でも無かったので、イジりませんけど」

響「!?それならちゃんとイジって欲しいさー!」

??「っwwがははははっww」

春香「!?何っ?肖像画から声がっ?」

952 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 20:13:59.78
雪歩「な、何っ?怖いですぅ……」

千早「!………」わくわく

矢部「何やお前は!出てこい!」

バリーン!(肖像画を突き破る)

濱口「どわっはっはっはっはwwwww」

春香「あーーーっw!」

亜美「濱口だ→!」

真美「まさるだ→!」

ワイワイ ざわざわざわ ナ、ナンナノ? ハマグチダヨハマグチー! ハマグチキター!

岡村「え~皆さんにご紹介します、この岡村女子高等学校765の理事長、マサル・ハマグチェさんです」

濱口「うぃっすwwwお前達おもろいなぁwww」(ハマグチェの格好で)

956 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 20:22:02.48
矢部「お前かいw!」

岡村「え~これからは、ハマグチェ先生にも皆さんと一緒に授業に参加してもらおうと思います」

濱口「よろしくなっwww」

春香「よ、よろしくおねがいします」

響「う、うわー凄いな、あれが伝説のバカと呼ばれる人か…たしかにオーラが半端無いぞ…」

伊織「このテストに負けたらあれと並ぶという訳ね…恐ろしいわ」

濱口「いきてーいきてーwwクァンガルーwwwそんでルマンド買ってからガスト行こうwww」

真美「うわ→なんかめちゃくちゃ恥ずかしいんだけど///」

亜美「亜美も…///」

やよい「私も…///」

岡村「ハマグチェ先生はーホントは国語から入る予定でしたがー寝坊してこの社会からになりました」

濱口「それ別に言わんでええやろwwさっき中嶋にマジトーンで怒られたんやからww」

矢部「お前何をしとんねんw」

962 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 20:34:14.18
岡村「えー次にいきましょう。次の問題はちょっと難しかったかもしれませんね」

『TPP問題について簡潔に説明せよ』

岡村「論述問題です。皆さんも聞いた事がありますねーTPP問題」

岡村「今後の経済動向を大きく左右する事ですから、是非知っておいてもらいたいものです」

岡村「伊織の答え!」

伊織の答え『TPPとは、環太平洋戦略的経済連携協定(Trans-Pacific Partnership)の略であり
      例外品目を認めない、関税の撤廃を目指すものである。日本においては、関税を撤廃する事で
      農家等に出る悪影響も多いので、加入には慎重な判断が求められる』

岡村「ハイ正解です。良く出来ました」

濱口「はえー凄いなぁ。かんたいへいよー…何てw?矢部」

矢部「…………」

岡村「矢部さんに聞いても無駄ですよー矢部さんも1文字も覚えてませんからねー」

矢部「www」

963 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 20:40:44.91
岡村「まぁこの問題は出来てた人少なかったです」

岡村「輸出輸入で起こる問題、位の事は書いといてほしい所でしたがー…星井!」

美希「えーこれは出来なくてもしょーがないよ」

岡村「そういう問題とちゃいます。星井の答え、見てみましょうこちら!」

美希の答え『TPPというのは、最近若い女性の間で流行している所謂女子会の一種。
      各々が好きなお茶菓子とお茶を持ち寄って、話と味を楽しむ。
      しかし個人の好みによって、お茶菓子に不満が出る場合があるので、慎重に選ばなければならない』

966 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 20:46:50.93
岡村「誰がティーパーティの話をせえって言うたんや!!」バンッ!

千早「くふふっwww」

春香「wwwご、語呂は似てるけどねww」

岡村「なんやこの最後!お茶菓子に不満が出る場合があるので…って知るかぁ!そんなん別のもん食っとけや!」

美希「だって問題って付いてたから…」

岡村「無理矢理問題を作らなくて良いですー。なんやこの仲間内のちっちゃい問題!」

岡村「世界的な事なんですよ?これからの日本の行く末を左右する大事な事なんです!」

岡村「この問題の大きさをちゃんと理解してたのは…響ぃ!」

973 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 20:56:22.04
響の答え『TPP…それはこれからの地球、いや宇宙の未来さえ変えかねない、深刻な問題である。
     原発の問題や、それに伴う公害の問題、果ては貿易摩擦にも発展しかねない。
     これに伴い鳥インフルエンザや狂牛病といった、動物達への悪影響、環境汚染にも繋がってしまうので
     私達は身近な所からエコに取り組まなければならない。
     私達の未来は、私達が作っていくしかないのだから…」

岡村「なにを言ってんだお前は!!!」

春香「www律子さんもよく笑わずに全部読めるよねw」

岡村「お前全然これ文章が繋がってへんからな!何の問題かまったくわからへん!」

響「で、でもこれ位大きな問題なんだろ?」

岡村「もう見れば見る程ムカつくわー…とかテストの答えに二度と使うなよ!」

岡村「響、収録終わったらグラウンド20周」

春香「地味にキツいですねそれww」

9 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 21:20:46.60
岡村「ハイ次で社会ラストー!問題は短文作りですね」

『新撰組について括弧内の3文字を使って説明せよ(幕府・池田屋事件・京都)』

岡村「ハイ大河ドラマにもなってる、皆大好き新撰組の問題ですね」

岡村「皆さんもその内、出る事になるかもしれませんから」

岡村「こういう日本史の問題はしっかり抑えていただきたいものです」

岡村「それでは真の答え!」

真「ハイッ!」

真『新撰組は京都を中心に活躍した幕府の治安部隊である。
  潜伏していた尊王攘夷派の志士達を襲撃した、池田屋事件が有名』

岡村「ハイ正解ですー真は歴史は得意やねんな。男の子やもんな」

真「ハイッ…って!ボクはれっきとした女の子ですって!」

岡村「そんな真にご褒美にこれをあげよう。ほれっ」シュッ

真「なんですか?…コレ学ランのカラーじゃないですか!要りませんよこんなの!」

10 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 21:27:49.83
岡村「そうですね。新撰組は正義の味方の様なイメージを持ってる人もいるかもしれませんが」

岡村「幕府側の組織だったんですね。毎日が斬り合いの血生臭い日々を送ってた人達ですが…やよいの答え!」

やよい「あぅ…」

やよいの答え『新撰組は京都で池田屋というお店をやっていた人達。
       ある日幕府の人から、凄い賞を貰って事件になった』

岡村「料理人の集団ではありませんよ~」

濱口「がはははっwwwこの子は可愛らしいバカやねww」

岡村「なんですか~幕府の料理部門から三ツ星でも貰ったんですか?」

やよい「し、しんせんってかいてたので…」

矢部「発想力はええよねw」

12 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 21:35:54.63
岡村「やよいは新撰組を料理人の集まるグループだと思っていました~」

岡村「他にもこの問題出来た人居ますよね~?おっ真美出来たか!」

真美「えっ?う、うん!出来たよw!」

真美の答え『池田屋事件以来、新撰組は京都で知らないものは居ない組織となった。もちろん幕府でも』

岡村「勝手に後の話にするなよー!池田屋事件がどんな事件だったか教えて下さい」

春香「ww絶対これ幕府使うとこ無くなって、仕方ないから付け足したでしょw」

岡村「真美~この答えちょっと響っぽいぞ?気を付けろよ~」

真美「うん、ゴメンナサイ岡ちゃん先生」

響「自分っぽいからゴメンナサイってどういう事だ!」ぷんすか

※響る(動詞)アホの癖に頭良さげな答えを書くこと。誤魔化し。

13 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 21:42:56.07
岡村女子高等学校765の期末テストをいじっていこうのコーナー

ナレ「さぁ~答えイジりも折り返し!」

ナレ「意外な生徒が上位に来た理科をどんどんイジっていこう~♪」

理科 平均(71.6)

20 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 21:48:19.61
岡村「理科!出来た人っ!」

