【アイマスSS】千早「は、ハニー……」ボソッ  P「ひゃ!?」

(もばます!TOPへ)

最新記事一覧

【アイマスSS】千早「は、ハニー……」ボソッ  P「ひゃ!?」

25 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 20:12:45.43
P「千早……?」

千早「はっ!あ、いえ!その、あの、他の人の曲も覚えておこうかな、なんて思いまして!」

P「そ、そうか……」

千早「は、はい……」

P「でも、一回だけじゃあれだろ?千早がやりたいなら、もっと練習するといい」

千早「え?えっと、そ、そうですね……それじゃあ歌詞を覚える意味でも……」

P「よし、こい」

千早「え、えっと……ハ、ハ……」

P「……」ゴクリ

千早「ハ、ハn美希「ハニー!!!」ドサッ

P「うおっ!み、美希!?」

◆amazon新着
アイドルマスター 300ピース アイドルマスター きらめく舞台へ 83-031
THE IDOLM@STERANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 02
THE IDOLM@STERANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 03
THE IDOLM@STERANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 04
THE IDOLM@STERANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 05
32 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 20:20:21.94
美希「ハニ~」ベタベタ

P「どうしたんだ美希急に」

美希「どうしたもないの!ただハニーに会いたくなったの!」スリスリ

P「会いたくって、事務所にいたじゃないか……ってお、おい」

P(む、胸があたっとる……)ドキドキ

千早「……くっ」

美希「それとこれとは違うの!ねぇハニー!」

千早「……さ、流石にくっつき過ぎよ美希。プロデューサーとアイドルなんだから一応ね」

美希「ふふ~ん、千早さん、やきもち焼いてるの?」ニヤ

千早「なっ!そ、そんなわけ!」

美希「それなら気にしないで欲しいの!ミキのハニーはハニーだからいいの!」ギュッ

P「だ、だからお前……」

千早「……」

美希「はにぃ~♪」

千早「……ハ、ハニー!」

40 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 20:29:32.18
P「え?」

美希「千早さん?」

千早「ハ、ハニー!わ、私も!」ボスッ

P「うおっ……千早まで……一体どうしたんだお前たち」

美希「ふふ、ライバル増えちゃったの!でもハニーはミキの方が好きだよね?」ムニッ

千早「そ、そんなこと!ハ……ハニー!は私の方がそ、その……いいですよね?」ガシッ

P(この胸の天と地ほどの差が……一体72が起きているんだ……)

P(片方はマシュマロのような……そしてもう片方は……壁)

P(などという愚か者がいたら教えてやろう。壁にも咲く花はあるのだ。それがこれだ!)

P(決して固くなどない!言うならスポンジくらいの!かすかなふくらみが俺には心地よい!)

P(プロデューサーはいつなんどきも万事に対応できなければいけないからな……よしここは)

P「とりあえず二人とも離れるんだ」スッ

美希「えーもっとハニーとイチャイチャしてたいのー」

千早「わ、私じゃダメでしょうか……?」

47 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 20:43:44.91
P「当然俺はお前たちどっちも好きだ」

P「だが、一応そういうことなら俺も男だ。今回に限っての回答になるが」

P「今日は、珍しく甘えてきた千早を選ぼうと思う」

千早「え!え、いや、あのプロデューサー!私甘えてなんて!」

美希「あー負けっちゃったのーでも今日だけなら仕方ないかなー」

千早「み、美希……」

美希「勘違いしないでほしいの!千早さんと言えど1日じゃミキに勝てないから精々頑張るといいの!」

千早「……ありがと」

美希「あふぅ、遊んだら疲れちゃったからミキお昼ねするね?じゃあねハニー」

P「おう、それじゃあ千早こっちにこい」

美希(千早さん、いつもハニーのこと見てたの)

美希(ライバルが増えるのは大変だけど、それでもハニーはハニーだから大丈夫なの!)

美希(だから千早さん、頑張って!)