春香「ハイッ!」

伊織「………」スッ

美希「ハイなのっ!」

響「はいさいっ!」

真美「は→い!」

亜美「は→い!」

岡村「おぉ意外な子の手が上がりましたね。亜美、理科出来たか!」

亜美「うんっ理科は実験とかあって面白いもんね!」

岡村「真美っ真美は虫とかだけが友達やったもんな…」

真美「違うっ!現代っ子!」

春香「どんどんツッコミが簡略化されてくねw」

24 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 21:55:36.86
岡村「そんで響と美希も理科は出来たか」

響「うんっ!自分動物の事は誰よりも詳しい自信があるぞっ!」

美希「理科はベンキョーって感じがあんまりしないからね。ミキは好きだな」

岡村「え~それでは80点以上!二人居ます」

春香「来い来い来いっ!」

伊織「何気に春香まだ一度もこれで名前呼ばれてないわよね…」

岡村「一人はあずささんっ!」

あずさ「うふふ、ありがとうございます」

真「う~んあずささんは安定して高そうだな~」

亜美「さすが高いだけあるよね→」

岡村「もう一人は千早っ!」

千早「ありがとうございます」

春香「低いのに…w(ボソッ)」

29 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 21:59:50.25
亜美「なんだ→結局いつもと変わらない感じじゃん→」

真美「頑張ったのにね→」

岡村「え~それではこの教科の1位!90点以上が一人居ます」

響「!来たぞ来たぞ!」

伊織「何を喜んでるのよ。伊織ちゃんに決まってるじゃない」フフン

岡村「理科、第1位は~~~」

岡村「星井美希っ!!!」

伊織「なああああっ!?」

美希「やったのーーー!ミキがちょっと本気出せばこんなものって感じかな?」

32 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 22:05:16.27
伊織「ウソよっ!この私がこんなゆとりに負けるなんてっ!」

岡村「先生も驚きましたが、本当です。理科は星井が90点でトップです」

岡村「伊織はちょっと調子が出んかったか?80点いってなかったぞ」

伊織「なっ………」

岡村「ここまで良かった雪歩も理科は苦手やったか?70点いってなかったけど」

雪歩「う……生物の問題が多かったので…」しゅん

矢部「いやぁ理科はホント下克上が起きやすいですねぇ」

美希「~~~♪」

岡村「え~星井、喜んでるとこ悪いけど、こんなデータがあります」

35 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 22:09:51.21
岡村「そこに居られる~ハマグチェ先生」

濱口「お?なんやw?」

岡村「彼も、理科は大体上位3名に名を連ねています」

美希「」

濱口「おぅww俺も毎回理科はええんやw理科はおもろいからなww」

岡村「え~そういうデータがあるという事だけ、知っておいて下さい」

岡村「ちなみにハマグチェ先生は、このテストでV5を達成した事があります」

美希「うわ~…なんだかフクザツな気分になっちゃったの……」

40 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 22:21:33.68
岡村「それではいきましょう。え~まずは植物の問題から」

『(アブラナ・ユリ・マツ)括弧内の植物はそれぞれ単子葉植物・双子葉植物・裸子植物のいずれかである
 どの植物がどの分類にあたるか書きなさい(同じ答えを複数使う事は無い)』

岡村「え~これはいわゆる線結びクイズの様なものですね」

岡村「それでは星井の答えを見てみましょう」

美希の答え『(左から)双子葉植物・単子葉植物・裸子植物』

岡村「ハイ正解。色々見分ける方法はあるので、今度試してみて下さい」

岡村「…この問題ですが、先生が大っ嫌いな答え方をした生徒が居ました」(低いトーン)

岡村「………春香コラァッ!!!」

春香「!?な、なんでですかっ!私っ!?」

岡村「春香の答え、こちら!」

春香の答え『双子葉植物・双子葉植物・双子葉植物』

45 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 22:28:07.13
春香以外「……………………」(うわぁという空気)

春香「ほ、ほら!正解じゃないですか!アブラナ正解!」

岡村「先生こういう小ズルい点の取り方大嫌いです」

岡村「書いてあるでしょう?同じ答えを複数使う事は無いって」

春香「あ、そ、それは気付いてたんですけど………てへっ」コツン

岡村「これ先生ムカついたのでー全部不正解の上に5点減点にします」

律子「分かりました」シュッ(答案書き換え)

春香「ちょっとぉ!なんでですかぁっ!」

岡村「当たり前でしょー解いて無いんですから。それに春香は一応アイドルなんですから」

岡村「こんなズルい奴の歌聞いて誰が感動しますか?」

春香「うぅ…ごめんなさい~」ペコリ

48 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 22:37:52.65
岡村「次の問題。次は昆虫の問題ですね」

『昆虫の脚の数は基本的に□本である。空欄を埋めよ』

岡村「ハイこれは簡単な問題ですね、亜美の答え!」

亜美の答え『6』

岡村「ハイ正解です。カブトムシもクワガタも皆、脚は6本ですね」

岡村「脚はこの様に胸部に6本とも付いてますね~」カッカッカ(イラストを書く)

岡村「え~この問題………雪歩ぉ!」

雪歩「ひぃっ……」

真「お~とうとう雪歩も来たねっw」

真美「まこちんめちゃ喜んで無いw?」

雪歩の答え『18』

49 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 22:42:41.54
岡村「多い多い多いよ~!カブト虫にそんなに脚あったら気持ち悪いでしょうっ?」

雪歩「む、虫の事は苦手で、全然分かんないんです~」

岡村「雪歩が言うてる昆虫はこういう事ですからね」カッカッカッ(脚18本あるカブト虫を書く)

亜美「うわっグロッww」

真美「絶妙に気持ち悪いねww」

濱口「雪歩、雪歩、多いよーwww」

雪歩「………」イラッ

春香「濱口さんめちゃくちゃ楽しそうですねww」

54 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 22:55:07.47
※絵問題なので想像力を働かせて下さい

岡村「えー次の問題は、恒例のイラスト系問題ですね」

『ワニ・カマキリ・ニワトリ この三つの生物の成長の過程を四角内に書きなさい』

岡村「響の答え!」

響の答え『めちゃくちゃ上手いのを想像して下さい』

皆「お~~~」

岡村「はいこれ全部正解です。大正解、響にも特技はあるんですね」

響「響にもってなんだ!自分は何をやってもカンペキさー!」

濱口「でもホント上手いなぁこれ。飼ってたりするん?」

響「うん!ワニ子とは今一緒に住んでるぞ!」

濱口「ぶははwwwワニと一緒に住める訳無いやろwww」

岡村「響ーハマグチェ先生はアホやからウけてるけど、響にそんなボケは要りませんからねー」

響「ほ、本当なんだってば!」

57 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 23:04:21.49
岡村「一方、貴音の答え~」

貴音の答え『鳥獣戯画風のイラスト』

貴音「…?はて、間違っていましたでしょうか?」

岡村「いや正解ww正解やけどお前これどうやって書いたんやww」

亜美「シャーペンでは有り得ない味を出してるよねww」

岡村「続いて、雪歩の答え!」

雪歩の答え『えらくファンシーなイラスト』

雪歩「ま、間違ってますかぁ?」

岡村「間違ってるっていうかな…wwなんでカマキリに天使の羽みたいなのが生えてんねんw」

真美「ワニも絶対このワニに噛まれても無傷でいれるよw顎の力弱そうーww」

59 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 23:12:46.13
岡村「ハイ、次は植物の問題ー」

『雄蕊(おしべ)からでる花粉が、めしべのの先端につく事を何というか?』

岡村「ハイ、この問題。大体皆出来てましたよ~やよいの答え!」

やよいの答え『受粉』

岡村「ハイやよい正解~」

やよい「うっう~やりましたっ!」

62 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 23:18:56.66
岡村「おしべから出る花粉が~めしべの柱頭に付着する事で、新たな命が産まれる訳です」テクテク

岡村「君達も~君達のお父さんとお母さんが受粉した事によって、産まれたんですよぉ」テクテク

春香「ちょっww何を言ってんですかww」

岡村「時にやよい、やよいの家は兄弟が多かったですよね?何人でしたっけ?」

やよい「えっ?わ、私を入れて5人ですけど…」

岡村「という事は~やよいのお父さんとお母さんは最低5回は受粉してるという事ですね」

やよい「……///」

伊織「やよいにセクハラしてんじゃないわよ!」ゲシッ

岡村「おうふっ!」

矢部「そりゃ蹴られるわww」

65 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 23:28:36.16
岡村「次は天体の問題ですね。これは新傾向でした」

『月の表面にある複数の穴の事を総称して、何と呼ぶ?』

岡村「月の問題ですね。これの名前を付けたのはガリレオだとされています」

岡村「えーそれでは星井の答え」

美希の答え「クレーター」

岡村「正解ークレーターですね。天体衝突等によって作られたと言われています」

岡村「真の答え!」

真の答え『デコボコ』

岡村「ハイ不正解ですーもうちょっと頭よさげな名前をつけてあげましょうねー」

真「ぐ…///」

濱口「俺はシンプルでええと思うでwww」

74 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/24(土) 23:42:18.90
岡村「えーこの穴に素敵なオリジナルの名前を付けてくれた方が沢山いました」

岡村「ここもテンポよくツッコんでいきますよ~」

亜美の答え『トラップ』

岡村「誰に対してのや!宇宙飛行士の人しかおーとっととはならへんやろ!」

真美の答え『じゃがいも』

岡村「言いたい事は分かるよー真美はじゃがいもが主食で生きてるもんな」

真美「生きてない!お米!」

響の答え『ムーン穴』

岡村「穴の英語が分からんならムーン言うなやアホ!」

貴音の答え『住処』

岡村「すみかって誰のや!結構大きい穴やけど雨風は多分凌がれへんで!」

貴音「いえ、そうではなくその下に…!これはとっぷしーくれっとでしたね(ボソリ)」

やよいの答え『うす』

岡村「うさぎと餅つきってか!可愛いなぁ!」

91 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 00:14:34.92
岡村女子高等学校765の期末テストをいじっていこうのコーナー

ナレ「さぁとうとう最終科目~」

ナレ「最後まで勢いを緩めずラストスパートで英語をじゃんじゃんイジっていこう~」

英語 平均(61.8)

94 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 00:22:22.77
岡村「さぁとうとう最後の英語!自信のある人っ!!」

春香「ハイッ!」ピンッ! 響「はいさいっ!」ピンッ!

真「はいっ!」ピンッ! 雪歩「は、はい!」ピンッ

やよい「はいー!」ピンッ 伊織「はい」スッ

亜美「はい→!」ピンッ 真美「はい→!」ピンッ

美希「はいなのっ!」ピンッ 貴音「はい」ピン

岡村「おーとうとう全員上がりましたね」

岡村「良いですよ良いですよ~何度も言いますけど、笑いは振り幅ですからねー」

岡村「何人かはよく上げたなコイツって人も居ますけどーそれは無視して勢いでいきますよ!」

岡村「やればできるー!きっとー!ぜったーい」

皆「私ナンバワーン!!!」

矢部「だからそれ語呂悪いですってww」

100 : >>94訂正 : 2012/03/25(日) 00:32:43.05
岡村「さぁとうとう最後の英語!自信のある人っ!!」

春香「ハイッ!」ピンッ! 響「はいさいっ!」ピンッ!

真「はいっ!」ピンッ! 雪歩「は、はい!」ピンッ

やよい「はいー!」ピンッ 伊織「はい」スッ

亜美「はい→!」ピンッ 真美「はい→!」ピンッ

美希「はいなのっ!」ピンッ 貴音「はい」ピン

千早「はい!」ピンッ あずさ「はい~」ピンッ

岡村「おーとうとう全員上がりましたね」

岡村「良いですよ良いですよ~何度も言いますけど、笑いは振り幅ですからねー」

岡村「何人かはよく上げたなコイツって人も居ますけどーそれは無視して勢いでいきますよ!」

岡村「やればできるー!きっとー!ぜったーい」

皆「私ナンバワーン!!!」

矢部「だからそれ語呂悪いですってww」

102 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 00:33:58.45
岡村「えー英語!英語は出来る人と出来ない人の差がはっきり現れましたね」

岡村「英語90点以上!………如月千早っ!」

千早「!ありがとうございます」

岡村「如月さんは英語の歌詞を歌う事も多いですからね、勉強熱心なのは良い事です」

千早「歌詞の意味を理解してないと、気持ちはこめられませんから」

岡村「いや~流石ですね。聞いたか春香ぁ!」

春香「わ、私だってちゃんと気持ち込めてますよ!」

岡村「そしてもう一人90点以上…というか、100点が出ました」

ざわざわざわ エエ~ スゴーイ! マンテンダヨマンテン!

岡村「100点満点で英語1位を取ったのは………水瀬伊織!!」

伊織「にひひっwま、当然よねぇ」サラッ

やよい「伊織ちゃんスゴーイ!!」

亜美「さっすが伊織ん!」

109 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 00:41:48.37
岡村「伊織、おめでとうございます。先生も嬉しいです」

岡村「ただ~そんな伊織とは対照的に零点が居ました」

ざわざわざわざわ どよどよどよどよどよ

真「ほ、本当ですか?れ、零点?」

響「じ、自分じゃないよな!」

岡村「先生言いましたよね。名前を書き忘れたら零点になるから」

岡村「名前だけはしっかり最初に書いときなさいって」

岡村「零点の人の名前欄…こちら!」

??の名前欄『Futame Mame』

??の名前欄『Futame Ame』

116 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 00:48:13.72
亜美「」

真美「」

真「…………」ほっ

響「…………」ほっ

岡村「お前達あっ!!!」

濱口「ぶわっはははははwwwあひゃははははひーww」

亜美「は、濱口に笑う資格は無いよ!」

真美「そ→だよ→!ハマグチェ→!」

岡村「心配しないで下さいー同レベルですー」

春香「wwwこ、これホントに零点になるんですか?」

岡村「そうしたい所ですがー先生も鬼では無いので、収録後に響と一緒にグラウンド10周で勘弁してあげます」

響「なんで自分までっ!」

岡村「あ、響は20周ですからね。勘違いしないように」

響「だから何でだっ!?」

118 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 01:03:10.86
岡村「全く、変にローマ字で書こうなんて色気を出すからこういうミスが起こるんです」

亜美「うぅ…ゴメンなさい」

真美「うー…ゴメンなさい」

春香「しかも全く同じミスってのが凄いよねw流石双子w」

岡村「えーまずは英単語の問題ですね」

『次の日本語を英語に訳しなさい
 1.世界 2.夢 3.子供 4.舞台』

岡村「えーこれらは全て、君達のCD『CHANGE!!!!』からの出題です」

岡村「何個ビックリマーク入れとんねんって感じですけどね」

春香「それは別にいいじゃないですか」

岡村「伊織の答え。伊織は満点ですから勿論正解ですよ」

伊織の答え『1.world2.dream3.child4.stage』

岡村「ハイ正解です。どれも簡単な英単語ですね」

122 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 01:12:04.58
岡村「こんなもん当然皆正解してくれると信じてました」

岡村「信じてましたが……響!」

響「う……」

岡村「響の答え、見てみましょうこちら!」

響の答え『1.word2.dam3.chid4.dancebox』

127 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 01:23:16.18
岡村「足りない足りなーい!全体的にたりないよー!」

伊織「うわぁ…英語のアホって絶妙に笑えない空気になるわね…」

春香「世界からlを取ったら、言葉になるんですね」

真美「なにそのちょっと感動系のCMみたいなのw」

岡村「何や響の夢はダムか?ダムを作るのがお前の夢なんか?」

響「ち、違うぞ…むしろダムは自然を壊すから敵さー…」

岡村「沖縄にはアメリカ人いっぱい居るんやから、英語は勝手に出来る様になるんと違うんか?」

響「ふ、普通の人はそんなに日常的に話す訳じゃないぞ…」

岡村「お前ホントに沖縄出身なんかー?実は港区なんちゃうか?」

響「なんてこと言うんだ!自分は生粋のうちなーんちゅさ!」

伊織「この状況では沖縄の人もそれ言ってほしく無いでしょうね…」

130 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 01:29:03.36
岡村「えー続いて、真の答え」