千早「あ、は、はい……」

70 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 21:18:14.32
P「それで?さっきはプロデューサーに戻ってたぞ?」

千早「えっ!?あ、ですからこれは……」

P「なんだよ、さっきはあんなに積極的だったのに」

千早「で、でも……改まってみると、やっぱりこう……」

P「んーはっきりしないなぁ。俺は、千早が好きだぞ?」

千早「……え?」

P「もちろんアイドルとしてって意味”も”と言っておこうか。これ以上はお前の反応次第かな?」

千早「……わかりました。えいっ」ボスッ

P「おっと、だからって急に飛び込んでくるやつがいるか」

千早「す、すみません……」

P「全く、千早らしくもない。いい意味でな」ナデナデ

千早「ふわぁ……な、なんか子供みたいでこれ……」

P「覚悟決めたんじゃないのか?まだ恥ずかしさが残るか」

千早「で、でもですねこれはやっぱり結構……」

P「わかった。それじゃあ今度はお前からやってくれ」

71 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 21:23:10.19
千早「え?何をですか?」

P「いや、こう頭撫でるとか抱き着くとかってのを逆に」

千早「わ、私がですか……わかりました」

P「よし。それじゃあ撫でてくれ」

千早「……えっとその、身長差が」

P「おぉ悪かったな。それじゃあ、これで」スッ

千早「はい……えっと、失礼します」ナデナデ

P「……」

千早「……ど、どうですか?」

P「なんか、遠慮してない?」

千早「そ、そんなことないです!」ナデ…

P「ふむ……」

千早「……落ち着きますね」

P「……俺はやっぱり落ち着かないなぁ」グッ

千早「え?きゃぁ!」グラッ

74 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 21:27:56.60
P「この方が、やっぱり落ち着く」ギュッ

千早「え、あの、プロデューサー!?」

P「いやならいいぞ、離れても」

千早「……わかってる癖に意地の悪い」

P「そうかそうか。千早には罵られた方がしっくりくる」

千早「どんなですか……全く……」

P「……いや、ハニーって言われたときはびっくりしたし」

千早「あ、あれは!勢いです!」

P「もう一回、呼んでくれてもいいんだぞ?」

千早「もうそれはいいですから……」

P「なぁ、千早」

千早「な、なんですか?」

P「こうやって抱き合ってると、恋人同士みたいじゃない?」

千早「なっ!な、何言い出すんですか急に!!」

P「いやだって実際、ねぇ」

78 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 21:35:18.92
千早「どうしてそうも淡々と……」

P「だって雰囲気がないじゃない。千早驚いてばっかだしな」

千早「……わかりました。そこまでいうなら」

P「お、何かあるか?」

千早「……ハニー」

P「……ぷっ!」

千早「ちょ、ちょっと!笑わないでください!」

P「だ、だって!さっき言わないっていったと思ったら!あはは!」

千早「も、もう……知りません……」

P「ごめんごめん。千早、可愛いとこあるじゃないか」

千早「……そうでしょうか」

P「例えば胸のことだったり。気にし過ぎだ。こうやってちゃんと可愛いんだから」

千早「む、胸は別に……」

P「そうかそうか。クールってキャラでいるのもいいけどな。たまにはそういうのもいいかなって思うぞ」

千早「別にプロデューサーじゃなかったら……」ボソッ

82 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 21:49:07.93
P「ん?」

千早「ですから、プロデューサーじゃなかったらこんなとこ見せないって言ったんです」

P「いや、もったいないだろ。可愛い千早っていうのももっと出して行っていいと思うが」

千早「そういうところが……はぁ……もういいです、疲れました」

P「そうか~。俺はいつまでもこうしていたいって思うけど」

千早「そ、そうですよ!いつまで抱き着いてるつもりですか!」

P「あぁそうだな。離れたかったらどーぞ」

千早「そうですね……あれ?ちょ、ちょっと離してくれるんじゃ……」

P「……だってそりゃ、ここまで言われて離したいなんて思わない」グイッ

千早「ひゃっ!ぷ、プロデューサー……か、顔が……」

P「綺麗な顔だ……舐めてもいいか?」

千早「な、何を言って……!ひゃぁあ!」

P「すぅー…んーいい匂いだ……千早の首筋」スンスン

千早「ちょ、ちょっとこんな……」

P「舐めてはないぞ?よしもう一回……」

86 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 21:56:49.35
千早「だ、ダメですこんな!」