真「ええっ!ボクちゃんと書いたと思うけどなぁ…」

春香「その台詞もう今日何回目なのw?」

岡村「真の思う、世界、夢、子供、舞台はどうなっているんでしょうか?」

真の答え『1.mazya2.drum3.Mrchildreen4.dancebox』

146 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 01:36:39.46
岡村「キてるよキてるよー!真もキてるぅー!」

雪歩「真ちゃん……」

岡村「雪歩ーその目は止めてあげて下さい。真が泣いてしまいますよーw」

真「うぅ……」

伊織「ていうかダンスボックスってのは何なの?アホ回の共通語なの?」

濱口「一回ミュージシャン挟んだよねwww?」

岡村「真ーなんや?お前はドラムやりたいんか?何やったら先生からPに言ったるで?」

真「別にやりたくないですよ!」

岡村「ハイー真ももっとマジャになる事を目指して頑張って下さいねー」

伊織(あ…メジャーって書きたかったのね。無駄に難解な…)

151 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 01:50:12.00
岡村「えー次は毎回名作の産まれる、英文和訳のコーナーです」

『I want to be a top idol この英文を和訳しなさい』

岡村「~になりたいという構文のシンプルなものですね」

岡村「え~この問題は春香に答えてもらいましょうか。春香の答え!」

春香「私はトップアイドルになりたいです」

岡村「ハイ正解。これは間違える訳にはいきませんよね?」

春香「ハイ!私達の夢ですから!」

岡村「しかし~この中にそんなにはトップアイドルになりたくない子も居ました」

岡村「…やよいの答え!」

やよいの答え『私はBかAかトップかのアイドルになりたい』

154 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 01:58:04.05
岡村「妥協しないで下さい~!やよいはもっと向上心を持って下さいね」

やよい「うぅっな、なんかおかしいなとは思ったんですけど…」

岡村「B級アイドルで妥協しては駄目ですよ~そんなんではいずれ紗理奈みたいになりますからね~」

岡村「岡女765の皆には、皆揃ってトップアイドルになってほしいと思います」

岡村「しかしやよいは、~になりたいという事は分かってました」

岡村「全然何一つ、自分の職業さえ分かって無かったのは…貴音!」

貴音「何を仰います、先生。私の職業はあいどる。きちんと理解していますよ」

岡村「見てみましょう。貴音の答え!」

貴音の答え『私はあの熊と井戸が一番欲しい』

164 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 02:05:24.91
響「ぶふっwww」

春香「何これ何これww?どこから熊と井戸がww?」

貴音「はて…これでは無かったのですね」

岡村「先生頑張って理解しようとしました。なんでこんな文章になったのか」

岡村「まず熊これは恐らくですけど…be aでベアーだと思ったのではないかと」

春香「wwwなる程ww」

岡村「で、井戸はもっとシンプルにidolが井戸だという事ではないかなーと」

濱口「分かるわーwwwあれは井戸だよなwww」

岡村「皆が頑張って、アイドルマスターを目指してるのに~」

岡村「貴音は一人だけ、井戸マスターを目指してました。井戸マスターって何や!!!」

矢部「ww先生ノリツッコミヘタクソですよねww」

166 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 02:13:29.29
岡村「オイ貴音~勘弁してくれよ~貴音はもっと出来る子だと思ってたぞ?」

貴音「申し訳ございません。どうにもまだカタカナ語は勉強中でして…」

岡村「こんなん取り出したら、ホント貴音はキリが無かったですからね」

矢部「ここまで良かったのになぁ英語はアカンねや」

濱口「英語はいっちゃん難しいからな~ww」

岡村「ここでもう次に行きたい所ですが………亜美ぃ!いや雨ぇ!」

亜美「wwいやいや亜美で合ってるよww」

岡村「亜美の答え、見てみましょうこちら!」

亜美の答え『1ウォンで渡米とトップアイドルに会えますか?』

172 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 02:20:02.13
千早「え………?ウォン?渡米?」

岡村「もっかい確認しておきますよー」

岡村「問題は、I want to be a top idolですからね」

雪歩「あ、あぁ。それで合ってるんですよね?私違うページ見てるのかと」

岡村「これは先生苦労しました。wantがウォンで、to beが渡米だとして」

岡村「どっから1が出て来たのか」

岡村「そして分からずにちょっと目を離して見た結果……頭にIがあるのに気付きました」

春香「まさかwww」

岡村「これまさか…I(アイ)を1(いち)と読んだのではないだろうかと」

春香「うわぁww怖いw怖いよぉww」

175 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 02:26:21.21
岡村「亜美ぃ!!!」

亜美「は、はい」

岡村「Iやぞ?私やぞ?英語の基本中の基本や!お願いやから数字とアルファベットの区別は付けてくれよ~」

亜美「あ、あはは…か、形が似てたから?」

濱口「分かるわーwww形そっくりやもんなwww」

岡村「亜美、しっかりせなこんな大人になってまうねんぞ?嫌やろ?」

岡村「分かったら、ちゃんと文字は形とかじゃなくて、ちゃんと文字として認識しような?」

伊織「これ何の授業なのよ…」

岡村「えーちなみに、1ウォンというのは韓国の通貨で0.08円に値します」

真「0.08円ってww」

179 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 02:40:13.92
岡村「1ウォンではどんな航空機関行っても、アメリカまでは連れてってくれませんからね~」

岡村「そんでおまけにトップアイドルにも会わせて貰おうなんてムシが良過ぎます」

岡村「先生だってお金積んで会わせてもらえるなら結構な額出しますよ!」

矢部「先生要らん事言わんでよろしいw」

岡村「ハイもう次行きますよー次は文法の問題ですね」

『次の不規則動詞を過去形に直しなさい 1.hA●e2.can3.go 』

岡村「普通の動詞は過去形にする時にedを付けますが、不規則動詞はそれでは駄目なんですね」

岡村「如月さんの答え」

千早の答え『1.had2.could3.went』

岡村「ハイ正解です。これはよく使う動詞なので覚えておいてほしいですね」

181 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 02:46:00.41
岡村「えーしかしこの問題も出来てない人、それなりに居ました」

岡村「一斉に見て行きましょう、こちら!」

やよいの答え『1.ham2.candle3.went』

真美の答え『1.hA●eend2.canend3.goend』

響の答え『1.has2.cans3.goes』

春香の答え『1.had2.caned.3.went』

187 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 02:52:44.24
※答えは律子が一人ずつ読み上げてます。

岡村「もうイチイチ言いませんよ。言いませんけど、春香ぁ!」

春香「wwじ、自分でもまさかここで出るとはw」

岡村「ケアレスケアレス言ってましたけど、これはもうガチかも分かりませんねぇ」

春香「う、うっかりですってうっかり、こういう風に聞かれるのが懐かしくて逆に!」

濱口「俺やよいちゃんの答え好きやわーwwwハム!キャンドル!正解!」

やよい「///」

岡村「濱口、お前キャンドルって日本語で言うと何か知ってんのか?」

濱口「えっ?何やろ?………ちょうちん?」

真(…絶対濱口さんよりはマシだ、皆)

195 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 03:09:02.98
岡村「えー次は一問目の逆バージョンですね。英単語を日本語に直す問題」

岡村「これも君達に馴染みのあるものから出題しましたからね?」

『1.brother2.love3.future4.change5.producer』

岡村「ハイこの5つ。どれも難しいものではありませんね」

岡村「ハイじゃあ伊織の正解、見てみましょう」

伊織の答え『1.兄2.愛3.未来4.変化5プロデューサー』

??「「げ……」」

岡村「今何人かのげ…という声が聞こえましたが、これが正解です」

岡村「ちなみにーこの5問目は、君達のプロデューサーさんからの希望での出題でした」

岡村「それに対して、皆さんは何て答えたんでしょうか」

197 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 03:16:03.86
岡村「ハイまずは響ー!」

響「な、なんでまた自分からなんだ…」

岡村「言うとくけど響、びっくりする位英語出来てなかったからな?」

岡村「イジりにくいのも多かったから、そんなにはイジらんけど…」

響「イジりやすさ優先で答え書いてる訳じゃないぞ!」

岡村「ハイ、響の答え、見てみましょうこちら!」

響の答え『1.ブローチ2.ロブ(テニスの)3.普通4.変わる5.プロドルサー』

200 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 03:24:28.96
岡村「ヤバいぞヤバイぞ響ー!プロドルサーさんがこっち見てるぞー!」

P「……………」(笑顔)

響「ゴ、ゴメンなさい、プロデューサー……」

春香「wwなんなのwプロドルサーってww」

濱口「プロドルサー猿!放送中www」

矢部「ゴルファーやろw濱口さん自由にボケたらアカンてww」

伊織「ていうか他も大概ヤバいわよ…ラブが分からないって、響はいつも何を考えて歌ってるのよ」

岡村「(テニスの)とかつけて、こっちが勘違いしない様に配慮してる感じがムカツクわー」

岡村「お前間違うとるからな!ロブはlobやし」

響「……………」ウナダレ

203 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 03:31:04.67
岡村「ハイ、響が撃沈した所で次にいきますよ~」

岡村「次にPさんの中の評価を下げてしまうのは~」

岡村「亜美真美!」

亜美「うわ→」あちゃー

真美「やっぱり→」あちゃー

岡村「二人の答え、同時にオープンします。こちら!」

亜美の答え『1.ブラジャー2.ラブ3.フチュレ4.チャンゲ5.プロドゥカー』

真美の答え『1.ブラジャー2.ロベ3.府中4.チャンゲ5.プロドレッサー』

208 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 03:41:30.23
岡村「アカンアカーン!プロドゥカーさんもしくはプロドレッサーさんから笑顔消えたぞー!」

P「……………」(真顔)

亜美「に、兄ちゃんごめーん!」

真美「わ、悪気は無いんだよ→!」

岡村「ん?兄ちゃん?」

春香「あぁ、亜美真美はPさんの事をそう呼んでるんですよw」

岡村「…という事は」

岡村「アカンアカーン!ブラジャーさんの額に青筋が出てるでー!」

真美「ちょww」

亜美「岡ちゃん先生やめてよww」

岡村「これは次のライブ亜美真美はバックダンサー決定ですねぇw」

212 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 03:49:00.64
岡村「ていうかな、二人共日本語に無い言葉を書いてそれでオッケーにしたらアカン」

岡村「フチュレやらチャンゲやら、そんな言葉は日本語に無いやろ?」

亜・真「ごめんなさーい」

岡村「和訳せえって言うてんねんから、ラブもそのまま放置しない。△はあげるけど」

矢部「二人に対してはホンマに先生みたいになりますねw」

濱口「俺はチャンゲって言葉は好きやけどなwww」

濱口「チャンゲい~まは~回るせ~か~いwww」

千早「くふっwww」

美希「ていうかたまに亜美真美、本番でもチャンゲって言ってる気がするの」

214 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 03:56:00.04
岡村「………」あっ

岡村「え~皆さんご存知の通り、真美の家は複雑です」

真美「またそれ!?」

岡村「ラブを亜美が答えれて、真美が答えれなかった事これは」

岡村「真美が亜美に比べて、愛というものを知らないからに他なりません」

岡村「だから岡女765の皆で真美に愛情をあげて、教えてあげような」ニッコリ

真美以外「…………」コクリ(慈愛に満ちた笑顔で)

真美「知ってるから!貰ってるから!」わたわた

216 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 04:02:17.28
岡村「ハイこの単語和訳問題、トリを飾るのはー……真ぉ!!」

真「くはぁ…なんとか逃げ切れたと思ったのに…」

岡村「逃げ切るてなんや逃げ切るって」

岡村「問題はこちらでしたねー1.brother2.love3.future4.change5.producer」

岡村「真の答え、見てみましょうこちらっ!」

真の答え『1.ブレザー2.愛3.未来4.挑戦5.プロパンガス』

223 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 04:08:53.52
岡村「アカンアカーン!プロパンガスさんガス漏れしてはるー!」

P「…………」(ニッコリ)

濱口「プロパンガスwwwこれはすげーなwww」

矢部「パンガスはどっから持って来たんかなww?」

春香「なんか真の答えは他とちょっと一線を画するよねww」

伊織「普通にチェンジをチャレンジと間違えてるとこも、ガチ度高いわ」

真「な、なんだよガチ度って!」

岡村「先生はブレザーも好きですけどね」

岡村「アメリカ人言いそうじゃないですか。ヘイ、ブレザー!って」

亜美「ヘイ、ブレザーwww」

真美「ど、どんなあだ名www」

227 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 04:16:09.82
岡村「えーそれでは、ここで皆の回答を使って」

岡村「各々、いつもお世話になってるプロデューサーさんにお礼を言って下さい」

あずさ「回答を使って、というと?」

岡村「この5問目に書いた事の後に、ありがとうと言って下さい、という事です」

真「ちょっ!マジですかっ?」

岡村「マジですーそんな嫌がる事では本来無いハズですよ?」

岡村「答えはプロデューサーだったんですから」

岡村「さぁ、春香から向こうに居るPさんに向かって!」

229 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 04:24:32.54
春香「プロデューサーさん!いつもありがとうございますっ!」ニコッ

やよい「プ、プロンドカーさん。か、感謝してますっ!」

亜美「ブラジャーちゃん!いつもありがとね→!」

真美「ブラジャーちゃん!遊んでくれてありがと→!」

美希「ハ… バタッ

貴音「ぷろどくたーどの、感謝致しております」

伊織「プロデューサー、少しは感謝してあげてもいいわよ?」

響「プ、プロドルサー!いつもありがとうさー!」

真「プロパンガス!感謝してまっす!」

雪歩「プロデューサー、いつもありがとうございますぅ」

千早「プロデューサー、ありがとうございます」

あずさ「プロデューサーさん、いつもありがとうございます」

P「……………」(複雑な表情)

238 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 04:46:32.97
岡村「いや~良かったですね。感動的でした」

岡村「ウチの中嶋もこれ位皆から尊敬される人になってほしいものですねぇ」

中嶋P「www」

真美「ていうかお姫ちんプロドクターって書いてたのw?」

亜美「それただの医者だよねww」

岡村「はい次の問題、次は英作文ですね」

『「彼は宗教の理由で牛肉を食べない」左の文を英訳せよ』

岡村「これはちょっと難しかったかもしれませんね、正解したのは伊織と如月さんだけでした」

岡村「伊織の答え!」

伊織「He doesn't eat beef because of his religion」

岡村「ハイ正解です~becauseの使い方がポイントですね。宗教を意味するreligionもよく知ってました」

242 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 04:57:03.72
岡村「え~それでは、やよいの答え、見てみましょうこちら!」

やよいの答え『He not eat milk meet soreha god teach』

濱口「ミルクミートwww食いてえww」

春香「それは、って言っちゃったねww」

岡村「頑張ったな~一生懸命書こうとしたというのは、凄く分かります」

やよい「ごめんなさい…なんで、って言うのがどう言うのか分らなくて…」

岡村「良いですよ~知ってる単語を増やしていけば、いずれは出来る様になります」

岡村「しかし~そんな努力を完全に嘲笑った人がいま~す」

岡村「……ひーびーきー!」

245 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 05:02:26.42
響「……………」ガックシ

亜美「また響んw」

真美「マジでケッコ→やばいんじゃないの~?」

岡村「響の答え、見てみましょうこちら!」

響の答え『He doesn't like beef』

253 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 05:14:14.30
春香「短いwww」

岡村「略したなー!略し過ぎ!宗教上の理由はどこにいった~?」

岡村「何や?コイツは牛肉が嫌いやから、宗教上の理由って嘘ついて食わんかったんか?」

響「そ、そうだぞ!」

岡村「そうだじゃないでしょー勝手に彼の人格を改竄しない!」

岡村「ハイ次はーー貴音の答え!」

貴音の答え『He is not usi is hotoke no osie』

岡村「もう後半諦めたやろ!」

貴音「…申し訳ありません」

濱口「ホトケの教えwww」

269 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 05:54:01.85
岡村「ハイハイ、それじゃあいよいよやって来ましたよこの時間がー!」

岡村「結 果 発 表のお時間ですっ!!!」

ウワー イヨイヨカー イヤダーキキタクナーイ!キキタクナーイ!