P「そうか~じゃあ何ならいいんだ?」

千早「え?え、えっと……」

P「時間切れ」ハムッ

千早「んっ!ちょ、ちょっとプロデューサー!み、耳は!」

P「嫌なら代わりを見つけないとどんどん選択肢が減るぞ?」

千早「……」

P「んーそれじゃあ一口……」ペロッ

千早「え、いや、そんなだから……ひゃうっ!」

P「千早の味がするな。うん」

千早「……プロデューサー」

P「お、代わり見つかった?」

千早「……」

P「もしかして、怒った?やりすぎたならごめんごめん。声、可愛かったからさ、つい。顔見せてみ?」スッ

千早「……!!」スッ
チュッ

88 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 22:00:00.38
P「……ん?」

千早「ん…はぁ、お、お返し……です……」

P「……やるじゃん」

千早「プ、プロデューサーが……悪いんです……」

P「でも、今のじゃ満足できないな」スッ

千早「あ、そんな……んっ……」

P「……ふぅ。アイドルがこんな、それも歌姫様がねぇ」

千早「なんとでも言ってください……もう、今日だけですから……」

P「それは惜しいなぁ。次はないのか次は」

千早「……いじわるしないんでしたら」

P「それは無理かな~千早可愛いんだもん」

千早「……知りませんよ」

P「な、千早」

千早「……はい?」

P「好きだ」

90 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 22:05:28.23
千早「……え?」

P「お前をいつも見てた。その仕事に対するまっすぐな姿勢。尊敬してたさ」

P「でも見てるうちにさ、全部持って行かれちゃってた」

千早「プロ、デューサー……?」

P「アイドルだし、それに千早ってなったらそんなことあり得ないしな。耐えてきたさ」

P「そしたら何?ハニーって呼ばれるわ、誘惑されるわ。我慢できるわけないでしょ」

千早「……」

P「でも仕事にすべてを注いできたお前だ。選ぶ権利はお前にある。これは今日だけってことにしてもいい」

千早「こんな風に、してほしくなかったですかね……」

P「……」

千早「私には、歌しかないんですよ。こんな、歌の邪魔になるようなこと」

P「そうだな……」

千早「でも、私だって我慢できなかったから呼んだんじゃないですか。そんなこともわからないんですか?」

P「千早……」

千早「でも、中途半端にしたくはありません。それまで、待っていただけるなら」

91 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 22:10:06.75
P「……そうだな」

千早「すみません……でも……」

チュッ

千早「……これで、しばらくは持ちますよね?」

P「……お前、流石にそれは調子乗りすぎ」

千早「え?ちょ、プロデュ……んっ……」

――

千早「バレたら、どんなことになるやら……」

P「そしたらきっぱり諦めてもらわないと」

千早「嫌です」

P「即答かよ。まあ、お前らしいけどな」

千早「……私で、いいんですか?美希とか……」

P「あぁ。胸のことなら気にしなくていい。72でも俺は全然……」

千早「胸の話じゃないです!!」

P「あ、すまんすまん。でも、今更言う必要もないだろ?それにさ、美希もわかってくれてた」

93 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 22:15:38.86
千早「そう、ですね……」

P「まあとりあえず今日までで。落ち着いたらまた、な」

千早「はい……あの、プロデューサー?」

P「ん?」

千早「……」タタッ



千早「ハニー!大好き!」



97 : 以下、名無しにかわりましてプロデューサがお送りします : 2012/07/26(木) 22:21:40.53
千早難しいよ千早
千早スキーの多さに圧倒された

律子にみえなくもない気がするのはきっと気のせい
支援サンクス

Comments: 1

1011名無しP@もばます! 2012-07-28 Sat 09:08:31 ▼このコメントに返信する

このPきめぇな

コメント入力欄
パスワード(任意)

いつもユニークなコメントありがとうございます。
当ブログは嫁のステマ大歓迎です。
※大人の事情により、全年齢対象ブログを目指すべくアダルトワードは書けない設定にさせて頂きました。どうしても叫びたい単語がある場合、伏字や当て字にしていただければ書き込めます。
付けたタグの関連記事一覧
Loading

Home > アイマスSS > 【アイマスSS】千早「は、ハニー……」ボソッ  P「ひゃ!?」