岡村「今迄の答えいじりで~なんとなく皆さん見えて来ては居るんじゃないかなーと思います」

岡村「薄々あの子じゃないかなー?多分あの子でしょー?と」

伊織「私の中では三人に絞られてるわね」

岡村「ウフフフちょっと聞いてみたいですけど、あえてここは聞かないでおきましょう」

276 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 05:58:18.03
岡村「それでは行きますよー!まずはAクラスもAクラス!第1位の発表です」

岡村「言うならば勉強出来るマスター、デキマスですね!」

矢部「何でここに来て新しい称号作ったんですかw」

岡村「誰もが取りたい第1位は………」

春香「…………」ギュッ(手を組む)

響「いや、絶対春香では無いと思うぞ?」

春香「わ、分かんないでしょ!総合得点なんだから」

伊織(国語があぁで英語がこうだから、ライバルは…)

千早「…………」

岡村「デキマスはぁ………如月千早!!!」

280 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 06:03:37.12
千早「…………」ほっ

春香「えー?ホントですかー?」

伊織「…まぁ千早じゃあ仕方ないわね」

岡村「如月さんもっと喜んで良いんですよ?1位なんですから。デキマスですよ?」

千早「ス、スミマセン。どんな事を言えば良いのか分からなくて…」

千早「や、やったぁ?///」

岡村「良いですね良いですねw可愛いですよーw」

如月千早
国語72数学98社会87理科88英語94計439
千早は最初の国語が少し足を引っ張ったものの、残りの4教科で軒並み高得点をマーク。
安定した強さで見事岡女765トップの栄冠を掴んだ。
稀代の歌姫は頭も良かった!おめでとうちーちゃん!

283 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 06:09:53.78
岡村「次は第2位です!準優勝に輝いたのは~~」

春香「来い来い来い来い来いっ(小声)」

伊織「…………」

岡村「水瀬伊織っ!!!」

伊織「まっ当然よねぇ」サラッ

やよい「す、すごーい伊織ちゃん!」

水瀬伊織
国語88数学86社会84理科79英語100計437
伊織の最大の武器は勿論岡女765唯一の満点を叩き出した英語。
他の教科でも安定して高得点を取ったが、理科の79点が響いて2点差で栄冠を逃した。
それでも15歳でこの結果は見事だぞいおりーん!

287 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 06:19:29.79
岡村「どんどん行きますよー?第3位は…萩原雪歩っ!!」

雪歩「や、やりましたぁ…」

萩原雪歩
国語90数学82社会88理科65英語85計410
今日ずーっと先生に怯えていた雪歩だけど、点数の方は社会のトップを筆頭に
かなりの高得点をマーク。苦手の理科さえ克服すればトップも狙えただけに惜しいっ。
それでもトップ3に入った雪ぴょん。今日一日の感想は~

雪歩「え、えっと…ず、ずっと緊張のしっぱなしでしたけど」

雪歩「が、頑張って良かったです。えへへ…」ニコッ

岡村「よう頑張ったなぁ雪歩。先生努力家な子は大好きですよー」

291 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 06:27:06.32
岡村「そうこう言ってる内に次は第4位。もう次でAクラス最後やぞー」

岡村「………春香ぁ!」

春香「………ハ、ハイ」

矢部「www初めて天海さんの返事が鈍った」

岡村「春香は委員長やろ?しっかりせなあかんでホンマ。とはいえ!」

岡村「まだまだ次まではAクラス。ここに入れば面目は保ったと言えるでしょう!」

春香「そ、そうですよね!それで4位はわた…

岡村「第4位は三浦あずさっ!」

春香「」

294 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 06:34:11.84
あずさ「あらあら~なんとか最年長の面目は保てたかしら?」

三浦あずさ
国語84数学92社会62理科82英語88計408
あずささんの成績も、雪歩と同様に弱点の一教科を他の教科でカバーした形。
何度も天然な回答で笑いを取った上に点数も高いとは凄いぞあずささ~ん!

岡村「いえいえ素晴らしいと思います。番組的には凄くおいしい位置だと思いますよ」

あずさ「ウフフ、ありがとうございます。見ているかもしれない運命の人に幻滅されては困りますもんね」

296 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 06:40:55.04
岡村「さぁさぁ次からは第5位!Bクラスのトップに入るのは~~」

春香「や、やっとここで私ですか参ったな…」

岡村「四条貴音ぇっ!!!」

貴音「五番ですか。まずまず、と言った所ですね」

春香「」

伊織「なんで春香が委員長になってたのかしら…」

四条貴音
国語98数学83社会74理科72英語52計379
貴音は53点の英語が大きく足を引っ張ったが、それ以外は70点以上でまとめ
98点の国語で大きく順位を引き上げた。
結局謎は殆ど明かされなかったが、銀の王女は知性も兼ね備えていたっ!

岡村「貴音もよく頑張りました~英語だけもっと勉強しとこうな」

貴音「はい。精進致します」

298 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 06:47:10.19
岡村「6位は天海春香~」

天海春香
国語86数学62社会75理科72英語73計368
岡女765の委員長は国語こそ4位につけたものの、後の教科は軒並みぱっとしない
良くも悪くも無い平均的な結果に。数学の62点が響いて結局結果はギリギリ半分以上。
まぁとりあえず、今日一日お疲れ様っ。

岡村「春香~お前はもっと出来る奴やと思ってたぞ~先生残念です」

春香「ううぅ…ごめんなさい~」ずーん

伊織「しかも6位ってまた中途半端な…どーせなら9位くらいまでいけば面白かったのに」

真「まぁ春香らしいといえば春香らしいよねw」

301 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 06:53:33.64
岡村「さぁて!ここまでで~丁度半分です。まだ呼ばれてない人手を挙げて~」

美希「はいなの」スッ 亜美「は→い」ピンッ 真美「は→い」ピンッ

やよい「うっうー……」スッ 響「はい…」スッ 真「……はい」スッ

岡村「居るぞ居るぞ~?この中にバカマスが~」(指し棒でグルグル)

岡村「まぁ残った顔を見れば、そうだろうなって感じはしますよね」

矢部「そうそうたるメンバーが残ってる気がしますねw」

岡村「さぁこの負の集団からイチ抜けする、第7位は~~~」

岡村「星井美希っ!!」

308 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 07:00:42.48
美希「…ちょっとだけほっとしたの」ほっ

星井美希
国語70数学76社会54理科90英語70計360
今日は岡村先生と何度も争いを演じた美希は、社会の落ち込みを直後の理科で完全にリカバー。
なんだかんだで平均70を越えて、7位で通過。
天才アイドルは苦手な勉強でもセンスを見せつけたー!

岡村「点数で見れば春香と美希は8点しか変わらないんですよね」

美希「ふふんw春香はあんなに勉強してるのに、家で一回も勉強した事無い美希と8点差とかヤバくない?」

春香「か、勝ちは勝ちでしょっ!」

岡村「星井…お前とは今日は色々あったけど、今日の授業が少しでも今後の星井の人生に役立てば良いなと思います」スッ

美希「岡村センセー…うん、ありがとうございました、なの」ギュッ

矢部「おぉ良い話に収まりましたねw」

岡村「…………」ギュギュギューッ!!!

美希「あいたたたたっ!なにするのー!」バチンッ!

岡村「おふぅっ!!」フットビ

矢部「折角キレイに終わってたのにww」

309 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 07:09:25.47
岡村「えーここまでが、平均点です。7位の美希までが平均点」

岡村「つまり~今残っている5人が、ぐぐっと平均点を引き下げたという訳ですね」

真「えーそんなに大きな差は無いと思いますけど…」

岡村「…というかですね、驚かないで聞いて欲しいんですけども」

岡村「7位の星井と8位の差は………95点あります」

5人「………………?」

5人「ええええええええっ!?」

春香「95ってwwwホントですか?」

岡村「事実ですーもうこれ以上無く大きな溝が、ここで出来ているという訳ですね~」

岡村「その代わり~ここからは大接戦となっております。8位とビリの差は11点しかありません」

伊織「…もうユニット組んだら良いんじゃない?」

312 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 07:17:50.41
岡村「では第8位!ギリギリBクラス…というかもう気持ちとしてはCクラスと言ってしまいたいですが」

岡村「第8位は~~~菊地真ぉ!!!」

真「やーーーーりぃっ!!!」ガッ!(ガッツポーズ)

響「マジかっ!?」

亜美「ウソぉっ!?」

真美「ホントにっ!?」

やよい「うぅ~……」

菊地真
国語56数学38社会77理科52英語42計265
真は数学が最下位の38点と深刻な落ち込みだったが、4位の社会で何とかリカバー!
今日随一の存在感を見せていた真王子は、土壇場に強かった!

315 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 07:24:23.67
伊織「…まぁ、その前に95点差で11点差ってのを聞いてなければ驚いてたけどね」

春香「正直同じ様なモンって感じだよねw」

真「全然違うよっ!8位だよ8位!Bクラスだー!正直マジでヤバいと思ってたからめちゃくちゃ嬉しいですっ!」

岡村「マジでヤバいのはマジでヤバいんですよ~真はそこを勘違いしないように」

岡村「さぁそして残ったのは~やよい、響、亜美、真美となりました」

岡村「この中だぞ~?この中に居るぞ~?」

響「ヤバいヤバいヤバいヤバい…絶対真よりはマシだと思ってたのに…」ガクガク

亜美「亜美も…」

真美「真美も…」

やよい「私も…」ナミダメ

真「君たちねぇ……」

伊織「大丈夫よ真、私の印象ではビリだから」ぽんっ

真「それ何が大丈夫なのっ!?」

318 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 07:36:18.31
岡村「さぁ次行きます!第9位!四天王から抜け出したのは……」

岡村「……名前が三文字です」

響「よっし!」

やよい「やりましたっ!」

亜美「うわ→」ずーん

真美「岡ちゃん先生そういうの言わなくていいよ→」ずーん

岡村「ふふふwwえー第9位は……我那覇響っ!!!」

響「やったぞおおおおーーーーっ!!!!」ピョンッ グッグッ!(ジャンピングガッツポーズ)

やよい「…………」ウナダレ

我那覇響
国語64数学52社会47理科71英語29計263
今日は一日の間ずーっとイジられ続けた響は、全教科で見ても最低得点の英語を
得意科目の国語と理科で懸命にフォロー。8位の真とは2点差での9位となった。まぁ10位とも5点差なんだけどね。
一生懸命頑張ったらなんくるなっちゃった!

320 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 07:44:40.95
岡村「響は9位です。おめでとう…って何で泣いとんねんw」

響「うぅっ…ぐすっ、ぜ、絶対自分だって思ってだからぁ…う、嬉しくてぇ…」

矢部「気が抜けたんやねw分かるわーw」

岡村「wwwまぁ本当に響はテスト以外のトコでもよく頑張ってくれました」

岡村「Pさんの見立ては間違って無かったですね。これからも色んな番組でイジられて下さい」

響「ぞの方向で売ってがれるづもりはないっ!!」ずびびっ

321 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 07:52:45.27
岡村「さぁさぁさぁーー続いては第10位っ!!!」

亜美「お願いしますお願いしますお願いします…」イノリ

真美「良い子にするから良い子にするから……」イノリ

やよい「…………」ウツムキ

岡村「www誰もこっち向いてないやないかw」

矢部「皆さんちょっとこっち向いて下さいねーちゃんと声出ますかーw?」

亜美「……は→い」

真美「……は→い」

やよい「………ぁ…ぅ」

岡村「やよい大丈夫かw?ぜんっぜん声出て無いぞ?」

伊織「大丈夫だってやよい、たかがテストじゃない。やよいの価値はそんなトコには無いでしょ?」なでなで

やよい「…………ぁりが…う、い…ちゃん」

岡村「じゃあもう言っちゃいますよー第10位は………高槻やよいっ!」

323 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 08:06:57.23
やよい「!!!………ホ、ホント……ですかぁ?」

岡村「ハイ本当ですー。高槻やよいが第10位でした」

高槻やよい
国語48数学62社会58理科52英語38
やよいはこれといった大きな得点源の教科は無かったが、どの教科も一生懸命にテストに臨み
ケアレスミスは一つも無く、しぶとく点を稼いだ事が勝利の要因。
仕事に家事にと忙しい頑張り屋さんに、天使の微笑みは向けられたー!

やよい「うっうーー!やりまじたっやっちゃいまじだーーー!」ぺかー

伊織「…………」ほっ

千早「おめでとう高槻さんっ!」

岡村「えーやよいはたしかに頭が良いという訳ではありませんでしたが」

岡村「その真面目さと健気さは、答案用紙からも凄く伝わって来ました」

岡村「その姿勢が、バカマスから逃れさせたんだと先生は思います」

岡村「しょーもないミスばっかしてた春香とは大違いです」

春香「ww今私関係無いじゃないですかっ!」

やよい「先生、ありがとうございましたっ!」フカブカ

327 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 08:16:50.14
岡村「え~その結果、残った二人は~~」

亜美「…………」ジロジロ

真美「…………」ジロジロ

春香「ww何で二人で睨み合ってるのw?」

岡村「双海亜美と双海真美。奇しくも双子の姉妹対決という事になりましたね~」

真美「うわ→!予想はしてたけどいざこうなるとホント怖いっ!」

亜美「亜美もだよ→!なんでこんな事やんなきゃいけないの→!」

岡村「なんでこんな事とか今更言わないw」

岡村「良いですか~二人は双子ですので、今迄は他人にワンセットで見られる事が多く」

岡村「一人一人の個性というものからは、目を向けられる事が少なかったかもしれません」

岡村「だかしかし~今日からは違います。それはすなわち~」

岡村「どちらかは『双子のバカな方』と呼ばれるからですっ!!!」

亜美「うわー!!!」

真美「絶対嫌だー!!!」

331 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 08:26:25.82
伊織「間を取って、バカな双子って事じゃ駄目なのかしら?」

岡村「駄目です~確かにそれが真理な気もしますが、テストなのでビリは決めなければなりません」

岡村「さぁ~もう言いますよ!二人共祈って!そして懺悔して!」

岡村「ゲームばかりしてないでちゃんと勉強もするべきだったと!」

真美「…………っ!!!」(手を組む)

亜美「…………っ!!!」(手を組む)

春香「うわーwいよいよだねっどっちなんだろう?」

真「亜美に100円っ!」

響「じゃあ自分は真美に200円だ!」

岡村「賭けに使わないであげて下さいw本人達は真剣ですから」

岡村「え~第11位は……」

岡村「双海………

333 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 08:36:17.23


岡村「……………真美っ!!!!!」


真美「やった→→→→→!!!!!」

亜美「そんなぁ………」ガックリ

双海真美
国語54数学55社会44理科68英語36計257
双海亜美
国語52数学51社会48理科68英語35計254
二人の成績は、まるで鏡を写し合わせた様に、そっくり。
亜美と得意教科は真美の得意教科で、真美の不得意教科は、亜美の不得意教科といった感じの点数配分になっているが
そうなると、勝負を分けたのは~?

岡村「環境の違いでしょうね。甘やかされた亜美と違って、真美の方がハングリー精神があった。その差でしょう」

真美「最後の最後までそれっ!?姉の威厳とかそういうので良いじゃんっ!!」


340 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 08:49:38.66
岡村「ハイ、という訳で皆さん大変長らくありがとうございました。お疲れ様でした」

岡村「え~この結果、双目雨が岡村女子高等学校765のバカマスターに選ばれましたっ!拍手っ!」

パチパチパチパチパチッ! オメデトウー!アメー! フタメシマイサイコウー! スゴイゾー!

亜美「双目雨って誰っ!?亜美は亜美だからっ!双海亜美っ!」

真「ていうか一ツ目や三ツ目ならともかく、双目って普通だよねwただの人間ww」

伊織「ま、順当な結果に収まったんじゃないの?なかには難しい問題もあったし」

伊織「ホントの意味で最年少の亜美なら、世間の人もあったかい目で見てくれるでしょ」

亜美「う~。そうかなぁ……」

春香「まぁ、そういう意味では一番ダメージを受けたのは真だよねw」

真「ほっといてくれよ…」

雪歩「大丈夫。私が真ちゃんにお勉強教えるから、一緒にガンバろ?」

真「雪歩…うん!ボク頑張るよ!」

345 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 09:03:15.78
岡村「え~では見事バカマスとなった亜美の答えを、もう少しだけイジっていきましょう」

亜美「え→!もう良いじゃん終わったんだから→!」

岡村「え~まずは数学です。数学の用語の問題」

『二つ数字を足した答えを□と言い、片方の数字から片方を引いた答えを□と言う 空欄を埋めよ』

岡村「ハイこの問題の答えは、勿論和と差ですね。足した方が和、引いた方が差という事ですが」

岡村「亜美の答え!」

亜美の答え『答え,答え』

348 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 09:14:07.16
春香「え…w?これどういう事?」

岡村「これをさっきの問題に当て嵌めると」

岡村「二つの数字を足した答えを答えと言い、片方の数字から片方を引いた答えを答えと言う」

岡村「という事になります」

アハハハハハハッw ソリャソウカモシレナイケドww ナンカフカイコタエネ…

亜美「あーこれ、何が言いたいんだろって思った」

岡村「それはこっちの台詞やからっ!!」

岡村「ハイもう次は社会の問題!」

『1600年に西軍と東軍に分かれて起こった戦いの事を何と言う?』

岡村「正解は勿論、関ヶ原の戦いですね。日本で一番有名な戦いと言っても良いでしょう。亜美の答え!」

亜美の答え『米騒動』

353 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 09:23:47.38
岡村「米騒動!?」

岡村「いや上手くツッコミが浮かびませんけど、米騒動!?」

亜美「あはは、どっかで聞いて、響きが面白いなーって思って覚えててw」

真美「たしかに何か面白いよねwこめそうどう!」

春香「東軍と西軍に分かれてっていうのもシュールな絵だよねw」

岡村「ハイもうラスト!英語の問題!」

『プロデューサーを英語で書け』

岡村「この問題、あの日本語に直す問題がちゃんと分かっていれば」

岡村「答えがもうそこに書いてあったんですよね。正解はもう覚えましたよねー?producerです」

岡村「さぁそして亜美の答え!見てみましょうこちら!」

亜美の答え『production』

356 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 09:30:01.21
岡村「プロダクションて!出世しとるがな!」

春香「いやそれって出世なんですか?」

伊織「よくテキトーに書いてスペルが合ったわね…」

亜美「え~まぁあれだよあれ!もはや兄ちゃん自体が765プロそのものみたいな…

??「テキトーな事言ってんじゃねえぞっ!!!」

亜美「うわっ!兄ちゃん?何で教室に…!あははははwww」

亜美「な、何でブラしてんのww?」

P「お前の所為だろうがっ!」(Ponブラ)

358 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 09:43:31.88
濱口「がはははははっwwwPさん俺の出番取らないで下さいよーww」(濱口onブラ)

春香「は、濱口さんまでww」

岡村「え~ホントはエンディングでは、バカマスの方にはこの枡の被り物を被って貰おうと思ってたんですがw」

岡村「英語であぁいう回答があったので、急遽こういう形にさせてもらいましたw」

P「オラッ早く前に来い亜美っ!お前には俺がさっき急ごしらえで作った、この飴製の鼻メガネを掛けてもらうからな」

亜美「え→絶対ヤだよー!もう兄ちゃんで十分オチてるじゃーん!」

P「良いから来いって言ってんだろー!」ダダダッ!

亜美「やーだよーっだ!」ダダダッ!

ドタバタドタバタッ アハハハハハッww ガンバレープロデューサーサーンw ニゲロアミーw

359 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 09:44:09.41
ナレ「皆さんは、自分が一番だと思える事はありますか?」

ナレ「めちゃイケはそれが自分で誇れる事なら、勉強でなくても何でも良いと思います」

ナレ「ちなみに、バカマスターの亜美ちゃんが一番だと思う事は「毎日を楽しく過ごしてる事っ!」だそうです」

ナレ「我々も皆さんの一番大好きな番組になれるようにこれからもノンストップで爆走していきますね~」

岡村「よっしゃ~じゃあ最後に決めましょう!」

岡村「ぜ~ったい!」

皆「私ナンバワーーーーン!!!!!」

P「私立岡村女子高等学校765」 END

370 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/03/25(日) 09:50:41.21
終わりです終わりったら終わり。もう頭回りません。
合計何時間掛かったのか考えるのも嫌なくらいかかりましたが、何とか、何とか、一応!終える事が出来て良かったです。
私の持つめちゃイケ愛とアイマス愛を出来得る限り詰め込んだつもりですが、いかがだったでしょうか?
本当に長時間お付き合い頂き、ありがとうございました。お疲れ様でした。


375 : おまけ(ちゃんと貼れるかな?) : 2012/03/25(日) 09:58:11.86
国語 数学 社会 理科 英語 計 平均
天海春香 86 62 75 72 73 368 73.6
如月千早 72 98 87 88 94 439 87.8
星井美希 70 76 54 90 70 360 72
菊地真 56 38 77 52 42 265 53
荻原雪歩 90 82 88 65 85 410 82
水瀬伊織 88 86 84 79 100 437 87.4
高槻やよい48 62 58 52 38 258 51.6
三浦あずさ84 92 62 82 88 408 81.6
双海亜美 52 51 48 68 35 254 50.8
双海真美 54 55 44 68 36 257 51.4
四条貴音 98 83 74 72 52 379 75.8
我那覇響 64 52 47 71 29 263 52.6
平均 71.8 69.8 66.5 71.6 61.8 341.5 68.3

Comments: 2

16931RYOUTA 2013-05-03 Fri 05:56:41 ▼このコメントに返信する

春香みたいな子嫌だわ
人の失敗を笑って馬鹿にして傷つけて、自分の失敗はなんとか弁解してやり過ごす
んで、面白くもないのに、笑い取ろうとするバカな姿勢も嫌い

20498ハヤトLP 2015-08-09 Sun 08:55:04 ▼このコメントに返信する

正直言うと伊織や春香さんは俺が見ているのとちゃう気がすんねんな。あそこまでまこちんに言う必要ねえやろ。いくらおバカだからって。まこちんが可哀想に…

コメント入力欄
パスワード(任意)

いつもユニークなコメントありがとうございます。
当ブログは嫁のステマ大歓迎です。
※大人の事情により、全年齢対象ブログを目指すべくアダルトワードは書けない設定にさせて頂きました。どうしても叫びたい単語がある場合、伏字や当て字にしていただければ書き込めます。
付けたタグの関連記事一覧
Loading

Home > アイマスSS > 【アイマスSS】P「私立岡村女子高等学校765」【長編】